『義母と娘のブルース』綾瀬はるか主演2018夏の新ドラマ!キャストやあらすじも!

スポンサーリンク
義母と娘のブルース
The following two tabs change content below.
Pocket

『義母と娘のブルース』【TBS系】

【放送日】
2018年7月期の火曜日(公式HP発表)

【製作・放送】
TBS系テレビ

【原作】
桜沢鈴「義母と娘のブルース」(ぶんか社)

【キャスト】
綾瀬はるか、竹之内豊、佐藤健、横溝菜帆、横溝菜帆、橋本真実、真凛、奥山佳恵、浅利陽介、浅野和之、麻生祐未

スポンサーリンク

『義母と娘のブルース』あらすじ

義母と娘のブルース

Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

宮本良一は、妻を亡くしてからみゆきという8歳の娘とふたりで暮らしていました。しかし、自分も余命いくばくもないことから自分が居なくなった後の娘のことが心配で、バリバリのキャリアウーマンである岩木亜希子と再婚することにしました。

良一はみゆきと亜希子に引き合わせましたが、亜希子は仕事一筋だったため、子供の扱いを全く知らずに初対面でみゆきに名刺を渡してしまう始末。

その後、良一とみゆきと暮らし始めた亜希子は、仕事をやめて専業主婦になることを決意したのですが…。

スポンサーリンク

『義母と娘のブルース』キャスト

岩木亜希子役/綾瀬はるか


岩木亜希子は、仕事以外は全くダメなバリバリのキャリアウーマン。孤独だった亜希子は”娘”を求めて良一と取引して結婚しましたが、良一の死を目の当たりにしてから彼を愛していることに気づきます。

宮本良一役/竹之内豊

竹之内豊

Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

朗らかでまわりを和ませる優しい人物ですが余命いくばくもない病気を抱えています。自分亡きあと、8歳の娘が天涯孤独ならないよう、娘を託す相手を探して宮木亜希子と取引をしました。

天国に居る妻と会えると思えば死も怖くありませんでしたが、亜希子と暮らすようになってから彼女を愛していることに気づき、死を躊躇うようになります。


佐藤健演じる麦田章は、軸足が定まらないフーテン男という役所で、彼の存在が良一の人生に奇跡と波乱を巻き起こすということ。

物語の”台風の目”といわれている麦田を佐藤健がどのように演じるのかにも注目が集まります。

詳しくは番組ホームページにて



    PAGE TOP