ドラマ『下町ロケット〜ヤタガラス編』7話解説 闇と光 帝国重工にも強敵出現か!?

Pocket

無人トラクターという新しい目標に向けて帝国重工とタッグを組んだ佃製作所ですが、的場が介入してきたことにより、早々に裏切られてしまいそうです。親友も娘もライバルになる!?『下町ロケット ヤタガラス編』7話の解説と感想をお届けします。

『下町ロケット〜ヤタガラス編』第7話

財前・航平の苦難

ドラマ『下町ロケット2~ゴースト~』全話解説!佃製作所が更なる難題に挑む!
『下町ロケット2』全話解説 1話 視聴率2桁で好スタートした『下町ロケット2』第1話では、佃製作所にあたらな難題が舞...

財前が打ち出した新たな無人トラクター開発というプロジェクトでしたが、的場に横取りされてしまいました。

的場は内製化の方針転換に変え、佃製作所は外すよう命じられます。

契約を切られたにもかかわらず、野木教授だけはプロジェクトに引き続き参加するよう説得してもらいないかと、航平に願い出る財前。

全て的場からの指示、財前の苦しい立場を理解しつつも、さすがにすぐに受け入れることができない航平。

しかし、殿村から農業に対する財前の熱意を聞かされ、自分の意地より農業の未来を救うべく財前に協力することを決意しました。

殿村も、自分の方針を貫くがゆえに、地元ではつらい立場にあるようです。

そんな殿村の心を支えていたのが財前だったのです。

新たな光、そして裏切り…

窮地の連続の佃製作所ですが、キジマ工業からエンジンとトランスミッションの大口契約を取り付けてきました。

トランスミッションがオマケ扱いされ、気に入らない様子の軽部はちょっと毒づいていましたが、佃製作所にも明るい兆しが見えてきます。

しかし、キジマ工業との取引を嗅ぎつけた重田は、ギアゴースト伊丹と共にこの契約を横取りしてしまいます。

ようやく取り付けた発注も白紙になってしまった佃製作所。

光が見えては消え、見えては消え……の点滅状態です!

財前も航平も、良い人達が悪い人達に横取りされるという構図にフラストレーションが溜まりますが、これも一気に逆転する前の序章と捉えてグッと我慢です。

航平、決断する!

何かを変えないといけないと思う航平は、トランスミッションの開発はこのまま続け、無人農業ロボットの開発を独自で進めることを決断しました。

野木と組んで実験用の農業トラクターのエンジンと、トランスミッションを独自に開発することにしたのです。

野木の研究を手伝うという事は、農業を救うという事、利益よりも農業の未来を考えることに重点を置こうと決めた航平。

ギアゴーストの技術を越えるようなトランスミッションをつくるという目標を掲げます。

野木も帝国重工にも手を貸しつつ、航平の開発を手伝うことにしました。

ブラックキャラが続々と現れる中、航平と野木、さわやかにタッグを組んでいるこの2人を見て心を浄化します。

悪の帝王 帝国重工

野木をプロジェクトに引き入れることに成功した帝国重工は、あっさり財前をプロジェクトから外します。

その後任になったのが的場の子分のような奥沢。

野木が長年積み重ねた研究の成果、極秘中の極秘である遠隔操作システムの開発コードを教えろと厚かましい依頼をしてくる奥沢に野木は不信感を募らせます。

以前、キーシンから開発ソースを盗まれた苦い経験が蘇ってくる野木でしたが、農業の未来のため、ぐっと我慢して協力しようとしています。

米作りだけじゃない色んな作物を支える可能性を秘めている野木の研究を、佃製作所だけが本当に理解してくれていると感じる野木。

今の野木にとって心を許せる唯一の存在が、佃製作所社員と航平になっているようです。

野木、ブチ切れる!

佃製作所社員と共に試作品の実験用トラクターを動かし、イキイキする野木。

ものづくりはこうじゃないと、帝国重工とは大違いだ!とやる気に満ち溢れる明るい空気漂う所に、奥沢がやってきます。

佃製作所社員や航平に対し嫌な感じで接する奥沢。

今まで佃製作所に散々お世話になったにも関わらず、下請けなら元受けに協力するのは当然、下請けは元受けの指示に従えばいいという態度に遂に野木がブチ切れます!

あの開発コードを教えてやるが、帝国重工だけでなく世界中に公開すると。

そうなれば、国内外の企業達が軒並み開発を始めるので、帝国重工の優位性もたちまち失われることになります。

「私もあんたたちから仕事を頼まれた下請けだ。

下請けが必要ないなら私の研究も必要ないはず。

そこまであんたたちが凄いというのなら、お得意の内製化というやつで自分たちでやればいいだろ!

よそより優れたものを、下請けなしで作れるもんなら作ってみろ!!」

と言い放ちます。

慌てる奥沢に、今後は、財前を通して話をしてくるように言い渡します。

ようやくバシっ!と言ってくれる人がいました!!スッキリ。

帝国重工VS新たなライバル

無人トラクター「アルファ」を、次期社長決定の取締役会に合わせて記者発表を設定した的場。

部下の手柄は自分の手柄、財前が考えた企画を次期社長になるために使うどこまでも卑怯な的場ですが、ここで予想外の事態が訪れます。

このニュースが翌日の新聞の一面を大々的に飾ることはありませんでした。

なぜなら重田率いるダーウィンプロジェクトメンバーの堀北がメディアを大いに使って、下町の中小企業が作る無人トラクターを大きく宣伝したのです。

帝国重工の動きを事前に入手したキーシンの戸川により、先手を打ってきたのです。

7話の感想

どこまでもあくどい帝国重工ですが、暗雲が立ち込めてきました。

毎回のボーリングも面白いシーンの1つですが、今回は立花くんも参戦してきました。

楽しそうにボーリングをする佃製作所メンバーを、うらやましそうに見つめる島津。

そろそろ佃製作所のメンバーになりそうですね。

帝国重工VS重田率いる下町中小企業 という感じで、佃製作所は現在蚊帳の外状態となっていますが、今後帝国重工に協力する予感!?

的場がいる限り、一緒に応援したくなる気になりませんが、中小企業が総力を挙げて帝国重工を倒しに来るという、食うか食われるかの対決、果たして勝敗の行方は?

帝国重工の復讐に燃える伊丹は、正気に戻る時が来るのでしょうか?

次回も目が離せません!

『下町ロケット2~ヤタガラス編』第7話を見逃した方は、民放公式テレビポータブルTVerでご視聴頂けます。

    PAGE TOP