『エージェント・オブ・シールド』シーズン5第4話ネタバレ デイジーは本当に地球を破壊したのか?

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
Pocket

地表に生存者がいることを突き止めたシールドは、それぞれが人類を救うため、そして自分たちの時代へ戻るために手を尽くしていましたが、シモンズはカサイアスの従者に、またディークの裏切りによってデイジーもカサイアスに捕らえられてしまう。今後シールドはどうなるのか!?『エージェント・オブ・シールド』シーズン5第4話ネタバレスタートです。

『エージェント・オブ・シールド』シーズン5第4話ネタバレ

カサイアスに囚われたデイジー

デイジーは、かつてから長期戦で…と言っていたディークの忠告を無視していたせいか、カサイアスに「クェークが来る」と告げ口されたため、捕らえられて血液を採取されていました。

© 2016 ABC Studios & MARVEL

ただでさえ不気味なカサイアスですが、アップだと余計に深いな印象。

カサイアスはデイジーを捕らえたことで、ビジョンが実現しそうだといいます。

デイジーは、冷静に血を採った上に何が目的かと聞くとカサイアスは、自分が人間を救っても、彼らは神や”過去からシールドが助けに来る”という、おとぎ話にしがみついたのが気に入らなかったよう。

カサイアスは、デイジーと同時期に手首に傷がなく高い技術を持った女も現れたと、シモンズとの関係性を疑っているようでした。

デイジーはひとりで来たといいますが、当然のごとくカサイアスが信じるわけもなく、自分なりのおとぎ話の解釈を語り始めます。

「お前は私を助けに来た」

© 2016 ABC Studios & MARVEL

「ありえない」byデイジー

しかしカサイアスは、デイジーには高値が付く、そうすれば自分もこのおぞましい場所から去ることができると。

デイジーは、自分が協力すると思っているのかと聞くとカサイアスは、君の友人は美しいとシモンズのことを持ち出して脅しを掛けたのです。

スポンサーリンク

野獣マック

コールソンたちは、相変わらず過酷な労働を強いられており、そのなかにはトローラーの操縦士となったメイの姿もありました。

その日はトローラーの飛行が中止になったのとのことで、メイもコールソンたちを同じく労働者として働ることに。

シモンズに加え、行方不明になっているデイジーの居場所を掴もうとしていましたが、マックが調べても情報は掴めません。

ヨーヨーが高速で調べましたが、コールソンたちのいる階にはデイジーの痕跡はなかったのです。



日本最大級の楽天トラベル
コールソンは嫌な予感がする、捕まったか……と、デイジーの行方を気にしている模様。

シールドが話をしていると、グリルがマックだけに電流を流します。

マックがなぜ俺だけかと聞くとグリルは、デカイ奴の方が面白いと。また、下に客人が着ているからカサイアスが売るための鉄を納めないといけないと言うのです。

グリルは、自分も青い奴らのいいなりで、ノルマに達しなければ説明責任があるからと、トリプルシフトでこなすよう指示しました。

するとグリルは、マックには違う仕事があると彼を呼び出します。

© 2016 ABC Studios & MARVEL

グリルがマックに指示したのは、ガンナーという男が貸した金を返さないから締め上げて来いというものでした。

ガンナーは、クリーしか入れない35階の技術フロアからの品を待っているとのことで、借りを返さない奴が最先端の品を扱うことに不満もあったようです。

マックは最初断っていましたが、グリルから「鏡を見たことあるか?まさに野獣だ」と言われ、何も言い返せなくなってしまいました。

スポンサーリンク

デイジーがセレモニーに

デイジーはその頃、セレモニーが行われる闘技場に連れて来られていました。

そこでは、心を読めるインヒューマンズが手合わせをしています。

デイジーに近寄り、「この肉はラボで培養している」と声を掛けてきました。

知りたそうに見えた?とデイジーが聞くと男は、聞こえちゃんだと答えます。

すると男と手合わせしていた男が、デイジーを残して外に出るよう指示。

デイジーは特別だから見学したいという人物がいるということでした。

© 2016 ABC Studios & MARVEL

デイジーが上を見上げるとそこには、カサイアスとアビーを買ったレディ・バーシャの姿があったのです。

デイジーは、この場所はインヒューマンズを見世物にする場所かと聞くと、この場所はそれだけではなくカサイアスの利益を生む場所でもあるということでした。

そして、まずはデイジーの力を披露しろと指示されます。

デイジーは、気が乗らないといいつつ、カサイアスの側近でもある人間を、片手で吹き飛ばしたのです。

© 2016 ABC Studios & MARVEL

これにレディ・バーシャは”世界をほろぼした女を飼っていたとは”と歓喜。

カサイアスは、買い手が大勢向かってるというとレディー・バーシャは、先行入札させて欲しいをカサイアスに申し出ます。

しかしカサイアスは、「自分の船でしか食事をされない人は不参加だ。あなたの岩の塊にお帰りください」と、レディ・バーシャをその場から追い出したのです。

レディ・バーシャが立ち去ったその後には、ディークの姿がありました。

ディークはデイジーを売った報酬の催促に来ていたようで、カサイアスからロジウムの硬貨を1枚受け取ります。

その上でカサイアスは、予言は難しい、2人かもしれないし20人かもしれない。しかし、予言に詳しい者は自分が処分してしまったため、聞く術もない。

”過去からシールドが人類を救いに来る”という予言に不安があることを示し、ディークに過去から来た人物と、彼らに協力している者がいたら教えるよう言うのです。

35階

マックは、グリルからの指示をコールソンに相談すると、彼は断ると面倒だし単独行動は危険だと、ヨーヨーと一緒に行ってガンナーを説得するよう助言。

コールソンは、グリルが出先から帰ってくる前に戻れば大丈夫だと、自身も”35階”にあるクリーの技術を調べてみることに。

武器も何もないと心配するメイをよそに、何か手掛かりがあるかもしれないと、まずは35階に行く手掛かりとしてディークに協力を求めたのです。

コールソンとメイはディークを捕まえ、デイジーの居場所を知らないかと尋ねるとディークは、数時間前には一緒にいて医療フロアを案内したと嘘をついたのです。

© 2016 ABC Studios & MARVEL

それきり戻ってないとメイが切り出すとディークは「連絡を絶つと言ってたな。仲間が心配するぞと言ったら、仲間の命のためにやるしかないと言ってた」と嘘を重ねます。

ディークはデイジーを連れ帰れなかったことを謝ると、コールソンは別件で用があると話出しました。

「35階とは何だ」

ディークは数階ごとにある機密フロアで、4回は拘置所、17階は機関室、35階は知らないとまた嘘をつきます。

コールソンは、クリーの技術を地上を調べるのに役立てたいから案内して欲しいと目で訴えました。

ディークはなぜ禁止エリアばかりに行きたがるのかといいますが、コールソンはヴァージルが地上を交信していたと、録音テープをディークに聞かせたのです。

ディークは、録音された声を聞いて協力したいと、これまでと正反対の考えを示しました。

見つけ出せたら皆の利益になる、しかしディークにとってはそれ以上の思いがあったのです。

インヒューマンズたちの運命

カサイアスの側近に力を使い、奥の部屋へと連れてこられたデイジーは、先ほどセレモニー会場で会ったインヒューマンズの男に、自分たちがどんな環境に置かれているか分かっているのかと詰め寄ります。

しかし彼は、競売に掛けられるのを知っていて、報奨金が入れば家族が楽になるから仕方が無いと受け入れていましたが、他のインヒューマンズたちは何も知らされていないようです。

© 2016 ABC Studios & MARVEL

デイジーは抵抗する権利はあるといいますが、彼は家族が生き延びる為に黙って売られることにしたと考えたようでした。

ここでは生きることが全てで、断れば家族にツケが回る、大切な人を守りたいなら逆らわないことだとデイジーに忠告しました。

人類はクリーによって不妊にされた!?

マックはコールソンの指示通りヨーヨーとガンナーの跡をつけ、どんな人物かと様子を伺っています。

ガンナーが自宅部屋に戻ったのを見計らいふたりもガンナーの部屋に入りました。まず最初に、グリルの借金を返済するようヨーヨーが切り出します。

ガンナーが、返すといっているのに脅すのかと反論すると、マックは妙なマネをすると持っているブツを消してやると脅しますが、ガンナの持っていたものは最先端機器ではなく、赤ん坊のおもちゃだったのです。

マックは知らずにスマンと謝りますが、ガンナーは貴重な赤ん坊から取り上げるつもりか、殺すことしか考えない連中のせいで。お前は子供を持つな、どうせダメにすると罵倒しました。

この言葉にマックは我を忘れ、ヨーヨーが止めるまでガンナーを殴ってしまったのです。

その頃、コールソンとメイ、そしてディークの3人は、35階の技術フロアにある研究室で利用できそうな技術を探していましたが、ディークが驚くものを見つけ出したのです。

ガンナー宛の品と呼ばれるそれは、”人間の赤ん坊”でした。ディークによると、カサイアスは赤ん坊を売買しているようで、子供が欲しかったら買うしかないということでした。

人類は不妊で、自然に産まれたのはディークが生まれたのが最後の世代。クリーが食べ物に細工をし、人類の生殖能力を奪っていたのです。

その後は、高値のつくインヒューマンズを増やすため、カサイアスが子供を作っているということでした。

そこでメイがコンピューターで、最後に採血されたのがデイジーであることに気づき、「こいつよ!」と言ってディークを一発殴ります。

デイジーが捕まったのは昨日、しかしディークは数時間前にデイジーと一緒にいたという嘘がばれてしまったのです。

コールソンは、デイジを売ったな、カサイアスは彼女で繁殖するつもりなのかとディークに問いただしました。

ディークはコールソンに、怒りはごもっともだが、カサイアスの狙いはそれではないと話します。

その時、2人のクリーが研究室に入ってきました。ディークは道に迷ったと、また嘘をつきますが、コールソンがクリーに先制攻撃を掛けました。

© 2016 ABC Studios & MARVEL

コールソン&メイvsクリー2人での激しい闘いとなり、ディークはコールソンに応戦しますが、クリーに腹を刺されてしまいました。

コールソンとメイはクリーを倒しディークを抱え上げると、今度は鉄の球を操るシナラが顔を見せます。

メイはコールソンにうディークを連れて逃げるよういい、クリーの斧を片手にシナラと闘ったのですが、その後、メイも姿を見せませんでした。

地表にいるのはディークの父!?

コールソンはディークを1発殴った上で、デイジーを売った理由を問い詰めました。

ディークはデイジーが無茶ばかりするからといっていましたが、実際は地球を滅ぼした女だから離れた方が安全だと思っていたのです。

あれでよかったんだというディークに、コールソンは一歩も引きません。何人売ったんだ、善人ヅラするなと罵倒すると、ディークは激怒しながら自身の両親について叫び始めました。

人類を導いていた母は殺され、母の遺志を継いだ父もゴキブリのエサにされたという、ディークは大きな傷を負っていたのです。

しかし、だから父の声に驚いたというディーク。

実は、コールソンが交信で録音した声はディークの父親ソックリだったというのです。

コールソンたちに協力しようと思ったのも、もし父が地表で生きているなら助けたいと思ったからでした。

それでもコールソンは、仲間を売られたということもあり、ディークを心底信用することが出来ません。

手伝いたいなら本気を出せというコールソンに、ディークはどうすれば?と尋ねます。

コールソンは、デイジーを売った金を出せ、他に必要としている人が居ると、ディークからロジウムを1枚受け取ると、やはり君は信用できない離れた方がよさそうだと、彼の部屋のドアを溶接で閉まったのです。

こうして、コールソンが手にしたロジウム1枚は、本当に必要としているガンナーに届けられました。

カサイアスはデイジーを恐れてる!?

シモンズとデイジーの嘘を暴くため、カサイアスはふたりを会わせることにしました。

カサイアスはデイジーに、すぐに知られるから無駄な足掻きをしないよういい、他の仲間はどこにいるのかを聞きます。

そこに、先ほどの心が読めるインヒューマンズの青年が連れてこられました。

デイジーは、この世界に来たのはシモンズと自分の二人だけだと言うと、連れてこられたときの事を話すよう言います。

「仲間がシモンズの恋人に殺されたが、彼は耐え切れずにシールドを去ろうとした。デイジーはシモンズと話そうとダイナーに行って拉致された」これがデイジーの答えでした。

シモンズには耳が聞こえていないので、デイジーが何を言ったかはわかりません。

ふたりの話が完璧に合うのかは、賭けでしかなかったのです。

© 2016 ABC Studios & MARVEL

続いてカサイアスはシモンズへ同じ質問をするとシモンズは、「フレームワークの任務で疲れ果て、フィッツは仲間を殺した後悔でシールドを辞めると言った。デイジーは自分をダイナーに誘い、そこで拉致された」と答えました。

ぴったり合った答えにデイジーは驚きますが、実はインヒューマンズの青年がかばってくれたことが判明。

彼の力は、心を読むだけではなく心を読ませる力もあったのです。

青年は、デイジーの話をシモンズに読ませたということでしたが、カサイアスたちは読ませる力については把握していないとのことでした。

© 2016 ABC Studios & MARVEL

そして、彼はカサイアスに近づけたからと、彼の心も読んでいたのです。

「奴はここを嫌ってる、見せ物が済んだら住民もろとも、すべて消し去って出て行くつもりでいる。家族も他の人たちもみんな殺される。だが奴は君を恐れている」

カサイアスはデイジーの持つ力を恐れているということだったのです。

『エージェント・オブ・シールド』シーズン5を観るには

© 2016 ABC Studios & MARVEL

『エージェント・オブ・シールド』シーズン5ネタバレは、こちらからもご覧頂けますが、ドラマが観たいという方はwowowでご視聴頂けます。

2018年8月現在、wowowでのご視聴が最速となっておりますので、ご加入されている方は是非wowowでのご視聴をおすすめします。

なお、未加入の方はCinemaBoxでのネタバレで我慢して頂くか、もしくはwowowのご加入をおすすめします。

wiwiwでは登録初月無料なので、気になる方は公式サイトにて詳細をご確認ください。



尚、現在放送された4話までのネタバレは以下からご覧いただけます。
アベンジャーズのスピンオフドラマ『エージェント・オブ・シールド』のシーズン5が、2018年8月4日にwowowにて日本初上陸!wowowに加入している方は、wowowオンラインに...



    PAGE TOP