『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』8話解説と視聴率 最終話に向けた急展開で何が起こる!?

Pocket

物語が一気に加速し、急展開を迎えたドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』第8話では、小鳥遊翔子が弁護士資格を失った理由が明らかに!天馬、そして小鳥遊をも巻き込んだあの事件の真相とは!?『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』の8話考察と解説をお届けします。

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子 (出典:Amazon)

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』8話あらすじ

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』第7話感想 小鳥遊を潰しに掛かる天馬と直感を信じる小鳥遊の決着も間近?
私・弁護士資格無いのでのキャッチフレーズで人気のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』第7話が放送されました。結婚詐...

京極法律事務所解散の危機!?

京極法律事務所では、7話での集団訴訟勝訴により念願の「行列のできる法律事務所」になっていました。

そんな中、小鳥遊翔子は1年前の市瀬(夙川アトム)殺人事件で実刑判決を受けた、守屋至と久々に面会します。

彼の証言に不自然さを感じていた小鳥遊は、事件に隠されている何かを突き止めようとしていたのです。

そんな矢先、弁護士協会から業務停止処分寸前に警告書が届きました。

全ては、Felix & Temma法律事務所の代表・天馬の差し金。

小鳥遊の行方知れずになったことから、京極法律事務所は解散の危機に直面したのです。

あの殺人事件の真相の裏に隠されていたものは!?

青島弁護士は、守屋のことを小鳥遊に任されており、度々守屋に面会しに行っていましたが、守屋は事件について一向に語ろうとしないまま、時だけが過ぎていったのです。

ところが、行方をくらましていた小鳥遊が、実は守屋の妹を捜していたことが発覚。

彼女の話によると、大学を中退せざるをえなくなり、バイト先で知り合った彼とも破局。

偽名を使い、旅館の見習いとして中居をやっていたのです。

妹が幸せに暮らしていると誰かに知らされていた守屋は、小鳥遊から事実を聞かされ大きなショックを受けました。

もう隠す必要も、誰かを庇う必要もない…と、守屋はあの殺人事件の真相を小鳥遊に話したのです。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』8話ゲスト

大峰聡役/速水もこみち

NPO法人「貧困を救う会」代表の大峰聡。

自身の経験から会を発足し、食事や就労を提供してきましたが、裏では暴力団関係者との繋がりも深い。

Felix & Temma法律事務所の代表・天馬壮一郎とも繋がりがあり、2人の関係が示唆されるところです。

守屋至役/寛一郎

1年前に、NPO法人の幹部・市瀬を殺害し実刑判決を受けました。

自身も殺害は認めていることから刑が確定したものの、事件の詳細については一切語ろうとしません。

たった一人の肉親である、妹のことだけを考えている優しい青年。

守屋未久役/久保田紗友

守屋至の妹で、大学で法律を勉強していたものの、兄の事件が原因で大学を中退。

彼や友人も離れてしまい、偽名を使って旅館の中居見習いをしていました。

8話の解説と考察

1年前の事件の真相

事件の真相は、良心をなくした守屋至と妹の未久はNPO法人「貧困を救う会」に救われました。

NPO法人「貧困を救う会」の代表・大峰聡(速水もこみち)は、真面目で一生懸命取り組む至を見て、ある相談をもちかけたのです。

大峰に呼び出された至は、「貧困を救う会」の幹部だった・市瀬の殺害を命じられていました。

その際、小鳥遊の弁護士免許剥奪の原因ともなった、暴力団関係者も関与していたことも発覚。

京極法律事務所の弁護士たちや、パラリーガルたちも一度は事務所を離れたものの、それぞれ守屋の事件について調査していたのです。

調査をまとめた結果、守屋は加害者でもあるが被害者でもあることが判明。

真実を暴いた小鳥遊は、再び裁判で争うことを決意します。

とはいえ、既に判決が下った裁判を再び審議することは不可能なので、小鳥遊は別の方法で”一番悪いやつ”を引きずり出そうと考えたのです。

やはり、小鳥遊が感じていた通り、事件の裏には何かが隠されていましたね。それも、天馬が関係していると言えるようなことばかりでした。

天馬と大峰聡の関係は?

天馬と大峰の間にはどんな関係があるのでしょうか。

調べによると、大峰の母と天馬は大学の先輩後輩という関係だったことが分かりました。

年齢が2歳違いということや、天馬が大峰と深い関係があるということで、天馬は大峰の父親という線も考えられます。

考察ポイント

・当時、大峰の母と天馬は恋仲にあったものの、大峰の母は妊娠したまま別れた。

・出産して数年後に死亡していたため、天馬は彼女が出産したことを知らない。

・小さかった大峰は、母の死後貧しい暮らしをしていた。

・天馬が息子の存在に気づいて力になる。

こんな流れだとすれば、確かに市瀬殺人事件の責任をすべて守屋に被せ、事件自体を葬りたくなるのは無理もありません。

それとも、ここでミカド通信の我妻会長が関係しているのか?という線もありますよね。

いずれにしろ、小鳥遊があの殺人事件の真相を掴もうとしたこと自体、天馬にとって不都合な事ばかりだったと言うことでしょう。

海崎が天馬に不信感を抱く?

天馬が手を回して、京極法律事務所に警告書を送ったようですが、この件に関して海崎が天馬に不信感を抱いたようですね。

何だかんだと言い訳をつけ、小鳥遊の動きを封じようとする天馬に、海崎は何か裏があると察したようです。

天馬はとにかく、守屋の事件を探られるのを避けようとしています。

海崎からすれば、なぜそこまで小鳥遊を目の敵にするのか?と不思議に思うはず。

海崎は、小鳥遊が暴力団関係者と接触したことを責めていましたが、天馬がどうしても隠したい事件詳細に関しては知らなかったようです。

元々、小鳥遊は天馬の元で弁護士活動をしていましたが、名目は「暴力団関係者」と接触したことによる弁護士免許剥奪。

裁判を引き継いだ白鳥ですら、単なる殺人事件としてしか知らない様子。

白鳥の気転で、天馬と大峰の毛髪検査を行ったようですが、そこに書かれているのは親子なのか、他人なのかも今後の行方を左右することになりそうですね。

最終的には、海崎や白鳥が真実を隠そうとするのか、それとも天馬の悪事を公表するのかも気になるところですね。

今回、小鳥遊は天馬を相手取り、弁護士資格剥奪に関する訴訟を起こしました。

天馬側は、海崎が弁護を行うようですが、弁護士会のドンと小鳥遊。

どちらが白旗をあげるのでしょうか……。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』8話を観た感想と視聴率

物語が目まぐるしく展開

最終話目前ということで、自体が目まぐるしく変化した回でもありました。

小鳥遊が、弁護士資格を剥奪された経緯もハッキリしたこと、天馬と守屋が1本の線でつながったことなど、ほとんどの謎が解明されました。

物語の裏で平行して動いていたもうひとつの事件。

最終話は、殺人事件を解明するとともに、小鳥遊が弁護士資格を取り戻すという判決で終わるような予感がしますね。

そして天馬も失脚……。

そういうことであれば、今度は元弁護士ではなく弁護士としての小鳥遊を見たいので、続編を熱望したいですね。

また、小鳥遊は”お金”に執着しているように見せかけて、実は正義を貫いていただけ。

確かに、お金に目はないものの個人的に金欲が強いわけではなく、弱者を守るためには単に資金も必要だということなのでしょう。

8話の視聴率

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』8話の視聴率は13.4%でした。

前回の14.2%からさらにダウン。

やはり、元弁護士というのが影響しているのか…。

2桁をキープしているとはいえ、ここに来てのダウンはかなり痛いですね。

ただ最終話では、天馬の悪事を暴くこと、小鳥遊と天馬の直接対決という大きな見せ場があるので、復活する可能性は十分にありますね。

ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』の公式サイトから、次回の予告動画やあらすじをご覧頂くことができます。

木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』|テレビ朝日
2018年10月11日(木)スタート!毎週木曜よる9:00~木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』公式サイト。スキャンダラスな“元”弁護士が弱者を救う!?米倉涼子、“新作”主演連ドラに挑む!!
    PAGE TOP