映画『億男』4つの見どころポイント!金と幸せの価値観を問う新感覚エンターテイメント!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
蒼織

蒼織

ドラマや映画ネタをほぼ毎日書いています。 過去作品の映画ネタはブログにて更新。
Pocket

借金を残して失踪した兄。すべてを失いながらも兄の借金を払い続ける弟。しかし、弟はある日、高額の宝くじに当選する。これで人生が取り戻せると安堵する弟だったが、実はこれが地獄めぐりの始まりとなったのである。そして、弟が最後に行き着いたのは……。映画『億男』の見るべき4つのポイントとキャストやあらすじを紹介!

映画『億男』

作品情報

【公開】

2018年10月19日(金)

【原作】

川村元気原作小説「億男」

【監督】

大友啓史『ハゲタカ』『るろうに剣心』『3月のライオン』他

【キャスト】

佐藤健、高橋一生、黒木華、沢尻エリカ、池田エライザ、北村一輝、藤原竜也

【作品概要】

映画『億男』は、2014年に発行された川村元気の長編小説「億男」が原作。2015年には本屋大賞にノミネートされ、2018年56万部を突破した人気小説である。

大金を巡る幸せのあり方や家族の在り方、お金って何だろう?を考えさせられる作品。また、撮影に実際の紙幣を使うなど、リアリティにこだわった映画となっている。

スポンサーリンク

映画『億男』あらすじ

©映画「億男」制作委員会

ある日、3000万円の借金を残したまま兄が失踪してしまった。

図書館司書の弟は、家族に迷惑を掛けながらも、兄の借金を返済していたが、妻はそんな窮屈な生き方しか出来ない一男に嫌気が差し、娘まどかを連れて出て行ってしまう。

一男には、兄の借金と妻が置いていった離婚届だけが残されていた。

しかしある日、一男は宝くじで高額当選し3億もの大金を手にしたのだ。

これだけあれば、兄の借金も完済できるし、家族も取り戻せるはず……。

ところが、一男がネットで高額当選者のことを調べてみると、意外にも彼らは幸せとは程遠い、悲惨な人生を送っているのを知る。

自分もそうなってしまうのか…。急に怖くなった一男は、先に億万長者になっている大学時代の親友・九十九に相談することに。

一男は、九十九と久しぶりに再会し、彼の高級マンションで行われたパーティで豪遊。

初めての体験で浮かれていた一男は、酔いつぶれて眠ってしまったのだ。

そして翌日、一男が目を覚ますと、当選金3億円と九十九の姿が消えていたのである。

一男はお金うぃ取り戻そうと九十九の行方を追おうと、パーティで知り合った”あきら”をつてに、九十九の起業に関わった”億男”と呼ばれる億万長者たちから手掛かりを探した。

ギャンブル好きの百瀬、マネーセミナーの教祖・千住、10億を隠し持っているという十和子と、それぞれがかなりのクセ者である。

一男は、彼らを渡り歩きながら九十九を探す、まさに地獄を巡る”冒険”を始めたのだ。

最後に一男は「お金の正体」を見つけることができるのか……。

スポンサーリンク

映画『億男』4つの見どころポイント

大友監督ならではのスケールの大きさ!

©映画「億男」制作委員会

本作の監督を務めた大友啓史監督は、『ハゲタカ』や『るろうに剣心』『3月のライオン』を世に送り出した人物。

大友監督の撮影方法は、細かいカットごとではなく、長回ししながらアングルを変えるというやり方で、役に入った俳優の気をとぎらせることがない。

俳優たちは役柄に魂を吹き込んだ流れのまま、演じることが出来るため、鑑賞側もまた引き寄せられるかのように一気にのめり込んでいくのだ。

また、本作では一男と九十九が意気投合して旅行に出かけた先として、モロッコの広大な砂漠が登場する。

一男と九十九の微妙な距離感、その背後に映し出される広大な砂漠は、これから起こることの大きさを意味する上でも重要なシーンであるはず。

砂漠を背景に九十九が落語を披露する。一件、関わりの無いようなシーンに見えて、実は巧妙に仕掛けられているのである。

個性派俳優陣のリアリティある描写!

©映画「億男」制作委員会

本作では、佐藤健や高橋一生など人気の俳優をトップに、藤原達也や沢尻エリカ、北村一輝といった超ゴージャスな俳優陣が脇を固めている。

彼らは”億男”と呼ばれるクセのある億万長者だが、クセのある部分を取っても、”億万長者”としての風格を十分に兼ね備えた配役でもある。

また、一男が、久しぶりに再会した九十九の高級マンションで行われたパーティのシーンでは、大量の紙幣が宙を舞っている。

実は、この紙幣はすべて本物の1万円札なのだ。

また、藤原達也が紙幣を撒き散らすシーンに使われているのも、もちろん本物。

こういった”本物”志向がよりリアルな世界観を演出しているのも魅力。

脚本が「ドラクエ」シリーズの渡部辰城

映画『億男』の脚本は、1999年に㈱スクエア・エニックスに入社し、ゲーム「ドラクエ」の開発に従事した渡部辰城が、大友監督と共同で仕上げた。

渡部が映画脚本を務めたのは本作が初めてだが、彼の才能とセンスを最大限に生かした作品になっていることは間違いない。

”お金”の正体を暴く!

親友と共に消えてしまった3億円を巡り、一男は様々な億男たちに翻弄されていく。

そんな中で、一男は「お金とは何か」「家族とは何か」「幸せとは何か」を考え、自分自身がお金に操られているこのに気づく。

自分は家族を取り戻したいだけで、何も変わっていない思っていた一男だが、妻からの一言は「あなたは変わった」だった。

お金は何を変えたのか、一男はお金の本当の正体を知ることになる。

「あなたの家族の値段はいくらですか?」「お金に近づけば近づくほど大切なものを失っていく」という言葉に、考えさせられる方も多いかもしれない。

主題歌は BUNP OF CHICKEN

映画『億男』と BUNP OF CHICKENとのコラボ動画!

今回、映画『億男』の主題歌として使用されたのは、 BUNP OF CHICKENの【話がしたいよ】。

BUNP OF CHICKENは1996年から活動をはじめ、2000年にメジャーデビューした4人組のロックバンドで、若者を中心に男女問わず支持されている。

キャストは主役バリの出演者揃い踏み!



    PAGE TOP