米ABCがマーベルヒロインの新ドラマ製作を決定!登場キャラクターを予測!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
蒼織

蒼織

ドラマや映画ネタをほぼ毎日書いています。 過去作品の映画ネタはブログにて更新。
Pocket

『エージェント・オブ・シールド』を製作した米ABCが、マーベルヒロインのドラマを製作することが分かりました。米ABCは『ワンダーウーマン』を手がけたアラン・ハインバーグに脚本を依頼したとのことで、アメリカでも大きく取り上げられています。今回は、公開されている情報から、製作経緯や登場するヒロインを予想してみましょう。

https://www.instagram.com/p/BkrDPKjnhm5/?utm_source=ig_web_copy_link

【米ABC】マーベルヒロインでドラマ化!

ヒロインドラマの製作経緯は!?

©Marvel

女性だけの『アベンジャーズ』を思いついたのは、『マイティ・ソー』でヴァルキリー役を演じているテッサ・トンプソン。

テッサは、同じくマーベルのヒロイン役を演じている女優たちと、シネマティック・ユニバースのプロデューサー・ケヴィン・ファイギに直訴したとのこと。

直訴したのは、ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソン、キャプテン・マーベル役のブリー・ラーソン、ワスプ役のエヴァンジェリン・リリー、オコエ役のダナイ・グリラ、ガモーラ役のゾーイ・サルダナ、マンティス役のポム・クレメンティーフ。

なんと、彼女たちが直訴した企画が面白いとケヴィン・ファイギが承諾。

何十本も映画を製作しているシネマティック・ユニバースでは、映画化するのはタイミングが難しいはず。

ならばということで、ドラマ化になったのかは不明。

いずれにしろ、女だけアベンジャーズは初めての試みということで、ファンも期待を寄せているに違いないでしょう。

すべてのヒロインが登場するとは思えませんが、一体どのヒロインが出演するのかを推測します。

スポンサーリンク

ドラマに出演するヒロインを予測!

© ABC Studios & MARVEL

まず、ケヴィン・ファイギの直訴に同行したヒロインは、出演する可能性が高そうですね。

ヴァルキリー、ブラック・ウィドウ、ガモーラ、キャプテン・マーベル、オコエ、ワスプなど……。

ドラマの展開としては、特殊能力を持つヒロインを中心とした1時間ほどのストーリー。

特殊能力といえば、米ABCが製作している『エージェント・オブ・シールド』にもインヒューマンズと呼ばれているデイジー”スカイ”ジョンソンやヨーヨーなども、特殊能力の部類に入るはずです。

もしかしたら、これまで関わりを持っていなかったヒロインたちの、夢の共演という流れもあるかもしれませんね。

ただ、マーベルには数多くのヒロインが登場しており、ドラマの内容によっては一握りのヒロインしか出演できない可能性もあります。

しかし今回、今まで陽の当たらなかったヒロインが主演に選ばれるという可能性もあるとの事で、期待に胸が膨らみますね。

スポンサーリンク

マーベルヒロインドラマの放送はいつ?

© 2018 Marvel

マーベルのヒロインだけで製作するという新ドラマに出演するヒロインやストーリー、放送日などの詳細は、現時点ではすべてにおいて不明です。

公開されているのは、1時間ドラマであるということと、中心となるヒロインは、陽が当たらなかったキャラクターになる可能性もあるということです。

なお、詳細が公表され次第お伝えします。



    PAGE TOP