『メイズ・ランナー:最期の迷宮』あらすじネタバレ!|後半は銃撃戦・大爆発のド迫力映像!

スポンサーリンク
メイズランナー最期の迷宮
The following two tabs change content below.
Pocket

シリーズ最終作となる『メイズ・ランナー:最期の迷宮』では、主人公ディラン・オブライエンの事故により一時撮影が中断し、待ちに待ったなかでの公開となりました。シリーズ全作の監督を務めたウェス・ボール監督によると、本作ではたくさんの絆を描いているといいます。攫われたミンホを助けようとするのも絆、捕らわれた仲間を助け出そうとするのも絆。そして、死んだはずのあの”仲間”が生き延びていたとも…。さて、いよいよ『メイズ・ランナー:最期の迷宮』後半のネタバレをお伝えします。

『メイズ・ランナー:最期の迷宮』作品について

【公開】
2018年6月15日(金)

【監督】
ウェス・ボール

【キャスト】
ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラリオ、 トーマス・ブロディ=サングスター、デクスター・ダーデン、ナタリー・エマニュエル、ジャンカルロ・エスポジート、エイダン・ギレン、ウォルトン・ゴギンズ、キー・ホン・リー、キャサリン・マクナマラ、ウィル・ポールター、 バリー・ペッパー、ローサ・サラザール、パトリシア・クラークソン他

スポンサーリンク

『メイズ・ランナー:最期の迷宮』(後半)あらすじネタバレ

観たことが無い方や、これまでの展開を復習したい方は以下の『2分でわかるメイズ・ランナー』の動画をチェック。

シティへの潜入とテレサとの再会

ブレンダとホルヘに助けられたトーマスたちは、彼らと共に何重にもなる高い壁で守られているシティを目指しました。

WCKDを取り囲むようにあるスラムでは、反乱軍が息巻いており、その中を掻き分けるように施設の入り口をさがすトーマスたち。

しかし、トーマスたちの首に埋め込まれているマーカーが彼らを検知し、ジャンソンはトーマスたちに向かって大砲を撃つよう命令します。

いくつもの巨大な大砲がトーマスたちに向けられ、逃げ惑うスラムの人々を交わしながらトーマスたちも走りました。

その時です、トーマスとブレンダを何者カの集団が拉致し、続いてホルヘたちも捕らえられて車に乗せられ連れていかれてしまったのです。

トーマスたちが連れて行かれたのは反乱軍の基地で、捕らえたのは1作目で亡くなったはずのギャリーでした。

トーマスやニュート、フライパンも驚きを隠せない状態。しかし、かつてギャリーの放った銃弾が仲間に当たり、死なせてしまったことが忘れられないトーマスは、ギャリーを殴ります。

ギャリーはあの時は混乱していた、後悔している。他に殴りたい奴はいるかと聞きました。

自分はローレンスという反乱軍のリーダーに救われてここにいる。施設の入り口を探しているなら協力できると、トーマスらとローレンスに引き合わせます。

ローレンスはフレア感染者で、投薬で進行を抑えていました。

そして、入り口は教えるが目立たないよう中に入れるのはギャリーを含めて3人と制限します。

同意したトーマスとニュートは、ギャリーの案内で施設の外側まで潜入しますが、ここはまだ入り口ではないとのことでした。

研究所内に入るには検査がある。首に植え込まれているマーカーで感知されてしまえば元も子もないというのです。

研究所は目の前にある、マーカーさえクリアしてしまえばミンホを助け出すことが出来ると、双眼鏡で研究室を覗いていると、そこにはテレサの姿がありました。

まずは内部を偵察ということだったので、一旦反乱軍の基地に戻ることにします。

テレサがいるのであれば彼女に協力させるべきだと、ギャリーがトーマスに提案しますが、トーマスはあまりいい顔をしません。

ニュートは、トーマスに「裏切った女なのにまだ好きなのか。本来の目的はミンホを救出することだろ」と攻め立てます。

トーマスはニュートの言葉に促されるようテレサに協力させることを承諾しました。

再びシティに潜入したトーマスは、わざとテレサに見える場所に立ち、人気の無い所に誘導します。

そのまま、トーマスとニュート、ギャリーはテレサを拉致して基地につれて戻ったのです。

ギャリーがテレサに協力するようにと指示し、テレサもトーマスの顔を見ながら同意し、まずはレーダーに反応させないためにマーカーを取り出しました。

TM © Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

その時、テレサはフレアに感染したはずのブレンダが元気な姿でいることを不思議に思います。

彼女は治療してどのくらい経つ?3ヶ月くらいとトーマスは答えました。

すると、3ヶ月なら必ずクランク化しているはずなのに、なぜ彼女は元気なのか…。

テレサは、かつてトーマスの血液で作った血清をブレンダに打ったことを思い出します。

そして、マーカーを取り出した時、血液が付着した布をポケットに隠しいれたのです。

ウイルスを消滅させる血清はこんなにも身近にあった

トーマスたちはWCKDの部隊と同じ服を着用し、顔もマスクで覆い正体を隠しました。テレサを護衛するように潜入し、ギャリーは捕らえられた若者たちの開放、ブレンダは若者たちを乗せるバスで待機し、トーマスとニュートはミンホを探します。

エレベーターで移動する際、ドアがしまるギリギリのところでジェンソンが乗り込んできました。

「ヤツ(トーマス)が近くまで来ている。何かあったらすぐに言ってくれ、友達として」と意味深な言い回しをします。

目的の階に到着したトーマスたちはテレサと一緒にエレベーターを降りますが、ギャリーは護衛がトーマスだと気づき、部隊を率いてやってきました。

追ってくるジェンソンを交わしながらミンホを探し、やっとの思いでミンホの元にたどり着きました。

ミンホは、研究者によって死の直前にさらされており、危機一髪で助けることが出来たのです。

しかし、ジェンソンの追い込みは激しくなる一方で、トーマスたちはある部屋の追い詰められてしまいます。

そこでトーマスは、部屋の窓ガラスを割り数十メートル下にあるプールに飛び込む作戦を実行しましたが、プールは部隊の兵士が待ち構えており万事休す。

ところが、ひとりの兵士が他の兵士を撃ち殺してしまいました。その兵士は、待ち合わせ場所に来ていなかったトーマスたちを心配して駆けつけていたギャリーだったのです。

その頃、反乱軍が壁を破壊しシティにはフレア感染者がなだれ込み、WCKDと反乱軍の銃撃戦も白熱し、建物は次々と爆破されていきます。

トーマスたちは隠れるように出口を目指しますが、途中でニュートが倒れこんでしまいました。ニュートの腕を確認したトーマスは、彼がフレアに感染していることを知りました。

ギャリーが若者を救出した際、一緒に盗んだ血清を取りに行ってほしいをミンホに頼み、ギャリーは自分が援護するとふたりで仲間の元を目指します。

ニュートはトーマスに「自分が自分でなくなる前に渡しておく。これを持っていて欲しい」と首飾りを渡しました。

トーマスは、ニュートを抱えるようにして近くの建物の中に入り、ニュートを横に寝かせます。

しかし、ニュートの症状は進んでおり時々クランク化してトーマスに襲い掛かるようになってしまったのです。

意識を取り戻す、クランク化するを繰り返しを続けた結果、ナイフでトーマスに襲い掛かります。

何とかニュートを救いたいと思っていたトーマスでしたが、争っている間にナイフがニュートを貫き死に至ってしまったのです。

その時、「トーマスの血液はウイルスの進行を遅らせるどころか、ウイルスを破壊する。人類を救うことが出来る。だから戻ってきて」とスピーカーから呼びかけてきたのです。

悲しみに打ちひしがれたままトーマスは、テレサの所に向かおうとしましたが、その途中でWCKDの責任者であるペイジに会います。

「自分がニュートを救えたというのは本当か」と尋ねるとペイジは、悲しそうな顔をしてうなずきました。

その瞬間、ペイジの胸を銃弾が貫きます。ジャンソンでした・・・。

ジャンソンがペイジを殺害し、トーマスに銃口を向けます。

後半2に続く
詳細をお伝えするため記事が長くて重くなっています。重くなってしまうので記事を3分割しておりますことをご了承ください。

前後半の記事はこちら

2018年6月15日公開の映画『メイズ・ランナー/最期の迷宮』のあらすじネタバレ!ジェームズ・ダシュナーの小説を原作としたSFスリラーを2014年に実写化。翌2015年には2作...

前半、後半1部で分割してお伝えしてきた映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』の結末をネタバレ!ニュートを失い、自分の血液でニュートを助けられると知らされたトーマ...



    PAGE TOP