海外ドラマ『ハンドメイズテイル 』シーズン2第11話ネタバレ解説 オブフレッド過酷な出産!ニックの行方も不明!?

スポンサーリンク
ハンドメイズテイル,HANDMAID'STAIL
The following two tabs change content below.
Yoko Niki

Yoko Niki

映画や海外ドラマが大好きです。面白く感動する映画・ドラマについて書いていますので、ぜひ見たい作品の参考にしてください
Pocket

娘のハンナに会うためにニックと人里離れた場所にやってきたオブフレッド。ハンナとは再会できましたが、その後ニックが連れ去られ1人取り残されてしまいます。オブフレッドはこれがチャンスとばかりに逃亡を試みるも、なんと破水してしまったのです。過酷な状況がオブフレッドに襲い掛かる!

ドラマ『ハンドメイズテイル』シーズン2

第11話「ホリー」

『ハンドメイズテイル/侍女の物語』シーズン2全話ネタバレ
huluで配信された『ハンドメイズテイル/侍女の物語』シーズン2のネタバレを配信後に随時更新していきます。家族を奪われ、...

人里はなれた場所に、1人取り残されてしまったオブフレッド。

周りには誰もいません。

外に出て周辺を歩きまわり、誰かいないか、何かないかと探します。

隣にあったガレージに近づき、扉を開けようとしまうが鍵がかかっていました。

中を覗くと車が1台。

オブフレッドは、ハンナと会った家に再び戻ると、引き出しや棚の中を探して鍵を見つけます。

車にエンジンをかけるとエンジンはかかり、ラジオをつけるとニュースが流れてきました。

ニュースでは”イギリスがギレアドに追加制裁をし、カナダに難民の受け入れも始める”と流れてきます。

オブフレッドはお腹に手を当て「どうする?」と子供に聞くと、覚悟を決めたようにもう1度家に戻って行きました。

家の中を探り食料や水をカバンに詰めて、オブフレッドは逃亡の準備を始めたのです。

赤いコートも脱ぎ捨て、再度ギレアドから逃げることを決めました。

しかしそこに1台の車がやってきます。

スポンサーリンク

オブフレッドを探すウォーターフォード夫妻

車に乗っていたのは、フレッドとセリーナでした。

帰ってこないオブフレッドとニックを探して、ここまでやってきたのです。

セリーナはオブフレッドが逃げたかもしれないと、凄まじい形相で「オブフレッド!!」と大声で叫びながら探しました。

2階に上がると、脱ぎ捨てられたオブフレッドの赤いコートを見つけます。

「オブフレッドが逃げたのは、あなたのせい」とフレッドに詰め寄るセリーナ。

フレッドも「厳しく当たりすぎるからだ」と返し、2人は口論を始めます。

セリーナは「私にはもう何もない。子供を抱けない。」と2人が口論する様子をオブフレッドは2階から見ていました。

近くにあった箱からライフルを見つけたオブフレッドは、2人に銃口を向けて狙います。

狙いを定めていると、フレッドが「まだ近くに行ってないはずだ」と言ってセリーナを連れて家から出て行ったのです。

オブフレッドは2人を撃つことができませんでした。

2人が去っていたことを確認した時、急にお腹の痛みを感じその場に倒れてしまいます。

出産の時はかなり近づいている様子。

ガレージに戻りシャッターを開けようとしますが、凍り付いているのかシャッターは開きません。

車に乗り、エンジンをふかしてシャッターに激突させますがビクともしないのです。

外に周り、力を入れてシャッターを持ち上げていたその時、オブフレッドは破水してしまいました。

オブフレッドは泣きながら「まだ出てこないで」とお腹に向かって話しかけました。

スポンサーリンク

1人で産むことを決めたオブフレッド

オブフレッドはやっとの思い出建物に戻り、暖炉に火をつけ暖かい環境を作り布団の上に横になります。

そして目をつぶり、ハンナを出産した時のことを思い出していました。

我に返ったオブフレッドは自分が、出血していることに気がつきます。

布団も赤く染まっていました。

1度は逃亡しようとしたオブフレッドですが、子供のことを思い考えを変えたのです。

痛むお腹を抱えながらライフルを持ち、空に向かって発砲します。

「私はここよ」

誰かに気がついてもらえるように何発も撃ったのです。

再び、部屋の中に戻ったオブフレッドを待っていたのは陣痛との戦い。

大きな叫び声をあげながら、いきみ始めます。

ハンナを産んだ時のこと、侍女として教育された施設での出産の練習、ジャニーンの出産に立ち会った時のことを思い出していました。

そして最後の叫び声をあげた時、ついに赤ちゃんが生まれたのです。

子供を取り上げたオブフレッドは、抱きかかえながら横になり、「こんにちは、よろしく」と言って優しくキスをしました。

オブフレットは幸せを感じると共に、ハンナが生まれた時のことを思い出します。

遅れてきた母親にハンナを紹介するジューン。

「ハンナ、おばあちゃんのホリーよ」(回想シーン)

そしてオブフレッドは目の前にいる生まれたての赤ん坊に名前をつけました。

「ホリー…あなたの名前はホリーよ」

オブフレッドは、生まれた子供に自分の母の名前を付けたのです。

『ハンドメイズテイル 』シーズン2第11話の感想

オブフレッドは無事に子供が産めるのかドキドキしましたが、なんとか無事に出産しました。

ハンナを産んだ時のことを思い出しながら、1人で頑張っている姿は痛々しく壮絶。

母としての強さを見たような気がします。

子供を助けるために逃亡を諦めたオブフレッド。

それも母親としての決断です。

自分のことよりも子供の無事を選びました。

生まれたてのホリーに「あなたにはお姉ちゃんがいるのよ」とハンナのことも話します。

「いつか会える」と言ったオブフレッドの言葉は自分の願いでもあり、その気持ちがこれから先の希望になります。

銃を撃って自分の居場所を伝えたオブフレッドは、またフレッドとセリーナの家に戻ることになるでしょう。

ホリーも奪われてしまうはず。

さらにセリーナは早く出て言って欲しいと言ってましたから、違う場所に行くことになるかもしれません。

ただ、セリーナもフレッドもニックの居場所を知らないどころか、何が起こっているのかもわからない状態だったのは気がかりですね。

ニックは一体誰に連れ去られたのか、なぜウォーターフォード家に連絡が行かないのか……。

前記事で、フレッドがニックを嵌めたのでは?と予想しましたが、意外にも違うようでした。

かつてフレッドがニックを移動させたい雰囲気を出していましたが、それはニックとオブフレッドを引き離したいという、単なるヤキモチからなるものだったとすれば、フレッドは本当にバカなのか?と思わざるを得ませんね。

本当に、オブフレッドが自分に好意を持っていたのだと思い込んでいた抜けた男なのか?

今回のセリーナとフレッドの喧嘩で、フレッドの馬鹿さ加減が明らかになりましたね。

しかしそうなると、ニックはどこへ?

もしかしたら、フレッドをよく思わない輩が彼を陥れるために手を打ったとも考えられますが、いずれにしろギレアド崩壊目前ということでしょう。

また、今までは妊娠していたことで、守られていたオブフレッドの立場も変わりそうです。

シーズン2の残り2話。

いよいよラストスパートです。



    PAGE TOP