ドラマ『獣になれない私たち』第5話ネタバレ解説と視聴率 ガッキーの鼻歌が怖いと話題!?

スポンサーリンク
Pocket

『獣になれない私たち』第5話ではついに晶と朱里が対面します。果たして晶と朱里は何を話すのか!?が見どころですね。他にも今回、晶が壊れてしまった!? とネットでも話題になる出来事がありました。今回は『獣になれない私たち』5話のネタバレ解説をお伝えします。

ドラマ『獣になれない私たち』

5話あらすじ

晶と朱里が対面!

京谷の自宅を訪れた深海晶は家に居座っている長門朱里と対面した。そして晶は朱里に単刀直入に聞いた。

晶「出ていく気はある?」

朱里「ないって言ったら?」

晶「別れます。」

朱里はやはり出ていく気はないようだった。

それどころか朱里は晶にあなたはなんでも持っているからいいじゃない。

そしてしまいには「あんたなんて、大嫌い!」と暴言を吐いたが、晶は怒ることなく帰っていった。

一方、晶たちの行きつけの店の5tapでは、恒星が京谷に晶と一夜を共にしたかのような発言をして殴られていた。

「すいません。大丈夫ですか?つい…」という京谷

恒星「つい?その言葉便利ですね。」

京谷「僕にはあなたを殴る資格はありませんでした。」と反省した様子で店を出る。

晶がマンションを出るとき、雨が降っていた。

帰ろうとするとなんと、同時に京谷も帰ってきた。

2人はほんの偶然で気づかずにすれ違ってしまったのだ。

『獣になれない私たち』第4話ネタバレ解説と視聴率 ガッキーのラブシーンが色っぽい!?
今回は水曜ドラマ『獣になれない私たち』(けもなれ)の第4話についての解説と視聴率です。この第4話では、主人公の深海晶の恋...

晶の鼻歌

その日から深海は、職場でさらに人一倍仕事をしていた。

常に笑顔で、どんな要望も聞く深海を同僚は不思議そうに見ている。

ある日の帰り道、晶は恒星を見つけてと笑顔で話しかけた。

「この間はどうも。」

先日のことがあってか恒星は「気まずいな。」とつぶやくが、晶は5tapによらずに鼻歌を言いながら帰っていった。

その後ろ姿を恒星は「またきもいな…」とつぶやく。

ある日、晶は同僚と別れた後、社長に頼まれた写真を撮り終えると、京谷の母に電話をかけた。

その電話で、京谷の母親は結婚した旦那の思い出を語った。

その話を聞いた晶は「どんなにつらい事があっても乗り越えられますか?」と涙目になりながら尋ねると「もちろん!」と答えた電話が終わった。

晶はスマホを下ろすと「ダメだ。堂々巡りだ。」とつぶやく。

一方、京谷はゲームに夢中な朱里に話しかけた。

「俺、この家お前にあげる。俺は出ていく。ローンとかは俺が払うから心配しないで。」と言い出ていくと、朱里は外まで追いかける。

「彼女のとこに行くの?」

「とりあえずはウィークリーマンション。俺振られるかもしれない。そうなっても俺は帰らない。」と言うと京谷は去っていった。

朱里が部屋に戻ると、ゲームのエンドロールが流れていた。

「終わっちゃった。」

晶がまさかの行動!

その頃。

京谷から晶に「今家?会えない?」とラインがくる。

それを見た晶は5tapに入るか、帰るかを悩んでいた。

そこに偶然恒星がやってきて、「今、京谷に会うと許しちゃって、堂々巡りになる。」と事情を説明する。

すると京谷がやってくるのを見た晶は、「付き合って一瞬。」と恒星にキスをした。

それを見た京谷は道を引き返していく。

晶がようやくキスをやめ「深く考えないで。」と言う場面を、呉羽が複雑な面持ちで見つめていた。

スポンサーリンク

『獣になれない私たち』感想まとめ

京谷と晶

完全に晶と京谷の関係も終わりを迎えそうですね。

こうなった原因をたどると、呉羽が京谷と一夜を共にしたのが原因で、それを考えると少しやるせない気分になります。

また最悪、一夜を共にしても晶にバレなければ、二人の恋は平和に続いたでしょう。

それを呉羽が晶に「京谷、たいしたことなかったよ。」と言ってしまいました。

この発言が原因で二人の破局が決まったといっても過言ではありません。

これから二人は本当に別れてしまうのか気になりますね。

5話の視聴率は!?

さて、今回の5話の視聴率は8.3%でした!

このドラマの第1話の視聴率は11%といい数字でしたが、その後は少し下がっているもののこのままキープしていけば大丈夫でしょう。

やはり、主演がガッキーであるということや、出演キャストが豪華であるということが大きいと考えられます。

このドラマの最終回の視聴率がとても気になりますね。

ガッキーの鼻歌が怖い!?

第5話では、深海晶役のガッキーの鼻歌が怖いとネットで話題になっています。

晶が朱里の元を訪れて、話を聞いても「この家は出ていかない。あんたなんか大嫌い!」と言われてしまい、京谷の事でどうしようもなくなってしまいます。

また職場でも頼られている晶はしだいにおかしくなっていきました。

いつも以上に頼られる膨大な仕事を前に晶は童謡の「幸せなら手を叩こう」の鼻歌を歌い始める。

その膨大な仕事を乾いた笑顔で淡々とこなしていく。

脳内では「幸せなら手をたたこう パンパン」と暗闇の中で再生される場面があった。

このちょっと不気味な晶を見た視聴者からゾッとしたなどと話題になっています。

たしかに少し不気味で晶がついに壊れてしまったのか!?と思いましたね。

スポンサーリンク

『獣になれない私たち』第5話のまとめ

いかがだったでしょうか『獣になれない私たち』第5話でした。

この5話で晶と京谷の距離はさらに遠くなってしまい、もはや修復不可能な場面まで来てしまったようです……。

これから晶の恋愛などがどうなっていくのか、気になるところですね。

視聴率も決して悪い数字ではないので今後の伸びに期待です!!

以上『獣になれない私たち』第5話でした。



    PAGE TOP