映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』結末あらすじネタバレ!|ラストも仲間がひとり死ぬ!

スポンサーリンク
メイスランナー最期の迷宮
The following two tabs change content below.
蒼織

蒼織

ドラマや映画ネタをほぼ毎日書いています。 過去作品の映画ネタはブログにて更新。
Pocket

前半、後半1部で分割してお伝えしてきた映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』の結末をネタバレ!ニュートを失い、自分の血液でニュートを助けられると知らされたトーマスには、悲しみ以上の絶望が襲い掛かっていました。そして目の前でペイジが殺害され、その後ろにはジャンソンの姿が…。トーマスに向けられた銃口は火を放つのでしょうか…。

『メイズ・ランナー:最期の迷宮』(後半2)あらすじネタバレ

ことごとくトーマスに計画を邪魔され続けていたジェンソンは、トーマスに対する報復の念が溢れていました。

いつか絶対に殺してやるという勢いで、ジェンソンのターゲットはトーマス一人に絞られていたのです。

ニュートの死を打ちひしがれていたトーマスは、ジャンソンに抵抗しないまま麻酔薬を注射されます。

トーマスが目を覚ましたのは実験台の上で、両手足が拘束されている状態でした。

近くにはテレサもいて、トーマスの血液から血清を作っています。

ジャンソンは、「自分は血清を打つ第1号になる、お前を生かすかわりに見返りとして人類を救え」といいました。

テレサから血清を受け取ったジェンソンが打とうとすると、テレサが後ろからジェンソンを殴り気絶させます。

その隙にトーマスの拘束をほどきますが、すぐに目を覚ましたジェンソンに投げ飛ばされ気を失ってしまいました。

トーマスは拘束を解き、ジェンソンとの闘いに持ち込みましたが、トーマスは腹を撃たれてしまったのです。

気がついたテレサに抱えられ別の研究室に隠れますが、すぐにジェンソンが追いかけてきました。

トーマスはテレサに逃げろといいましたが、テレサは置いてはいけないとトーマスの側を離れません。

ジェンソンから隠れるように移動したものの、テレサが見つかり捕まってしまいます。

トーマスはジェンソンの隙をつき、クランクを閉じ込めているガラスにブロックのようなものを投げつけました。

ガラスには日々が入っただけで、ジェンソンは「残念だったな」とニヤリと笑います。

しかしトーマスが「どうかな?」といったところで、ガラスが粉々になり2体のクランクがジェンソンに襲い掛かったのです。

テレサはトーマスを抱えて、すぐその場を離れましたが、施設全体には炎が立ち込めており、逃げ場は屋上しかありません。

それでも、屋上にも火の手は回っており崩落するのは時間の問題。

万事休すか・・・と言うところで、仲間が乗るジェット登場!

そこにはヴィンスの姿もありました。

火が上がり過ぎてこれ以上は近づけないというホルヘ。

トーマスまでの距離はほんの数メートル。

「手を伸ばせ!」

「ホルヘ、もう少し近づけないか!」

「トーマスもう少し手を伸ばすんだ!」

炎をトーマスとテレサのすぐうしろまで迫っています。

一瞬、ジェットとトーマスたちの距離が縮み、ヴィンスはトーマスの手を掴みジェットに乗せました。

続いてテレサ…。

しかし、テレサは自分がしてきたこと、仲間を裏切ったこともあってか、手を差し出すどころか後ろに下がっていったのです。

「テレサ!」トーマスが大声で叫び、テレサはほんの少しの笑みを浮かべます。

そして建物は崩落し、テレサは火の海に身を任せたのです。

数時間、または数日が経過。

トーマスが目を覚ますと、目の前には青く美しい海が広がっていました。

そこにはたくさんの仲間たちの姿があり、立派なテントも建てられています。

ミンホがトーマスに、「お前が大切に握り締めていたものだ」と、トーマスに首飾りを渡しました。

TM © Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

それはニュートがクランク化する前にトーマスに託した首飾り。

中を明けてみるとニュートからの手紙が入っていたのです。

そこには、トーマスへの感謝の言葉や、友としての証が綴られていました。

ヴィンスが言います。「これからは協力して生きていこう。失った大切な仲間を忘れないためにも石牌に名前を彫ろう」と。

トーマスは、石牌に大きく「NEWT」「Teresa」と残し、幕を閉じたのです。

スポンサーリンク

『メイズ・ランナー:最期の迷宮』結末まで観た感想

メイズランナー最期の迷宮

TM © Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

『メイズ・ランナー』、『メイズ・ランナー:砂漠の迷宮』そして最終作『メイズ・ランナー:最期の迷宮』と続きましたが、3作品に共通するものは友情、信頼、絆です。

SF要素の中で描かれるそれらは、リアルな世界より強く感じられるはずです。世界崩壊、人類滅亡というテーマがあるからこそより色濃く映し出されているもので、死に直面しているからこそより強く結ばれるもの。

作品には必ずしもテーマは2つ必要だと考えます。

2つのテーマがあってからこそ、相乗効果でお互いを引立たせ映画に色をつけていくのだと。

この映画『メイズ・ランナー』シリーズが全作通して、トーマスを中心に少しずつ絆という輪が広がってきました。

SF要素が「絆」を引立たせ、絆の要素が「SF」という舞台を引立たせる。

こういった世界崩壊、人類滅亡を扱ったテーマでは、必ず友情や信頼といったテーマがあるといってもいいでしょう。

映画『メイズ・ランナー/最期の迷宮』あらすじネタバレ!公開当日に観た感想も!
2018年6月15日公開の映画『メイズ・ランナー/最期の迷宮』のあらすじネタバレ!ジェームズ・ダシュナーの小説を原作とし...
『メイズ・ランナー:最期の迷宮』あらすじネタバレ!|後半は銃撃戦・大爆発のド迫力映像!
シリーズ最終作となる『メイズ・ランナー:最期の迷宮』では、主人公ディラン・オブライエンの事故により一時撮影が中断し、待ち...



    PAGE TOP