ドラマ『ハンドメイズ テイル』シーズン2第5話ネタバレ ジューン再降臨!次なる逃亡劇に期待が掛かる!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
Yoko Niki

Yoko Niki

映画や海外ドラマが大好きです。面白く感動する映画・ドラマについて書いていますので、ぜひ見たい作品の参考にしてください
Pocket

ドラマ『ハンドメイズ テイル』シーズン2第5話ネタバレ ジューン再降臨!次なる逃亡劇に期待が掛かる!

ドラマ『ハンドメイズテイル』シーズン2

第5話「種」

侍女として、オブフレッドとしての生活を受け入れることを決めたジューンは、以前のジューンとは別人になってしまいました。

メーデーから預かった手紙も焼いてしまいます。

ニックがそんなジューンの気がつき「何をしているんだ?」と言いますがジューンは「持っていてはいけない」としか答えません。

一方で、リディアの定期検診でもお腹の子は”順調に育っている”と言われます。

しかし、セリーナは様子が変わってしまったオブフレッドが気になり、禁煙も重なったことでイライラしています。

同じ頃、フレッドもニックのことをどこか怪しむようにようになっていました。

セリーナから「ニックは次女の事を心配している」と聞き、ニックへの疑いは確信に変わります。

スポンサーリンク

コロニーでの生活

ジャニーンは、子供を危険に晒した罪、自身をも自殺しようとした罪でコロニーに送られ、オブグレンと行動を共にします。

コロニーでは、汚染により毎日誰かが亡くなるほどの過酷な状況下で、オブグレンは絶望に暮れていましたが、ジャニーンはどこか希望を持っているようでした。

それは、自分自身が神に二度も助け命助けられた事から、コロニーでの生活にも意味があると考えていたからなのです。

コロニーで、1組の女性同士のカップルを見かけたジャニーン。

しかも、そのうち1人の女性は環境悪による重病を患っていました。

ジャニーンはそんな彼女たちのために、ささやかな結婚式を計画します。

みんなに祝われて幸せそうなカップルを見たオブグレンは、ジャニーンを離れた場所に連れていきました。

「見つかったら酷い目に合う。私たちは牛と同様で、ここで死んでいくだけ」と、オブグレンはジャニーンを責めますが、ジャニーンは「牛は結婚しない」と返します。

スポンサーリンク

心身ともに病んでしまったオブフレッド

どんどん心を閉ざしていくオブフレッド。

周りも彼女の事を心配していたある日のこと。

オブフレッドは、トイレで自分が出血していることに気がつきます。

胎児への影響が気になりますが、彼女はその事を誰にも報告せず、何事もなかったように生活を送り続けました。

オブフレッドのことが心配になったニックは、セリーナに「オブフレッドは精神的におかしくなっている。専門家に見せるべきだ」と言います。

しかしセリーナは「本人が望んでいない」という理由で、医者に診せるのを拒否したのです。

大いなる祈りの祭典

感謝祭の日、大いなる祈りの祭典が開かれました。

その日は、ギレアド共和国を守っている守護者達をたたえる日。

みんなの前に守護者達が登場し、その中にはニックもいました。

ギレアドは、彼らに感謝の意を表し花嫁を与えます。

大いなる祈りの祭典とは、守護者達の結婚式でもあったのです。

花嫁は、真っ白なベールで顔を隠しており、守護者たちはベールを上げなければ花嫁の顔を見ることは出来ません。

守護者たちは指輪の交換を終えると、花嫁のベールを上げ初めての対面となります。

思いもよらない出来事で動揺を隠せずにいるオブフレッド。

フレッド・ウォーターフォード司令官は、その様子を横目で見ていたのです。

ニックの苦悩

祭典が終わり、帰宅したウォーターフォード夫妻は、ニックとニックの妻と一緒に結婚を祝うことに。

その席にはオブフレッドもいましたが、すぐに席を外すように言われ部屋に戻ります。

部屋に戻ったオブフレッドはかなり出血していました。

しかし、オブフレッドはそれほど気にする様子もなく、窓際に座り考え事をしていました。

1階ではフレッドがニックに「これでお前も1人前になった。ギレアド共和国は家族に重きを置いている」と、釘を刺すようにいいます。

実はフレッドは、オブフレッドとニックを引き離すため、わざと彼に妻を与えたのです。

ニックはジューンのことを心配しながらも、どうにもできない現状に悩んでしました。

しかし、フレッドの部屋を出て自分の部屋に向かう途中、背後で何か物音が聞こえます。

音がした方に向かっていくとそこには、下着姿のオブフレッドが倒れていたのです。

目覚めたジューン

オブフレッドは病院で目を覚ましました。

付き添っていたセリーナは、オブフレッドが目覚めたことを喜び、ドクターを呼びにいきます。

オブフレッドはお腹に手を当て、子供が無事だと分かると「たくましい子供だね」と言いました。

隣の部屋から監視されていることに気がついたオブフレッドは、布団の中に潜り込み、お腹の赤ちゃんに向かって話しかけます。

「ここではあなたを育てない。彼らにはあなたを渡さない。あなたと一緒にここから逃げるわ」と。

オブフレッドは、もう1度ギレアド共和国から逃げ出すことを決めたのでした。

『ハンドメイズテイル』シーズン2全話ネタバレは下のリンクからご覧頂けます。
https://cinemabox.biz/handmaidstale_season2_all/

ドラマ『ハンドメイズテイル』シーズン2第5話の見どころと評価

完全に心が折れてしまったオブフレッドは、ほとんど誰とも会話をしません。

自分が出血しているにも関わらず、対処しようともせず、完全に気力を失っていました。

このまま完全降伏してしまうのかと思われましたが、ニックの結婚式あたりから、自分自身を取り戻しています。

その時のオブフレッドの目には、彼に対する感情があったようにも見えますし、唯一の味方を失った絶望感すら感じさせました。

絶望感に押しつぶされそうになったオブフレッドを、再び奮い立たせたのはお腹の中にいる赤ちゃん。

出血を放っておいても、雨にうたれても、どんな過酷な状況下でも生き抜いた小さな命。

その子の存在が、オブフレッドを強くしたのではないでしょうか。

自分のせいで犠牲になったたくさんの人々のためにも、カナダに亡命し再び”自由の国アメリカ”を取り戻すこと、これが彼女が背負う大きな課題になっているような気がしますね。

後ろ盾を失ったオブフレッドは、こまれでとは違い、さらに慎重の行動していくことでしょう。

いずれにしろ、今後の展開は目が離せません!



    PAGE TOP