『エージェント・オブ・シールド』シーズン5第18話 グラヴィトニウムを巡る脅威と陰謀

スポンサーリンク

シールドに保護されたものの、妻との電話で洗脳が発動したタルボット。ヘイルが彼に命じたのは”血を流さずに”遂行する任務でした。一方で、ルビーはジェマを人質に、装置の修復をフィッツに命じていたのです。それでは『エージェント・オブ・シールド』シーズン5第18話の解説と考察です。

エージェント・オブ・シールド シーズン5(出典:Amazon)

『エージェント・オブ・シールド』シーズン5第18話

スポンサーリンク

タルボットの場合

『エージェント・オブ・シールド』シーズン5全話の解説と考察
『エージェント・オブ・シールド』シーズン5の舞台は、砕かれた地球が浮かんでいる宇宙。かつて、人間が創った地下シェルターはクリー人に牛耳られ、...

ヘイルに洗脳されたタルボットの任務が開始され、彼が一番最初に向かったのはライトハウスの武器庫でした。

銃を一丁手にしたタルボットは、指令された言葉をひとりつぶやきます。

”血は流すな”

血を流すなということは、ヘイルからシールドを殺すなという指令も入っていたのでしょう。

そのままエレベーターで、監視室に入ると任務を復習するように”入って、速やかに出る”とつぶやきました。

コンピューターが並んでいる監視室でモニターを凝視。

それぞれのエージェントの場所を確認し”任務を遂行しろ”

その時、タルボットの背後でマックが探し物かと声を掛けます。

タルボットはマックと普段通りに接しますが、彼の洗脳が解けているわけではありません。

「喜んで服従する」そういいながら、監視室を後にしたのです。

スポンサーリンク

フィッツとジェマの場合

ジェマを人質に取られたフィッツは、ルビーの支持通り装置を修理していましたが、ジェマのことが気がかりで作業はなかなか進みません。

ジェマはルビーに、担当が違うから二人でなければ治せないと説得。

ルビーは、ふ~んという感じでジェマの縄を解き解放しました。

ふたりが抱き合う姿を見て、嫌な笑いを浮かべるルビー。

ジェマは、装置が完成したら大変なことになる、あなたが地球を壊すのよ。とルビーに辞めるよういいますが、自分の大事な人は多くないしまた減ったと聞く耳を持ちません。

そこにアレックスが、グラヴィトニウムを運ばせながら入ってきました。

フィッツとジェマは、彼らを止めて殺されるか、それとも装置を修理するのかで悩みましたが、ふたりの答えは”互いを死なせるわけにはいかない”。

作業は大量で複雑だし時間もかかると、時間を稼ごうとゆっくりと作業を進めることにしたのです。

しかしルビーからは、ペースを上げないとお仲間みたいに体を切るよと警告され、窮地に追い込まれてしまいます。

スポンサーリンク

研究施設

シールドは、ルビーたちのいる研究施設に到着。

メイとデイジー、ヘイルが入り危険になったら逃げるよう、デイジーが他のエージェントに指示を出します。

ヘイルは事前に、ルビーを傷つけないでとデイジーにお願いすると、ああなったのは彼女の責任じゃない。

根性も力もあるからいいエージェントになれると、彼女を傷つけないことを約束しました。

シールド到着の報告を受けたアレックスとルビーは、時間稼ぎにメカ兵士を再起動させ、その間にグラヴィトニウムを取り込むつもりです。

フィッツは、グラヴィトニウムは未知の物体で予測不能だからやめた方がいいと忠告しましたが、ルビーはその忠告を無視して、装置に入ってしまいました。

コールソンたちは、デイジーに指示されたとおりロビンの絵から何か情報はないかと探っていましたが、コールソンがロビンの部屋の入り口の映像が止まっていることに気づきます。

部屋を確認しに行くと、ロビンの母親が倒れており、絵もロビンもいなくなっていました。

ロビンを連れ出した犯人はタルボットで、彼が映像をいじっていたのを見たというマック。

「服従する」とつぶやいていたといいます。

コールソンは、タルボットが半年もヒドラに監禁されていたことから、危険だと察しすぐに彼とロビンを探しに行くことに……。

その頃、ルビーは装置の中に入りグラヴィトニウムを取り込み始めていましたが、すぐに彼女は悲鳴を上げ危険な状態になってしまいます。

到着したヘイルが機械を止めるよういい、フィッツがスイッチをOFF。

ルビーの体内には8%のグラヴィトニウムが取り込まれていました。

装置を開けるとルビーは、空中に浮かびながら出てきて、アレックスの前で落下します。

ルビーがアレックスの顔に触れようとした途端、アレックスの顔は折りたたむようにしぼんでしまったのです。

スポンサーリンク

タルボットの任務

タルボットが、ライトハウスの格納庫に入ろうとしているのをコールソンとマックが見つけました。

ロビンを人質に取られているため、止めるには彼の良心に働きかけて説得するしか方法はありません。

タルボットは任務を遂行するために格納庫に入るといい、コールソンはヒドラに洗脳されているだけだと説得するも、すでにタルボットは物の良し悪しも分からなくなっていました。

それでもコールソンが説得を続けると、タルボットはロビンを解放し自分の喉元に銃口を当てたのです。

スポンサーリンク

『エージェント・オブ・シールド』シーズン5第18話の感想

今回、18話ではヨーヨーの行動が目立ち始めているような気がします。

確かに、彼女は未来の自分から色々な話を聞いているので、不安や恐怖という洗脳に近い状態に陥っています。

世界を滅亡から守るためというのは、彼女の中ではマックを守るということでもあり、自己中的な行動が目立っています。

ルビーを目の当たりにしたときは、腕を切られた怨みと彼女が地球を壊すかも、というのも重なり、まだ少女ほどのルビーを手に掛けました。

これには仲間たちから浴びる視線もかなり痛そうです。

皆は未来を変えるための行動だとすると、ヨーヨーの行動は変えるというより阻止しているように見えます。

危険な芽は摘むといったようなイメージですが、実際に未来の自分と同じように腕を失くしているということもあって、誰よりも焦っているようにも……。

また、ヘイルがタルボットをどのように洗脳したかによって、今後の行方も変わってくると思いますが、格納庫で何を探そうとしたのかも問題です。

ヘイルが本当に地球を守ろうとしているのか、”守る”を何か勘違いしているのではないかというのも気になるところですが、今回はまずルビーという脅威がなくなった事、それによって新たな脅威を生み出してしまったことに変わりはありません。

スポンサーリンク

【動画配信】情報

U-NEXTでは、映画、ドラマ、アニメなど130,000本以上の名作や最新作が配信されています。

月額定額制で、31日間の無料トライアルが実施されているので、ご加入に不安がある方も安心してご利用頂けます。
無料トライアル実施中!<U-NEXT>

毎月もらえる600円分のポイントは、DVD発売前の先行配信や、放送中のドラマの視聴、最新コミックや書籍購入にも使えるので便利!

スマホはもちろん、タブレットやパソコン、テレビでもご覧頂くことができます。

また、お持ちのテレビがU-NEXTのご利用に対応していない場合は、ご自宅にあるテレビのHDMIにを差し込むだけでU-NEXTはもちろんAmazon PrimeビデオYouTubeNetflixHuluなど様々な動画配信もご覧頂けるFire TV Stick(別売)がおすすめです(ご利用には各動画配信との契約が必要です)

Fire TV Stick 出典:Amazon

4K対応のFire TV Stickはこちら。

なお、Fire TV Stickはご自宅にある他のテレビでもご利用可能!

観たい場所で好きな作品をご覧頂けますし、音楽を聴いたり無料でダウンロードできるゲームも豊富!

ちょっとした時間潰しや、家族団らんの時間など様々なシーンでお楽しみ頂けること間違いなし。

詳しくはFire TV Stick商品詳細ページにてご確認ください。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました