『ブラックペアン』5話ネタバレ!権力者の醜い裏側がブラックペアンの謎に近づく!?

スポンサーリンク
blackpean
The following two tabs change content below.
Pocket

5月20日に放送されたTBS系ドラマ『ブラックペアン』の第5話ネタバレ。論文に西崎の名を書いて提出した高階には、帝華大での出世が約束されたたものでした。前回、スナイプ手術に成功した小春という少女の退院のメドもつき、それと同時に高階も東城大に戻る予定となっていたのです。しかし、元々心臓にあった穴から感染したと思われる感染巣を発見。しかも、手術が不可能な場所にあったため、高階は少女を救う唯一の方法として、ダーウィン手術を提案したのですが…。

『ブラックペアン』5話ネタバレ

ブラックペアン

Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

世良は高階に、なぜ論文に佐伯ではなく西崎の名を書いたのかと聞いた。すると高階は、きれいごとだけでは命は救えないと話します。

その一方で、渡海は佐伯に小春の詳しい血液検査を要請すると、佐伯は「なるほど」と、何かに感づいたように了承しました。

佐伯は、外科ジャーナルを訪れ、詳しい血液検査の結果がわかるまで論文を撤回して欲しいと申し出ました。

その理由は、検査結果を待つことと同時に、池崎と西崎の繋がりをも疑っていたからなのです。

後日、高階の元に小春の血液検査の結果が届き、心房隔に異常があることに気づきます。

すぐに西崎に連絡しますが、西崎は「気づかないふりをして少女を退院させ、論文を掲載させるように」と命令しました。

高階は、西崎の言うとおりにするか迷っているところに渡海が退院届を高階に渡し、「いい研究ができてよかったな」と嫌味をいいながら、小春が出て行くとき高階も一緒に出て行けといいます。

近くにいた世良は高階に、小春は治ったのではないかと尋ねると高階は「バカだなぁ俺、私は医者なんだ」と自分の愚かさに気づきました。

すぐに佐伯の元を訪れ、前回のオペで開いていた心臓の穴から感染した疑いを示唆し、至急に手術が必要であると同時に、明日カンファレンスを開いて欲しいと申し出ます。

スナイプが直接の原因であるとしたら論文は撤回。佐伯は、翌日にカンファレンスを行うことにしました。

高階は、西崎に連絡し論文の撤回を伝えると、西崎は血相を変えて「お前には戻る場所はない。二度と顔を見せるな」と突き放します。

翌日、カンファレンスが行われましたが、小春の状態を考えると手術は不可能。佐伯は渡海に、何か方法はあるかと聞くと渡海は薬物治療しかないと答えます。

しかし高階は、たったひとつ小春を救う方法としてダーリンでの手術を提案しましたが、東城大にはダーウィンはありません。

そこで佐伯は高階を小春の主治医から下ろし渡海を主治医に任命。高階は帝華大でも東城大でも居場所を失ってしまったのです。

小春の治療には、薬物治療が行われていて容態も安定していました。看護師の花房は高階に、小春には高階しかいない、諦めないで欲しいといい、世良は必要ならばルールを変えるべきだと言いました。

その時、牧原という患者の容態が急変し、執刀に渡海が入ります。ですが、手術が出来ない場所だと分かると、日本では前例の無いあの手術ならば助けられると高階がいいました。

高階はアメリカで医療を学んでいたときに、助手をしたことがあると渡海に言うと、渡海は「助手だろうが」と突っぱねます。すると高階は、すべて自分が責任を取るから執刀させて欲しいといいました。

渡海は高階の顔を睨みつけると「やってみろ」と言わんばかりに、ポジションを交代し助手にまわったのです。

高階の手術は成功すると世良は「これが高階先生の本当に実力」だと心のなかで思いました。

高階は、今回の手術を通して「自分にはもう失うものは何もない。だからこそ出来ることがある」と気づいたのです。

すぐに西崎の元を訪れた高階は、全ての責任は佐伯外科の高階にあるとした上で、ダーウィンを佐伯外科に貸してほしいと頼みました。

ブラックペアン

Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.


西崎は、高階ではなく自分の息のかかった松岡に執刀させるならという条件でダーウィンを貸すことを承諾しました。

一方で、小春の投薬治療は続けられており、世良はいつまで投薬を続けるのかと花房に聞くと、手術直前までと指示を受けていると話します。

花房は「治験ってお金がはいるんですよね」というと世良は「やっぱり金のためか」と思い、渡海の対応にガッカリした様子を見せました。

そして小春の手術当日。

帝華大からダーウィン手術にそなえた看護師たちも派遣されており、東城大の医師たちは手術室で見守ることしか出来ませんでした。

高階は、手術するのは子供だから十分注意するよう松岡に何度も言いますが、松岡は高階をバカにしたよう蔑みます。

いざ手術が始まると問題なく進み、後は肝心の感染巣を取り除くだけとなっていました。高階は松岡に、ここからが問題だといいますが、松岡は聞く耳を持ちません。

その時です。出血量が増えロボットアームも動かせない状態となり松岡が慌てだします。子供の身体は小さいため、アーム同士がぶつかって動かせず、さらには無理に動かすと心臓が破裂するという緊急事態となっていました。

高階はすぐに戻ると言い渡海を探しに行くとその途中で、猫田と一緒に手術室へ向かっている渡海と遭遇。助けて欲しいと頭を下げると渡海は、急ぐぞと声をかけ3人で小春を助けに手術室に行きました。

ブラックペアン

Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.


手術室では一刻を争う事態となっており、渡海は松岡にお前の退職金1000万で助けてやるよ。といい、高階は邪魔だ!と松岡をダーウィンの椅子から追い払います。

大量に出血しているのを補うには輸血が必要だと渡海が言うと、他の医師は輸血は出来ないといいました。すると渡海は「自分の血を輸血すればいいんだ」と、猫田に血液を持ってこさせます。

手術直前まで小春に投じていた薬物は増血剤であり、この手術のために小春の血液を蓄えておいたのです。

渡海の指示に従い、東城大の看護師たちが息を合わせ、猛スピードで渡海が小春を手術して窮地を脱出しました。

ブラックペアン

Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.


手術の様子を見ていた西崎は、怒りで血相を変えながら会場を後にします。駐車場に松岡と高階がやってくると、西崎は高階に「あとで君に話があるから私のところに来て欲しい」といい、松岡には「君に戻る場所はない」と松岡を切ったのです。

後日、高階が西崎から提案されたのは、新たなインパクトファクターを得るために、厚労省が後ろ盾になった国内産のダーウィンを製造する。それの第1号被験者を任せるから、論文を仕上げるようにとの事でした。

結局、高階は立場から逃げることが出来ないと観念したのです。

数日後、看護師長が佐伯宛の郵便物を持って部屋を訪れました。封筒の中にはDVDが入っており、再生するとそこには渡海が持っていた「ペアンが写っているレントゲン写真」の画像は入っていたのです。

スポンサーリンク

『ブラックペアン』5話を観た感想

教授の椅子を狙うために、少女の命をも道具にするといったことに驚きました。実際にはこんなことあってはならないことですが、やはり権力や立場というのはどこの世界にでもあるのでしょうね。

そしてついにペアンが写ったレントゲン写真と佐伯、渡海の関係が見えつつあります。以前の記事で、ペアンが写ったレントゲン写真は渡海の母にも関係があるんじゃないかと示唆しましたが、来週に渡海の母が登場することでその関係も明らかになるかもしれません。

今回は、渡海の活躍がクローズアップされた内容ではなく、高階が中心となった回でした。ただ、渡海の優しさというのが垣間見れたようにも思います。

渡海は口も態度も悪いけど、一番医者らしいのではないかと思います。どんなに悪態をついていようが、患者を救いたいという想いは人一倍強いのではないかと。

今回はドロドロという感じではなく、手術シーンもかなり時間を短縮していた印象を受けましたが、今回は手術に焦点を当てるというより、権力者の醜い裏側や繋がりを暴くというのがテーマだったのでしょう。

こういった展開から、次週はもっと泥臭い内容になってくるのではないかと推測します。

TBS系ドラマ『ブラックペアン』の全話あらすじネタバレ!嵐の二宮和也主演、共演者には竹内涼真や小泉孝太郎、内野聖陽、市川猿之助など豪華俳優陣が名を連ねる。東城大...

「画像出典:公式サイト



    PAGE TOP