ドラマ『中学聖日記』第6話解説 新たに動き始める恋、しかし平穏な日常に嵐の予感!?

Pocket

聖と黒岩の関係が明るみになってからすでに3年の月日が流れていた。聖は勝太郎と別れ、千鶴と同じ学校で教壇に立っていた。それぞれが何かを抱えながら過ごした3年。そしてまた新たな恋が始まろうとするものの、また忘れられない恋もあったのだ。

ドラマ『中学聖日記』

『中学聖日記』第6話

『中学聖日記』全話解説と視聴率!ネットでの評価は?(第8話まで更新)
有村架純主演のドラマ『中学聖日記』の全話解説です。生徒と先生の禁断の恋!なのにとってもピュアな恋物語にキュンキュンする人...

2018年。

聖は勝太郎とも別れ、務めていた中学校から去り、千鶴と同じ小学校で教壇に立っていた。

ある日、学校でのこと。聖が子供達を校庭で遊んでいると、彩乃という少女が怪我をしてしまう。

聖は少女を保健室に連れて行き、千鶴は彩乃が怪我をしたと母親に連絡した。

怪我の処置が終わる頃、千鶴が保健室にやってきた彩乃の母と連絡が取れたと言う。

すると、千鶴は彩乃を送りがてら未納になっている”遠足代”の話もしてくるよう聖に頼んだ。

聖が母親に事情を話すも、「明日支払いますね」と言われ、すぐに帰されてしまった。

学校に戻った聖は、千鶴に報告。

「すぐに帰された!?」

「ええ、来客があったみたいで…」

職員の間では、彩乃の母には男がいるという噂があったようだ。

さらに、彩乃の母は”禁断の恋”をした過去があるとのことで、聖はその話に自分の過去を重ね、うっかり校長先生の湯呑みを割ってしまう。

翌日、割った湯呑みと同じものを探すため聖は野上と町に出かける。

しかし、本屋に立ち寄った際、高校生になった黒岩の姿を見つけてしまう。

聖は、野上が話しかけても何も聞こえず、ただ真っ直ぐに黒岩を見つめていた。

その視線に気づいたのか、黒岩が振り返ったが、聖はすぐに背中を向けて歩き出してしまう。

『中学聖日記』第6話の感想と視聴率

6話の視聴率

今回の視聴率は7.0%(関東地区リサーチ調べ)と、番組最高視聴率を獲得しました。

しかも、北海道ではなんと12%という数字!

初回から6視聴率に伸び悩んでいましたが、ここにきて急成長をとげました。

『中学聖日記』第6話を観た感想

聖が黒岩を見つけたときの瞬間、彼女の想いが痛いほど伝わってきました。

話しかけられても何も聞こえていない状態。

敢えて会わせないというこの瞬間、ドキドキしましたね。

しかし、聖は黒岩のことを考えたのか、それとも小さい町で噂になったら千鶴にも迷惑を掛けることになると察したのか、黒岩との出会いを避けてしまいました。

分かる気がする…と思った方も多いのではないでしょうか。

そしてラストではなんと、涙ぐむ聖をスッと抱き寄せた野上。

野上が聖を気になっているというか、すでに好きになっている状態でのハグにドキツ!

新しい恋の風が吹くのか?

しかし、聖の中にはいまだ黒岩がいる。

一方で、黒岩も聖を忘れられない……。

じれったいけど結末はもう少し先にして!という思いでいっぱいです。

SNS上での評価は?

    PAGE TOP