ドラマ『あなたには渡さない』1話 女同士のバトル”マウントの取り合い”から目が離せない!感想と今後の予想

Pocket

ドラマ『あなたには渡さない』が放送開始されましたね。女同士の、静かなマウントの取り合いが見ごたえ十分で、早くも次の展開が気になっています。この記事では、『あなたには渡さない』の感想や考察についてまとめていきたいと思います。

『あなたには渡さない』

『あなたには渡さない』第1話のあらすじ

道子(木村佳乃)は料亭の息子と結婚し、20年間、主婦として堅実に生きてきました。

そんなある日、道子は夫から「取引先の社長に銀座を案内してくれ」と頼まれます。

道子が待ち合わせ場所に向かうと、そこに居たのは女性でした。

てっきり男性だと思っていたため驚く道子。

女社長である多衣(水野美紀)は、おもむろに道子の義母との思い出話を語り始めます。

そして、困惑している道子に、さらにこう言い放つのでした。

「ご主人をいただきに参りました」

『あなたには渡さない』第1話の感想

開始5分で修羅場

ドラマ『あなたには渡さない』がついに始まりました!

開始5分で修羅場が始まり「キター!」とテンションが上がりました(笑)

期待通りのドロドロ劇で、特に、愛人の多衣の「ご主人をいただきに参りました」という台詞が印象的でした。

ドロドロ劇と言っても感情的な争いではなくて、静かに相手の弱点をついていく感じが“大人のバトル”という感じで面白かったです。

通子の弱点はおそらく“自分を疎んでいた義母”で、それを察した多衣が自分がいかに義母にかわいがられていたかを静かに語るんですよね。

義母の話でマウントを取りつつ、とどめに「ご主人をいただきに参りました」と。

この台詞の持っていき方が、巧いなぁと思いました。

ドラマ『あなたには渡さない』は不倫が絡んだ愛憎劇なのですが、登場人物の心情に余白があるので、どこか奥深さを感じます。

多衣にしても道子にしても、完全な本音が見えないんですよね。

見えないからこそ視聴者の想像をかきたてると思いますし、現に私はいろいろな妄想がはかどりました(笑)

このようにストーリーを想像して楽しんでいる視聴者もいるようです。

旬平(萩原聖人)の心情考察

旬平(萩原聖人)はズバリ! 妻の道子に未練があると思います。

道子が離婚届けにサインしたのを見て「お前はやっぱり振り返らないんだな」と言っていたことから、
旬平は“道子が離婚届にサインしないことを期待していた”ように感じたんですよね。

そのあとも「過去のことじゃなくて、今の俺を振り返ってくれよ」と。

旬平の台詞からは始終、“俺を見て欲しい”という願望が含まれているように感じました。

そして、離婚の本当の理由は“料亭の借金を道子に負わせないため”だということで、ますます旬平には未練がありそうですね。

旬平は不倫をしたイケナイ男ですが、借金の件で”旬平優しいじゃん”と少し思ってしまいました。

不倫はいけません、ダメですよ、でも思うのです。

旬平の心情としては、不倫をしてしまった根っこには、妻の道子が自分を見てくれていないという寂しさがあったのではないかなと。

それは「娘は、俺が痩せたと気づいてくれた」という台詞からも感じ取れます。

娘は気づいてくれた=お前は気づいてくれなかったと、暗にそう言っていますものね。

道子(木村佳乃)の心情考察

愛人の多衣に一方的にマウントを取られ、心はズタボロであろう道子。

しかし、夫の旬平からこれは“偽装離婚”なのだと聞かされます。

料亭には6000万円の借金があり、それを道子に背負わせないための離婚だったと。

それを知って、道子はどんな反応をするのかなと思って見ていたら、まさかの、旬平にビンタ!

道子からしてみれば、不倫が事実である以上、「借金を負わせたくない」という旬平の気持ちがあろうがなかろうが、そんなことはどうでもいいのかもしれませんね。

確かに「不倫したけど、離婚はお前のためを考えてのことなんだ」と言われても、腹ただしい気持ちにしかならない気がします。

いっそ「他に好きな女ができたから別れてくれ」と言われたほうがマシかもしれない。

道子もそんな心情だったのかなと思いました。

道子(木村佳乃)の反撃

最初の修羅場では、愛人の多衣の話をただ黙って聞くしかできなかった道子。

そりゃあ、いきなり愛人が現れて「ご主人をいただきに参りました」と言われても、唖然とするしかないですよね。

さらには愛人から離婚届(旬平はサイン済み)まで手渡され、かなり傷ついたと思います。心もプライドも。

しかし!

道子は、愛人に一方的にやられるだけの女ではありませんでした!

なんと、婚姻届(旬平はサイン済み)を多衣に差し出し、「この婚姻届を6000万円で売ります」と言い放ちます。

同じやり方でやり返してるのが面白いですね!

愛人に離婚届を手渡されたから、自分は婚姻届を手渡す。6000万円という条件つきで。

道子のこの行動には、愛人も度肝を抜かれたのではないでしょうか。

もちろん、度肝を抜かれていたとしても、決してそれを表には出さないでしょうけど(笑)

今後の予想

第1話から、ちょっとした奥深さがあって面白かったです。

今後の予想ですが、まずは愛人の多衣。

6000万円という条件つきで婚姻届を渡されましたが、おそらく涼しい顔で6000万円を払うのではないでしょうか。

女同士の戦いですから、動揺したら負けみたいなプライドがあると思うので、きっと涼しい顔をするに違いありません!

そして、キーマンになりそうなのが、道子の兄の友人である笠井(田中哲司)。

笠井は昔、道子が好きだったようですし、今後は道子の協力者になっていきそうです。

道子は笠井の気持ちを知った上で利用しているのかどうか。

そのあたりも今後の注目ポイントになりそうですね!

ドロドロ愛憎劇の裏側では爆笑!?

『あなたには渡さない』はドロドロな愛憎劇ですが、撮影現場ではかなり和やかな雰囲気なようです。

ドラマではギスギスしている木村佳乃さんと水野美紀さん。

ふたりは現場では「本番」の声がかかる直前まで、子育てトークや献立の話で盛り上がっているそうですよ。

それなのにドラマではあの緊迫感が出せるなんて、すごいですよね~。

『あなたには渡さない』第1話の評判

不倫はありえないことだしイケナイことだけど、ドラマだからこそ楽しめるという声が多かったです。

また、ドラマ「奪い愛、冬」のような、振り切ったカオス展開を希望する声も多かったです。

まとめ

『あなたには渡さない』の第1話は、開始5分で修羅場が始まり目が離せない展開でした。

これから壮絶な女の戦いが始まっていくと思いますし、腹の探り合いや隠し合いが見どころになりそうだなと思います。

次週も楽しみですね!2話の動画も公開されました。

『あたなには渡さない』を見逃した方は、民放公式テレビポータブルTVer(ティーバー)でご視聴いただけますヨ。

(画像出典:公式サイト

    PAGE TOP