松坂桃李時代劇初主演決定!映画『居眠り磐音』あらすじやキャストは!?

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
蒼織

蒼織

ドラマや映画ネタをほぼ毎日書いています。 過去作品の映画ネタはブログにて更新。
Pocket

2019年に公開が決定した映画『居眠り磐音』に、松坂桃李が時代劇初主演することが決定した。佐伯泰英の同名小説を原作に、時代劇史上”最も優しい浪人・坂崎磐音役”を演じるとのこと。

映画『居眠り磐音』

『居眠り磐音』の作品概要

映画『居眠り磐音』の原作は、シリーズ累計2000万部を突破した佐伯泰英原作による時代小説。

全51巻が発売され、2007年にはNHKによってドラマ化された。

また2019年には『居眠り磐音 決定版』が発売されることも決まっている。

スポンサーリンク

映画『居眠り磐音』あらすじ

昭和9年(1772年)。

坂崎磐音は3年間の江戸勤番を終え、幼馴染と共に故郷・九州の豊後関前藩に帰ったが、早々に事件が起こり2人の友を失ってしまった。

祝言を控えた許婚を残し、磐音は江戸に向かい浪人として”金兵衛長屋”で長屋暮らしをすることになる。

馴れない浪人生活を送りながら、磐音は昼は鰻裂き、夜は今津屋という両替商で用心棒をして収入を得ていた。

スポンサーリンク

『居眠り磐音』キャスト&スタッフ

映画『居眠り磐音』の主人公・坂崎磐音役を演じるのは、映画『不能犯』や『娼年』、ドラマ『この世界の片隅に』などに出演した松坂桃李。

(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会

長身で笑顔の優しさが特徴の、現代の映画界を担う役者の一人である。

監督は映画『ゲゲゲの鬼太郎』や『超高速!参勤交代』を手がけた本木克英。

脚本は、NHK大河ドラマ『平清盛』の脚本を務めた藤本有紀が担当することに決定している。

松坂桃李からのコメント

映画『居眠り磐音』に主演することが決まった松坂桃李から、このようなコメントも届いている。

僕が演じた坂崎磐音は穏やかで静かな空気を纏(まと)いつつ心の奥底に青い炎を燃やしている、そんな男です。
年寄り猫のような磐音、彼の中で時間がゆっくり流れているような。
クランクイン前に殺陣や所作に加えて、鰻捌きの練習をしてきましたが、非常に難しく心が折れそうになりました。
本木監督はじめ、アクションチーム、京都のスタッフさん、共演者の皆様に支えていただき、何とか最後まで演じきることができました。
幅広い世代の方に楽しんで頂ける作品になっていると思いますのでよろしくお願いいたします。

これまで様々な映画やドラマに出演してきた松坂桃李だが、時代劇初挑戦ということで厳しい闘いもあったようだ。

しかしながら、時代劇史上最も優しい浪人というキャッチフレーズの役柄は、穏やかな彼の人柄だからこそ演じられるのかも知れない。

『居眠り磐音』映画情報

『居眠り磐音』
2019年5月17日(金)全国公開
監督:本木克英
原作:佐伯泰英『居眠り磐音 決定版』
主演:松坂桃李
脚本:藤本有紀
製作:『居眠り磐音』製作委員会

画像出典:公式サイト

公式ツイッター:https://twitter.com/iwane_movie

公式Facebook:https://www.facebook.com/iwane.movie/



    PAGE TOP