Netflixドラマ『ロスト・イン・スペース』シーズン1:1話ネタバレあらすじ!事故か故意かロビンソン一家不時着の謎!

スポンサーリンク
ロスト・イン・スペース
The following two tabs change content below.
Pocket

『ロスト・イン・スペース』作品情報

【公開】
2018年(Netflix

【原題】
Lost in Space

【キャスト】
モリー・パーカー、トビー・スティーヴンス、マックス・ジェンキンズ、テイラー・ラッセル、ミナ・サンドウォール、パーカー・ポージー

スポンサーリンク

ドラマ』ロスト・イン・スペース』あらすじ

ロビンソン一家はジュピター2号に乗船し、目的の星に向かう途中、正体不明の物体がジュピター2号を直撃。目的地から大幅に軌道がそれてしまいました。不時着したのは見知らぬ星の氷河。ジュピター2号は氷に覆われた水中に落下し、一家は宇宙船から脱出しました。しかし、沈みかけた宇宙船を引き上げるには船内にある補給電池が必要不可欠。

入り口が狭いため、父ジョンは末っ子のウィルに取りに行くよう言いますが、ウィルが躊躇したため長女ジュディが取りに行くことに。時間が迫りつつある中、ジュディは迂回しながら大きめの入り口から船内に潜りました。

補給電池を手にしたジュディは、急いで上にあがろうとしましたが、気温が一気に下がり彼女はそのまま氷の中に閉じ込められてしまいます。

体温は宇宙服で維持出来るものの、酸素は4時間しか維持できない。一家は何とかして救出を試みるも、ただ時間が過ぎるだけ。

そんな時、遠くで起きている爆発を見たウィルが、「爆発しているのはマグネシウム」だと気づく。

マグネシウムがあれば氷を爆破してジュディを助け出すことが出来ると、ジョンはウィルを連れ、数キロメートル離れた場所までマグネシウムを採取しに向かいました。

ふたりは長い道のりを急ぎ、やっとのことで爆発していないマグネシウムを採取。しかし、戻ろうとしたその瞬間に爆発しウィルが洞穴に落下してしまいます。

落下したウィルが着いたところは、緑が広がる森のような場所でした。ジョンはウィルに声を掛け無事を確認すると「ジュディには時間が無い、後で助けに来るから動かずに待っているように」と言います。

ウィルは心細いながらも待ち続けることにしました。座っていると何か物音が聞こえて逃げ出すウィル。その先に、不時着している別の宇宙船を発見しました。恐る恐る近づくと、足だけになったロボットが追いかけてきました。

ウィルは必死になって走り、木の上に逃げました。しかし、足だけロボットも木の下に…。「何で足だけしかないのにボクの居場所が分かるの?」と思い後ろを向いた瞬間、ロボットの上半身がウィルの後ろにいたのです。

ロボットの顔は赤くなっており、いまにでもウィルに襲い掛かろうとします。その時、爆発により森が炎に包まれ、ウィルのいる木のふもとまで押し寄せてきました。

火に囲まれ慌てているロボットの足を見たウィルは、上体を下ろしてあげれば元に戻るだろう、キミも犠牲になる必要は無いといい、ロボットの上体を落下させました。

するとロボットは、1体となりウィルを救い出し先ほどまで赤くなっていた顔は白く変わりました。それからロボットはウィルの命令だけを聞くようになり、彼を守るようになったのです。

スポンサーリンク

ドラマ『ロスト・イン・スペース』1話を観た感想

ウィルがロボットを助けたからロボットは命令に従っているのか、それとも不時着した際に記憶を失っているのか、それとも何か違う理由があってウィルを守っているのか・・・。

ウィルたちがいるこの星は、氷河や森、砂漠などがあり、ほんの数キロ違うだけで景色が一変する不思議な星。未知の生物や危険な生物も生息しています。

ただ、この惑星に不時着したのはロビンソン一家だけではなく他のジュピーターも何隻か不時着していますし、ロボットの宇宙船も同じような状態でした。何か強大な力が働いて軌道がそれてしまったのか、それとも意図的なものがあるのか…。

家族や仲間の絆も色濃く描かれているので、単なるSFドラマというだけではなさそうです。また、ロボットとウィルの今後の関係にも注目してください。

『ロスト・イン・スペース』はNetflixでご覧頂けます。壮大なスケールと映画並の美しい映像をご堪能ください。

   作品情報『ロスト・イン・スペース』【配信】Netflix【キャスト】モリー・パーカー、トビー・スティーブンス、マックス・ジェンキンズ、テイラー・ラ...

画像出典:Netflix公式サイト

iphoneまたはipadでNetflixをご利用になりたい方はコチラ↓からダウンロードも可能です。

Netflix – Netflix, Inc.



    PAGE TOP