『ハンドメイズテイル/侍女の物語』シーズン2第2話あらすじネタバレ 侍女それぞれの戦いと解放

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
蒼織

蒼織

ドラマや映画ネタをほぼ毎日書いています。 過去作品の映画ネタはブログにて更新。
Pocket

事実上、侍女という立場から解放されたジューンに待っていたのは、レジスタンスが用意した場所で過ごさなければならないという孤独感でした。妊婦が逃げた場合、徹底して捜索するギレアデ共和国。ジューンは、厳しい状況下でカナダに脱出できないまま、ただその時を待ち続けているのです。それでは『ハンドメイズテイル/侍女の物語』シーズン2第2話ネタバレスタートします。

『ハンドメイズテイル/侍女の物語』シーズン2第2話

ジューンの場合

ジューンは、ニックとレジスタンスの力を借りて、ギレアド共和国からの脱出を図りました。

しかし侍女の、しかも妊婦の脱走とあらば厳戒態勢で捜索され、共和国や高官自体が諦めない限りジューンの捜索は続けられます。

ジューンは、ボストン・グローブにあるレジスタンスの所有する建物に身を隠すように言われたものの、そこで彼女を待っていたのは、長い時間たったひとりで過ごさなければならない孤独感でした。

それでも、車のサイレンやヘリコプターの音がすると、自分を捜索しているのだろうという恐怖感に飲み込まれ、近くにあったカナヅチを握りしめ、暗闇に身を潜めたりしたのです。

© MGM Television Entertainment Inc. and Relentless Productions LLC. All Rights Reserved.

周りの状況が静かになった頃、ジューンは建物の中を探索します。

建物は、つい数年前までたくさんの人が仕事をしていたであろう○○会社のような場所で、働いていた方たちの私物がそのまま残されていました。

家族の写真、飾り物のミニチュアサッカーボール、野球チームの帽子、DVDやパソコン。

ジューンは、片方だけ置き去りにされていたパンプスを見て、ここで働いていた人たちに”その時”何が起こったのか察します。

スポンサーリンク

エミリーの回想シーン

エミリーは、シーズン1で男性ひとりを車でひき殺していたため、陰核切除された後、汚染された土地コロニーで強制労働を強いられていました。

2話では、彼女の過去が回想シーンで描かれています。

元々、エミリーは大学で研究しながら生物学の講師として教鞭を執っていました。

しかしある日、来期からは講義は禁止され、ミトコンドリアの研究に専念するよう指示されたのです。

原因は、エミーが携帯の待ち受けにしている写真が、子供とシルビアというパートナー(女性)だったため、生徒に悪影響を与えるとみなされたためだったのです。

警告してくれた同僚の男性はゲイで、自分も”彼”と何度も喧嘩して結局は権力に負けてしまったということでした。

レズビアンを隠さなくてもいい、目立たないようにしていればいつかは元通りになる、そういってくれたものの、男性はその数日後”FAGGOT(ホモ)”と書かれた学校内の敷地で、首を吊られて殺されてしまったのです。

© MGM Television Entertainment Inc. and Relentless Productions LLC. All Rights Reserved.

同性愛者が危険にさらされていると気づいたエミリーは、シルビアと自分が産んだ”彼女”との子供と一緒に、急遽カナダに逃げることにしました。

空港には国外に脱出する人々で溢れかえっており、法的に有効な書類がなければ飛行機に搭乗することはできません。

エミリーとシルビアは結婚が認められており、子供と3人家族ということでエミリーのビザは不要と許可され、認印だけが必要とのことで、仮の搭乗券をもらいました。

認印を押すためにエミリーたちは、別の窓口で手続きしようとするも、まず子供を産んだのはエミリーか?

© MGM Television Entertainment Inc. and Relentless Productions LLC. All Rights Reserved.

それは自分の卵子でか、胚移植でかと尋ねられます。そんなこと出国に関係ある?とエミリーは拒否。

答えれば早く登場できますよという警官に、エミリーは搭乗時刻が迫っているからと席を立つと、「あなたは今日は出国できません」との返答。

また、ふたりの婚姻は無効になったからエミリーは家族ではない。だから出国できないと言われてしまったのです。

結局、シルビアと子供の身を案じて、ふたりをカナダにいかせる決心をしたエミリー。

© MGM Television Entertainment Inc. and Relentless Productions LLC. All Rights Reserved.

愛するふたりとの別れを惜しみながら、ふたりを見送ったエミリー。

しかしこの後、彼女は侍女という屈辱的な奴隷にされるなどとは思いもしなかったのです。

スポンサーリンク

コロニーのエミリー

エミリーはコロニーで強制労働をしながら、夜は病気や感染症を患った仲間たちを見舞いながら、やっと手に入れた貴重な薬を処方したり、手当てをしていました。

© MGM Television Entertainment Inc. and Relentless Productions LLC. All Rights Reserved.

コロニーには毎日のように、”罪”を犯した者が運ばれてきています。

ある日、到着したバスから司令官の妻が降りてきました。

彼女は”肉欲の罪”を犯して罪人となりましたが、ここで”司令官の妻”だったことはとても危険なことで、誰もが彼女に冷たい視線を浴びせます。

エミリーは、なぜか司令官の妻に良くしていましたが、感染症にかかりたくないという彼女に、エミリーは抗生物質まで渡したのです。

しかしその日の夜、司令官の妻は体中の痛みと吐き気に襲われてしまいます。

彼女の様子を見たエミリーは、「薬は飲んだ?」と確認すると、妻は「飲んだけど効かないみたい」と。

その返事を聞いたエミリーは、何も言わずにただ彼女を見ていました。

「何を飲ませたの?」

妻は悪態をつきながらも、最後まで神が救ってくださる、あなたも一緒に祈ってとエミリーに縋ります。

エミリーは、あなたは夫がレイプするのを手伝った。あと2,3時間ね、ひとりで死んで。と吐き捨てたのです。

© MGM Television Entertainment Inc. and Relentless Productions LLC. All Rights Reserved.

翌朝、死んだ妻の遺体が十字架の杭に縛り付けられていました。

ジューンの感情

ジューンは、自分が隠れている所は大量虐殺があった場所だと気づき、すぐにでも立ち去りたいと思っていました。

ニックがジューンに会いにきたとき、彼女は「ここで何が起きたか分かる!?私はここを出る!」と、ニックに車の鍵を渡すよう迫ります。

ニックは、ジューンとお腹の子を守りたい、我慢して欲しいと言いますがジューンには届きません。

ニックは仕方なく車の鍵と、保守用として自分の拳銃を渡しました。

車に乗り込んだジューンは、エンジンを始動。しかし、自分を見つけるニックを見て、どうにもならない状況に怒りをぶつけつつも、そこに留まることに決めたのです。

© MGM Television Entertainment Inc. and Relentless Productions LLC. All Rights Reserved.

やり場のない感情をニックにぶつるかのように、ジューンはニックを激しく求めます。

二人は何度も体を重ね、次第にジューンも落ち着きを取り戻しました。

ニックが帰った後、ジューンはパソコンでDVDを観ているとき、ふと何かを思いつき、働いていた人たちが残してあったぬいぐるみや家族写真などをダンボールに詰め込みます。

ジューンが向かったのは、大量虐殺が行われた場所。

© MGM Television Entertainment Inc. and Relentless Productions LLC. All Rights Reserved.

ローソクに火をつけ、先ほど集めた写真を壁に貼り、ぬいぐるみや靴を供えると、死者の魂に祈りを捧げたのです。

『ハンドメイズテイル/侍女の物語』シーズン2全話ネタバレ
huluで配信された『ハンドメイズテイル/侍女の物語』シーズン2のネタバレを配信後に随時更新していきます。家族を奪われ、...

『ハンドメイズテイル/侍女の物語』シーズン2第2話の感想と評価

今回はエミリー目線での描写が中心で、過去彼女に何があったのかが明かされました。

生物学の講師として教鞭を執っていたエミリーでしたが、同僚から忠告を受けた時には、すでに法律がギレアド体勢になりつつあったんですね。

まだきちんと体勢が整ってなかったため、ある警官はエミリーの用意した書類を見て、これなら大丈夫といい、別の警官は書類は無効だという。

仮の搭乗券まで手にして、出国が目前で拒否されるという最悪の状況。



ギレアドに対して憎しみ以上の念を抱いても不思議じゃありませんが、特に彼女は回想シーンから見ても頑固というか、信念を曲げない女性なので、レジスタンスに積極的っだった理由もわかります。

一方で、ジューンも強い女性ではありますが、焦りが先走る傾向があるので、もしかしたらいざ出国を目の前にしてもギレアドに留まるっている流れもあるかもしれません。

もし、娘を取り返すことが出来なければ出国しないということになれば、ニックやレジスタンスの存在も明るみに出る可能性もあります。

それとも、まずはカナダに向かってギレアドを叩き潰すという計画に持っていくのか…というところでしょうか。

また、ジューンが夫と再会したとき、ニックと夫のどちらを選ぶのか。

本来ならば間違いなく夫を選ぶはずですが、夫の方の状況も掴めないし、ジューン自身が変わってしまったので、基の鞘に収まるのは難しいかもしれません。

『ハンドメイズテイル/侍女の物語』シーズン2第2話では、回想シーンで色々な状況が出てきたので、今後アメリカからギレアドになっていく経緯も明かされることでしょう。

『ハンドメイズテイル/侍女の物語』はhuluでご覧頂けます。スマホやタブレットでもご視聴頂けますので、下記からダウンロードしてお楽しみください。

また、huluに未加入の方はまずは2週間の無料お試しをおすすめします。全ての作品が追加料金なしで見放題!しかも、huluでは2018年10月から放送される『ウォーキング・デッド』シーズン9が、リアル放送より早く観れるんですヨ。

まずは公式サイトにて詳細をご確認ください。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中



    PAGE TOP