ドラマ『ハンドメイズテイル 』シーズン2第12話解説 ギレアドは残酷過ぎる!プールで処刑とは…!?

Pocket

オブフレッドが産んだ赤ちゃんはセリーナの手に。一方、オブフレッドは赤ちゃんと離れて暮らす生活が続いていました。また今まで立場がよく分からなかったイーデンが本当の姿を見せます。ドラマ『ハンドメイズテイル 』シーズン2シーズン2第12話を解説でお伝えします。

ドラマ『ハンドメイズテイル』シーズン2

第12話「出産後」あらすじ

オブフレッドは空き家で子供を出産しましたが、その後子供はウォーターフォード家に連れ戻されていました。

ニックも無事だったようで、何事もなかったように姿を見せています。

どうやらニックとフレッドがうまく処理したようでした。

セリーナは子供をニコールと名付け、大切に育てていますがオブフレッドと子供を引き離すために、オブフレッドには別の場所で生活を送らせています。

そのため、オブフレッドが出す乳の量は、日に日に少なくなっていました。

そんな中、真実の愛、本当の家族を求めていたイーデンは、アイザックと駆け落ちという思い切った行動に出ていたのです。

子供を独占するセリーナ

『ハンドメイズテイル/侍女の物語』シーズン2全話のリンク
hulu配信の『ハンドメイズテイル/侍女の物語』シーズン2を観た感想や考察をまとめていきます。家族を奪われ、屈辱を味わっ...

オブフレッドから子供を取り上げたセリーナは、彼女を家から追い出し、子供には絶対に近づけません。

必要なミルクはオブフレッドに搾乳させ、届けさせていました。

しかし、搾乳の量が少なくなったことで周囲に心配の声があがり始め、ミルクの量を増やすためオブフレッドと赤ちゃんを会わせることに。

その時、オブフレッドは初めて赤ちゃんの名が”ニコール”と付けられていることを知りました。

ニコールに会ったとたん、母乳が溢れ出るオブフレッド。

フレッドは「ミルクを届けて」と言いますが、一緒にいたリディアがオブフレッドを助けます。

「二人を引き離すとまた同じことが繰り返されます」

結局フレッドは、オブフレッドを家に連れて帰ることにしましたが、家ではセリーナが激怒。

フレッドはセリーナをなだめますが、セリーナのニコールへの愛情はもはや狂気へと変わりつつありました。

女中のリタにも抱かせないほどの執着心を持っていて、ついには自分の乳を吸わせてしまいます。

母乳が出るはずもないのに、そこまでするセリーナの想いは、異常なほど強かったことが分かるシーンでもありました。

新しい家の侍女

儀式の途中で司令官が倒れ、奉公先の変更を余儀なくされてしまったエミリー。

彼女は、4組の夫婦に断られるほど面倒な侍女となっており、彼女を迎えたのはギレアド経済の中心となる人物ローレンス司令官の家でした。

家に入ると、同行したリディアですら懸念な顔をするほど、不気味な感じが漂っています。

出てきたローレンス司令官も、何を考えているのか分からないような不気味な存在でした。

夜になり、エミリーが部屋にいるとローレンス司令官の妻がエミリーの元にやってきます。

ローレンス司令官曰く”彼女は病気”で、リディアがいる時も会わせることはなかったのですが、どうやら心の病を抱えている様子。

「彼は恐ろしい人。コロニーを考えたのは彼だ」と言う妻に、エミリーは驚きましたが、すぐにローレンス司令官がやってきて妻を部屋に閉じ込めます。

ローレンス司令官は、エミリーを食堂に連れて行きお酒を注いで渡すと、エミリーの過去のことを聞き始めました。

ところが、司令官はエミリーに妻や子供がいること、教師をしていたことなど、過去を知っていたのです。

その上で「子供を失う痛みを君は知っている。立ち直れたのか?」と問いかけます。

どうやらローレンス夫婦は子供を失っていたようで、それが原因で妻は心を病んでしまったのかもしれません。

家族が欲しかったイーデン

今までイーデンの考えや立場がハッキリと見えず、オブフレッドやニックにとっては敵なのかもと思っていましたが、実はイーデンは愛に溢れた家族が欲しかっただけだということが分かりました。

イーデンは、戻ってきたオブフレッドと話をします。

その時、オブフレッドはイーデンに「ここでは、ためらわずに愛をつかむべきよ」とアドバイスしました。

この言葉を聞いたイーデンは次の日行動を起こしたのです。

翌朝、ニックが目覚めるとすでにイーデンの姿はありませんでした。

ニックは心配しますが、オブフレッドはセールに行ったのかもと話します。

ところが、「アイザックがいない」とフレッドが2人のところにやってきました。

その言葉を聞いたニックの顔が急に曇り始めたのです。

以前、アイザックはイーデンとキスをしていました。

アイザックもイーデンが気になっているようで、2人は惹かれあっていたのです。

フレッドは徹底的に2人を探し、ついに見つけ出しました。

ニックはイーデンに「罪を認めて謝るんだ」と言いますが、イーデンは「出来ない」と答えます。

そして「本当の家族を作りたかった。それがギレアドの理念では?」と答えたのです。

彼女は誰よりもギレアドの精神に忠実で、本当の愛・本当の家族を求めていたのです。

そんな純粋な信念を持ったイーデンは、罪を受け入れることを決意しました。

イーデンとアイザックは、神に許しを請うことをせず、錘をつけたままプールに落とされたのです。

こんなにもイーデンが純粋だったとは……。

裏切り者になるかもと思ってしまったことを、申し訳なく感じてしまいました。

どうなるギレアド

イーデンの死に誰もが心を痛めており、ニックは自分を責めているようでもありました。

そんな中、特に心を痛めていたのはセリーナです。

処刑の場でも口を押さえ、涙を流していました。

イーデンの死後、家に戻ったセリーナは今まで拒絶していたオブフレッドにニコールを抱かせます。

そしてオブフレッドが母乳を与えるのを許したのです。

少しづつみんなの気持ちに変化が起こり始めています。

オブフレッドはもちろん、セリーナも。

それにしてもギレアドの”罰”はあまりにも惨すぎます。

錘を付けられたイーデンとアイザックは、深いプールに突き落とされ、目を見開いたまま息絶えました。

あの光景は目に焼きつくほど印象的です。

こんなことが許されるのか、ギレアドの言う”神”は本当にこんな結末を望んでいるのか。

神という名を借りた虐殺にしか思えませんね。

さらに、エミリーが新しく侍女として働く家のローレンス司令官も、ちょっと変わり者の気になる存在です。

いよいよ次回がシーズン2の最終エピソードです。

どんなラストが待っているのか?

ギレアドは一体どうなってしまうのか?

    PAGE TOP