『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話 逆転劇からの大逆転は意外にも!?

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
Pocket

米倉涼子主演のリーガルドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話では、逆転勝利を収めた裁判の後に、大逆転というシナリオが待っていました。観るべきところは裁判シーンだけじゃない!? 京極弁護士事務所管理人・小鳥遊翔子の鋭いツッコミが炸裂した第2話の感想と見どころ。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』

まずは、2話の話の流れから。

大企業「太陽製紙」の元取締役の永島美鈴(斉藤由貴)が、京極弁護士事務所に弁護を依頼してきました。

© tv asahi All rights reserved.

その内容は、部下3人からパワハラを訴えられたことによる不当解雇に納得がいかなかった永島が、会社に損害賠償を求めるというもの。

小鳥遊は、勝ち目のないと察し、一度は断ろうとするものの、賠償金が3億と聞いて飛びつきました。

永島の指名により、青島が弁護を引き受けることに……。

一方で、事務所のボス京極は相手側の弁護をする「Felix & Temma法律事務所」を訪れた際、パワハラの証拠となる録音テープを聞かされます。

テープには、永島が部下を罵倒している声が録音されており、証拠が十分揃っていることもから、「京極弁護士事務所」の面々は早くも敗北を感じ始めていました。

ところが、小鳥遊だけは「何かがおかしい」と録音テープの内容に納得できずにいたのです。

© tv asahi All rights reserved.

小鳥遊は、事務所メンバーに調査を指示。

永島と親しかった太陽製紙の城野を証人として確保するも、裁判当日に城野は法廷に姿を見せなかったのです。

その日に夜、小鳥遊は城野を待ち伏せして理由を訪ねますが、城野は「怖くなった」だけだと答えます。

しかし、その堂々たる態度から小鳥遊は、城野と永野の間に何かがあると睨んだのです。

スポンサーリンク

2話の注目すべきツボ!

小鳥遊が見ているのは裁判の行方だけじゃない

小鳥遊が見ているのは裁判の行方だけではなかったですね。裁判の流れを掴むのはもちろん、永島のショットした仕草から何かを感じ取る洞察力やは、只者じゃないです。

ただのリーガルドラマではない、まるで事件の行方を追う敏腕刑事並の推理力は見ている方も考察意欲が湧きます。

少なからず裁判にも影響を与えた今回の永島の言動は、城野に好意を抱いているだけかと思われましたが、もっと陰湿なものでした。

裁判だけではない、人間性にも目を向けているということも、共感を得ているのかもしれません。

逆転劇からの大逆転!?

小鳥遊が、金に目がくらんで引き受けた裁判でしたが、弁護を依頼してきた永島が、実は自身も加害者の立場だったという意外な展開。

彼女がなぜ、城野の「将来」を心配して証言を拒んだのか、その理由は単なる恋人関係にあると思いましたが、実際は城野の恋人にパワハラをしていたという事実。

しかも、永島は弁護士の力を借りて会社に非を認めさせたものの、自身の罪については全く認めようとしない。

謝ってくれればいいという城野の恋人に「謝らないわ。お金で解決して」とは……。

城野の恋人に対して謝るのは、プライドが許さない、それだけは譲れないという強い意志の表れですね。

裁判でもパワハラでも、自身の身を最後まで守りぬいた永島。

さすがの小鳥遊でも、永島に頭を下げさせることは出来なかったですが、「すべて金で解決」というハッキリとした結末は、割り切って見ればと意外にスッキリでした。

犯罪者ならではの才能!?

京極弁護士事務所に面々は、弁護士はもちろん横領やストーカーなどの犯罪者がパラリーガルを務めています。

そういった”特別”な才能を生かした調査方法も本作の見どころのひとつ。

先日結婚した、三浦翔平が現役ホスト役で出演し、チャラいながらも口八丁手八丁で調査したり、事務所内でのムードメーカーとしても引き立っています。

2話では、元ストーカー犯罪者の馬場(荒川良々)が、ストーカー経験を生かした尾行で調査を進めていました。

”個性的”な人物を法に関わらせる、通常のリーガルドラマとはちょっと違うのも面白いところ。

今回は、元ストーカー犯罪者が役立ちましたが、次は横領に手を染めた元銀行員・伊藤(安達祐実)の活躍の場があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』を観た感想

主人公演じる米倉涼子は『ドクターX』の印象が強く、今回のドラマでも大門未知子色が強いのか?と言われていましたが、逆転の発想で米倉涼子だからこその役柄だったのではないかと……。

強くてちょっと不可思議な元弁護士として、米倉涼子のイメージがピッタリだったのではないかと思います。

『ドクターX』のイメージを払拭する必要は無く、米倉涼子そのままの演技が求められたと考えれば、特に大門未知子と小鳥遊翔子を比較する理由は無いのではないかと感じました。

シリアスなリーガルドラマではなく、コメディリーガルっていう感じで、重苦しくなく逆に爽快感のあるドラマなのでおすすめですよ。

3話の動画公開!次回のストーリーもネタバレ!

3話では、京極法律事務所の親睦会で、キャンプに訪れた先でヤメ検弁護士の大鷹と出くわします。

ところが、このキャンプ場は2ヶ月前にある女性の撲殺死体が見つかった場所。

その後、被害者の夫には愛人がおり、妻が殺された当日も夫婦は一緒にキャンプ場を訪れていたことが判明しました。

しかも、夫は妻に多額の保険金をかけていたことから、殺人容疑で逮捕されてしまったのです。

状況証拠から言い逃れがでないにも関わらず、なんと浅野は「自分は先に帰って、新宿で愛人と会ってた」と、自身の無罪を主張しました。

そんな浅野の弁護を引き受けつつも、調査に行き詰っていた大鷹に、小鳥遊はある条件つきで弁護協力を引き受けることにしたのです。

© tv asahi All rights reserved.

「裁判で勝訴したら、”京極弁護士事務所”の調査協力を大々的に宣伝する」

小鳥遊は、早速事務所メンバーに調査を指示しますが、当の浅野の記憶はいい加減で嘘ばかり。

© tv asahi All rights reserved.

しかし、たったひとつ無実を証明できる鍵となることを思い出したのです。

「新宿で高校時代の教師・蟹江光晴が夫婦でいるところを見かけて会釈した

浅野が新宿にいたことを示す、重要な証拠となるはず。

しかし、蟹江夫妻は新宿には行っていないと言うのです。

アリバイも無く、証言も得られなかった浅野の弁護に、大鷹は頭を抱えてしまいます。

そして裁判当日。

浅野から、意外な供述が飛び出したのです。

続きは10月25日(木)21:00~の『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第3話で!



    PAGE TOP