映画『search サーチ』完全ネタバレ 最後の大どんでん返し!あなたもきっと騙される!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
Yoko Niki

Yoko Niki

映画や海外ドラマが大好きです。面白く感動する映画・ドラマについて書いていますので、ぜひ見たい作品の参考にしてください
Pocket

2018年10月26日に公開されたサスペンススリラー映画『search サーチ』。ある日突然、娘がいなくなり、必死に娘を探す父親デビッド。娘の友達に連絡を取ろうとしても、娘の友達を1人も知りません。警察の指示もあり娘のSNSから娘の行動を調べると、そこには全く知らない娘の姿があったのです。

映画『search サーチ』ネタバレ

父の知らない娘の姿

https://twitter.com/SearchMovieJP/status/1055976118497484800

母親が亡くなり、父デビッドと娘のマーゴットはふたりで暮らしていました。

どこにでもいる普通の父と娘。

しかし、ある日突然マーゴットが姿を消してしまったのです。

朝、デビッドが起きるとマーゴットから携帯に3件の着信が残っていました。

折り返しマーゴットに電話をかけても繋がりません。

留守電を残しデビッドは仕事に行きますが、お昼を過ぎても娘から電話はなく、何度かメッセージも送りしたが、夕方まで待っても返信はありませんでした。

連絡の取れないマーゴッドを心配し始めるデビッド。

マーゴットの行動を頭に浮かべていると、今日がピアノの練習の日だと思い出し、ピアノ教室に連絡してみました。

しかし、ピアノ教室の先生から衝撃的な答えが帰ってきたのです。

「マーゴットは半年前に辞めましたよ」

月謝も毎月渡していたので、てっきり通い続けていたと思っていたデビッドは、一気に不安に陥ります。

娘の友達に連絡しようとしましたが、デビッドは娘の友達を1人も知らなかったのです。

亡くなった妻のファイルから、マーゴットの友達を探し出し連絡しますが、誰もマーゴットの行方を知りません。

娘を探せば探すほど、知らない娘の姿が出てくるのです。

自分の知らない娘の姿と失踪も重なり、デビッドはどんどん不安になっていったのでした。

スポンサーリンク

本格的な捜査の開始

マーゴットの居場所が掴めなかったデビッドは、ついに警察に連絡すると専門家の捜査が始まります。

デビッドは、手がかりを探すためにマーゴットのパソコンを開くと、そこで初めて娘の本当の姿を知ったのです。

facebookの友達に連絡しますが、実はほとんどの友達がマーゴットのことをよく知りません。

彼女は、学校のお昼も1人で食べていたのです。

娘の学校での生活を知ったデビッドは驚きを隠せないまま、さらに彼女の不可解な行動が次々と暴かれます。

怪しげなSNS上の男友達や、ライブ配信の映像……。

そしてピアノ教室の月謝はパソコン上で謎の人物に送金されていたのです。

マーゴットの知らない裏の顔。

マーゴットは一体何をしていたのか?デビッドは益々不安になっていきます。

そして警察から衝撃的な事実を告げられました。

お金の送金先を調べると、マーゴットは偽装IDを作っていたことが分かったのです。

このままでは、マーゴットが偽装してどこかに逃げたのでは、ということになります。

しかし、どこか腑に落ちないデビッドは、諦めずに捜査を続けたのです。

スポンサーリンク

父親と娘のすれ違い

デビッドとマーゴットは、とても仲のいい親子でしたが、いつ頃からか2人の間に距離が出きていました。

マーゴットはその距離に寂しさを感じていましたが、デビッドは距離ができていることすら気づいてなかったのです。

2人の距離が開き始めたのは、母の死がきっかけでした。

デビッドは妻のことを思い出さないように、マーゴットと妻の話をしません。

しかしマーゴットは、デヴィッドと母の話をしたかったのです。

お母さんの思い出話をしたいのに、父親はそれを拒絶します。

それが2人の間に距離を生んでしまったのです。

そんなマーゴットの心の隙間を埋めたのが、SNS上の友達や父親の弟の叔父でした。

犯人は誰なの?

警察はマーゴットが逃亡したと推測しましたが、デビッドはマーゴットの車の鍵を森の中で見つけます。

そして、近くの湖からマーゴッドの車も発見されたのです。

ところが、車の中にマーゴットの姿はありません。

一体どこにマーゴットは行ってしまったのか?

車が発見された近くの森を探しますが、マーゴットは見つかりませんでした。

なんの進展もないまま数日が過ぎた頃、警察はついに犯人を見つけたのです。

不審な男の自殺体が見つかり、その男の自白ビデオにマーゴットを殺したと証言する様子が映っていました。

衝撃的な結末で世間は驚きます。

マーゴットは不審者に襲われ殺されていたのです。

そして誰もが、事件が解決したかのように思っていたのでした。

父親の執念(ネタバレ要注意!)

マーゴットの遺体は見つかりませんでしたが、マーゴットの追悼式の日がやってきました。

デビッドはマーゴットの写真を整理し、追悼式を行う会社にマーゴットの写真を送ろうとしています。

しかしそこでおかしなことに気がつきました。

なんと、マーゴットのSNS上の友達のアイコンと、追悼式の会社の広告の写真の女性が同じなのです。

おかしいと感じたデイビッドは、アイコンの女性に連絡をします。

すると女性は、警察からの捜査があったはずなのに、「警察から連絡はない」と言ったのです。

明らかにおかしいと思ったデイビッドは、警察に電話しますが捜査担当のヴィッグ捜査官はいません。

しかし、電話口の女性と話すうちに、ヴィッグ捜査官の怪しい行動に気がついたのでした。

そう、まさかの犯人は警察官だったのです。

しかもマーゴットの誘拐捜査を担当していた捜査官でした。

この展開には見ていてとても驚きました。

不審者が犯人で終わるわけないと思っていましたが、まさかの真犯人が警察官だったとは……。

親切そうな見かけに、見事に騙されてしまいました。

しかし、デイビッドは娘を愛したいたからこそ、ヴィッグ捜査官の怪しさに気がついたんだと思います。

娘のことを理解できてはいなかったけど、娘を愛していたことは確かだったのです。

その愛情が真犯人を見つけ出すことに繋がり、マーゴットも無事に発見できたのでした。

事件の解決には父親の深い愛情がありました。

映画『search サーチ』を見た感想

映画『search サーチ』は、最初から最後までパソコンの画面上で物語が語られるということが、公開前から話題となっていました。

話題になっていたので分かっていたことですが、それでも本当に全てが綺麗にパソコン画面上で展開されるのには衝撃を覚えました。

いいタイミングでフェイスタイムが使われ、デビッドの表情も見ることができます。

今までにないスクリーンだったので、斬新さを感じると同時にカッコ良さも感じました。

映画『search サーチ』の面白さは、そういった映像だけではありません。

とにかく犯人が誰なのか最後までわからないストーリーにもグイグイ引き込まれます。

SNS上の友達、叔父、不審者と次々と疑わしい人物が登場しました。

そして最後の最後でまさかの犯人登場。

次々と明かされる事実に、観客も見事に騙されていました。

さらに、ラストで父と娘の感動ストリーも待っています。

最後の最後での大どんでん返し、そして親子愛まで楽しませてくれるストーリーになっているのが、映画『search サーチ』なのです。

映画『search/サーチ』の劇場情報は下のリンクから確認できます。

映画『search/サーチ』全編パソコンの画面で展開し現代の闇に着目した斬新さに注目!
全てパソコンの画面の中だけで描かれていることで話題となった『search/サーチ』。 その斬新さからサンダンス映画祭で...

映画『search/サーチ』公式サイト



    PAGE TOP