ドラマ『下町ロケット~ヤタガラス編』第6話 切り捨てられた佃に光の手!? ブラックキャストも続々登場!

Pocket

ケーマシナリーの裁判に佃製作所の助けを借りて見事勝利したギアゴーストでしたが、直後に伊丹はダイダロスの重田と手を組み、帝国重工の的場に恨みを晴らすため豹変してしまいました。トランスミッション供給が白紙になってしまい窮地に陥ってしまった佃製作所。波乱万丈なストーリーが予想される「下町ロケット ヤタガラス編」スタートです!

『下町ロケット~ヤタガラス編』第6話

変わり果てた伊丹とギアゴースト

ドラマ『下町ロケット2~ゴースト~』全話解説!佃製作所が更なる難題に挑む!
『下町ロケット2』全話解説 1話 視聴率2桁で好スタートした『下町ロケット2』第1話では、佃製作所にあたらな難題が舞...

島津から事情を聞いた後、ヤマタニ製作所へのトランスミッション供給の件でギアゴーストを訪れた航平と佃製作所の社員達は、すっかり変わってしまったギアゴーストの様子に驚きを隠せませんでした。

氷室という男が既に島津の後任として配属されて、大きな顔で指示を出しています。

そして、伊丹からも冷酷なまでの佃製作所との取引打ち切りの話が……。

「ふざけるのもいい加減にしなさいよ!!」

激怒する航平。

全くもって佃製作所に対して酷い態度を取る伊丹。

悪の塊のような顔になってしまって……。

全国のお茶の間の前の視聴者も、同じ言葉をテレビの前で叫んでいたと思います。

帝国重工と新たな手を組む航平

帝国重工で新たな夢に向かって歩み始めた財前から、無人農業ロボット製作について協力を持ち掛けられた航平。

エンジンとトランスミッションを佃製作所へ依頼したいと言われます。

前向きに考える航平でしたが、それには航平の大学時代の同期、現在北海道農業大学の教授をしている野木の力が必要だと言われ、なんとか説得してくれるよう頼まれます。

しかし、野木は過去に大企業に裏切られた経験があり、

「金で自由を奪われる、そんなのまっぴらだ」

と、すんなりと引き受けてもらえそうにありません。

自分も同じような経験を持つ航平は、そんな野木の気持ちが痛いほど分かり、それ以上何も言うことはできませんでした。

奮闘する殿村

地元の組合から、農業法人に入るようしつこく誘われている殿村でしたが、父の思いを引き継いで米作りをする殿村は、価値観の違いから断り続けています。

たまたま殿村の所へ訪れ、その殿村の真っ直ぐな気持ちを目の当たりにした航平。

「いいものを見せてもらった!」

と、航平の迷いも吹っ飛んだようです。

航平、野木教授へ再アプローチ!

再び野木の元へ訪れた航平。

航平は30年前、野木によって夢をあきらめずに進めた経験がありました。

その思いと共に、もう一度お願いする航平でしたが、裏切られたキズは深いようで、どうしても企業とは組まないという野木。

そんな野木を、航平は帝国重工の宇宙航空部のメイン開発フロアに連れて行きました。

真摯に頑張る社員の様子を見て、心を動かされた野木は、航平に協力することを決心します。

嫌な動きを見せる企業の面々

ダイダロスと資本提携を結んだギアゴースト伊丹は、重田とヤマタニ製作所と共に、キーシン、北堀企画という会社と会って、なにやら新しい事業計画を立てているようです。

佃製作所は、すっかり蚊帳の外となっています。

そんな状況を知らずに、長年付き合ってきたヤマタニ製作所に申し訳ない気持ちで訪れ、佃製作所は提携する会社と今後競合する形になるかもと、打ち明けます。

しかし、ヤマタニ製作所は快諾。

なんだか、こっちが首を切られたみたいだ・・・と、首をかしげる航平でしたが、向こうにとっては、なんともありがたい告白だったのです。

的場の横取り!

野木の説得にも成功して、帝国重工と新しいプロジェクトに向けて動き出そうとしていた矢先、おいしそうな話を嗅ぎつけた的場が、財前の仕事を横取りしちゃいます。

この新規事業は的場が全ての指揮を取るというのです。

しかも、財前が佃製作所に依頼していたエンジンとトランスミッションでしたが、全て内製化に切り替えるので、佃製作所は切れと財前に言い渡します。

帝国重工の元同僚から、的場がプロジェクトの総責任者になったと聞いた伊丹は、慌てて重田に報告します。

二人の復讐プロジェクトも本格的に始まる予感です。

ブラックなキャストが続々!

https://twitter.com/rocket_tbs/status/1063417475797110784

『下町ロケット~ヤタガラス編』では、ブラックなキャストが続々と登場してきました!

ダイダロス重田も本格的に動き出し、それに協力するキーシン社長・戸川と北堀企画社長・北堀。

今回はチラッとしか出てこなかった二人ですが、今後この4社で無人農業ロボット製作ダーウィンと呼ばれるプロジェクトを進めていくようです。

殿村の所に度々訪れる組合の吉井も、嫌な感じでしたね~。

殿村に一喝されて、すごすごと逃げていきましたが。

大農家の三男でボンボン、という設定のようです。

そして、ギアゴーストに島津の代わりにやってきた島津とは180度真逆のタイプの氷室も、めちゃくちゃ嫌な人でした。

あまりの酷い物言いに、立花(竹内涼真)ブチ切れ寸前。よく我慢しました。

帝国重工の的場もとうとう佃製作所に仕掛けてきましたね。

財前さんが、板挟みになりそうで心配です……。

新たなキーパーソン野木教授

『下町ロケット~ヤタガラス編』で新たに加わった野木教授。

ロボットトラクターの第一人者の北海道大学・野口伸教授がモデルとなっているそうです。

今回のヤタガラス編では、キーパーソンとなりそうですね。

「下町ロケット ヤタガラス編」6話 視聴率

「下町ロケット ゴースト編」の視聴率は

1話 13.9%

2話 12.4%

3話 14.7%

4話 13.3%

5話 12.7%

でした。

順調に10%を好調キープし続けているので、『下町ロケット~ヤタガラス編』 最初の視聴率も気になるところですね。

視聴率の発表は11月19日なので、発表され次第お伝えします。

追記

『下町ロケット2』第2章「ヤタガラス編」1回目の視聴率が公表されました。

なんと先週の12.7%を上回る13.1%という結果に注目度の高さが伺えますね。

最終話までこの勢いをキープして欲しいと願うばかりです。

    PAGE TOP