ドラマ『下町ロケット~ゴースト~』第4話ネタバレ解説 裏切り者は!? 裁判は最初から仕組まれていた!?

スポンサーリンク
Pocket

前回、内通者がいる疑いが持ち上がったギアゴースト。ライバル会社に情報を流していたのは一体誰なのか!? ようやくその犯人が明らかになった4話。そして、航平と殿村の別れの時が……。『下町ロケット~ゴースト~』4話のネタバレ解説と感想。

『下町ロケット~ゴースト~』

『下町ロケット2~ゴースト~』4話あらすじ

ギアゴーストを陥れた犯人が明らかに!

ドラマ『下町ロケット2~ゴースト~』全話ネタバレ解説!佃製作所が更なる難題に挑む!
『下町ロケット2』全話ネタバレ 1話 視聴率2桁で好スタートした『下町ロケット2』第1話では、佃製作所にあたらな難題...

佃製作所の顧問弁護士・神谷から、ギアゴーストの社内に内通者がいる可能性が高いと指摘された伊丹と島津。

たった30人しかいない会社、しかも設立時から苦楽を共にした家族のような社員の中に裏切り者がいるはずがない!と、憤慨する伊丹。

しかし、社員の坂本から買収計画を社内に漏らしてしまい、それを知った柏田が怒っていたことを聞かされ、柏田が裏切り候補にあがります。

が、本当の裏切り者は、ギアゴーストの顧問弁護士・末長でした。

© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc.

実は、末長とケーマシナリーの顧問弁護士・中川は昔から知り合いで裏でつながっていたのです!

4年前、中川は末長に3億で情報提供してくれるよう取引を持ち掛けていました。

末長の本性を知った伊丹は、これも自分が帝国重工時代に下請け会社にしたひどい仕打ちのしっぺ返しなのかも……と凹んでしまいます。

新たな黒幕現る

© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc.

裏切りを気づいていないふりをして、末長の次の出方を見ることにした伊丹。

そんななか、中川の助手から一本の電話が伊丹にかかってきます。

ギアゴーストの買収に興味を持っている会社があるというのです。

その会社とは、重田登志行(古舘伊知郎)が社長を務める「ダイダロス」。

重田の父は、かつて伊丹が帝国重工時代に冷酷に切り捨てた会社を経営していた重田重工の社長です。

帝国重工との取引を打ち切られた重田重工は倒産。

重田の父もそれがきっかけで体を悪くし亡くなっていました。

重田は、倒産させられたことによって、新しい会社ダイダロスを立ち上げ、新しい自分に出会うことができた、と窮地にあるギアゴーストを救う提案をしてきます。

従業員の雇用は保証できないといわれ、この話は一旦持ち帰ることにした伊丹ですが、ダイダロスと佃製作所、どちらを選ぶのでしょうか……。

航平、ギアゴーストを救うために全力投球!

ダイダロスからの買収提案を受けていることなど知らない航平は、神谷のアドバイスをもらいながら、ギアゴーストが裁判で勝てる方法を全力で探っていました。

そして「以前から知られている技術の応用だと思っていた」という島津の一言から、段ボール何箱分もの論文を取り寄せて、島津が開発した製品技術の元となった論文を探し当てたのです!

勝てる裁判しかしない神谷弁護士は、この航平が見つけた資料により、ギアゴーストの裁判に協力してくれることになりました。

農家を継ぐ・・殿村涙の決断

© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc.

佃製作所で働きながら、週末は実家に戻り農作業をしている殿村は悩んでいました。

殿村の父は、「お前に農業はできない、収入が安定しているサラリーマンを続けろ」といいますが殿村は「サラリーマンなんて、収入は安定していても、心の安定はないんだ!」と返します。

しかし、佃製作所は殿村にとって心も安定できる最高の職場となっていました。

そんなにも大好きな会社との別れを決意させたのは、今年で田んぼを終わりにすると決めた父が、田んぼに向かって感謝の礼をしている姿でした。

殿村は、航平に退職の意向を伝えます。

航平も殿村の気持ちの揺れをずっと察していたのでしょう。

「との、よく決めた…よく決めたな、との!」といって、殿村の決断を快く受け入れたのです。

どうなる!?裁判の行方!

今回の4話の最後で航平と伊丹・島津は、神谷弁護士に呼ばれ、「先日見つけてもらった論文だけでは証拠が不十分で使えない。他にも証拠を揃える必要がある。今のままで行くと、この裁判は私たちの負けです。」と言われていました。

この裁判は最初からすべて仕組まれていたのか!?

次週は、いよいよ裁判の決着がつきそうです!

スポンサーリンク

『下町ロケット2』第4話の視聴率と観た感想!5話予告動画も!

次回は財前カムバック!?

遂に裏切り者の正体が明らかになりました!

多くの視聴者の予想通り、末長弁護士(中村梅雀)でしたね。

あんないい人そうな顔をしていたのに人は見かけによりません。

4年前に話を持ち掛けられていましたから、その時からずっと伊丹達は騙されていて、島津の開発情報もダダ漏れだったのですね。

そして、重田にとって伊丹は人生を狂わされた憎むべきはずの男。

そんな重田が、どうしても欲しいと思うギアゴースト、そして伊丹。

彼の本当の目的は何なのか?

次回予告では、島津が「佃製作所を裏切るつもり!?」と、伊丹に言っている場面も気になります。

あんなに社員思いで誠実そうな伊丹が豹変しそうな、少し嫌な予感がします。

そして、財前(吉川晃司)も予告で姿を見せていました!ウェルカムバック財前!!

次回、「下町ロケット~ゴースト編」は完結となっています。(ドラマは続きます)

ギアゴーストとケーマシナリーの裁判はどんな結末になるのか!?

ロケットを離れた財前と、農業という新しい道をみつけた航平は、再びタッグを組むことになるのか? 次回も見逃せません!

『下町ロケット~ゴースト~』4話の視聴率は?

『下町ロケット~ゴースト~』の視聴率変動はどうなっているのでしょうか。

1話が13.9%

2話が12.4%

3話が14.7%

2話では少し下がったものの、3話で盛り返しトップに躍り出ました。

現時点では、11月4日放送の視聴率はまだ発表されていませんが、前回の”裏切り者”の一件もあり、展開にメリハリも出てきたことから、4話の視聴率もグッと上がるのではないかと予想しています。(4話視聴率は11/5に発表されます)

*4話視聴率は13.3%と依然、好調をキープしていました!

見逃した方は民放公式テレビポータブルTverでもご視聴頂けます!

画像出典:公式サイト



    PAGE TOP