ドラマ『下町ロケット~ヤタガラス編』第8話 堕ちていく帝国重工。敵vs敵に佃製作所はどう絡んでいく?

Pocket

前回は、新たな敵があらわれらた帝国重工。財前からプロジェクトを横取りしてまで社長の座を狙っていた的場でしたが、出世にも暗雲が立ち込めてきました。契約を打ち切られた的場率いる帝国重工と社命をかけてまで力を貸したのに裏切られた伊丹が所属する下町中小企業。佃製作所はこの戦いにどう加担していくのでしょうか?『下町ロケット~ヤタガラス編』第8話ネタバレ解説と感想をお届します。

『下町ロケット~ヤタガラス編』第8話

暗雲が立ち込めてきた王者 帝国重工

重田に先手を打たれる

ドラマ『下町ロケット〜ヤタガラス編』7話解説 闇と光 帝国重工にも強敵出現か!?
無人トラクターという新しい目標に向けて帝国重工とタッグを組んだ佃製作所ですが、的場が介入してきたことにより、早々に裏切ら...

無人農業ロボット「アルファ1」を大々的に記者発表した帝国重工でしたが、翌日のメディアの注目をさらっていたのは重田率いる下町トラクター「ダーウィン」でした。

帝国重工の動きを事前に入手した重田は、先手を打ってきたのです。

ダーウィンプロジェクトに関わっている人間の面々(ギアゴースト伊丹、ダイダロス重田、キーシン戸川、ヤマタニ製作所)を知った的場は怒り、佃製作所の社員達も驚きを隠せません。

かつて研究を盗まれたキーシン戸川がメンバーにいる事を知った野木も悔しさをにじませました。

しかし、航平と野木を筆頭に佃製作所のメンバーは、自分たちの実験用トラクター改善に引き続き力を注ぎます。

落ちていく的場

競合する相手が出てきたことで、ざわつく帝国重工内。

「下請けの寄せ集めのような相手なんて早く潰してしまえ!」と、早急にアルファ1の開発を進めるよう鼻息荒く指示する的場。

そんな中、週刊誌に載った暴露記事が的場を追い詰めていきます。

次期社長間近だった的場でしたが、このスキャンダルにより藤間の社長続投が決まりました。

思い通りに事が進んで、してやったりのダーウィンメンバーたち。

ロケット打ち上げ計画復活!

藤間の社長続投によってロケット開発計画が再開することになりました。

しかし、キーデバイスの完全内製化を目指す帝国重工は、佃製作所のバルブは予備扱いとなる旨言われてしまいます。

それでも、一縷の望みをかけて、最高のバルブ開発へ向けて頑張る決意をする航平。

娘の利菜もまた帝国重工でロケットバルブ開発に期待を寄せられている存在で、親子でライバル関係となってしまいました。

家庭内ではどのような態度を取ってよいか、ちょっと戸惑う航平でしたが、今まで秘密にしていなければならなかったバルブ開発がオープンになったことで、父親に隠し事がなくなった利菜はスッキリしています。

仕事上では対立する関係ですが、親子関係は良好のままでいれるようです。

農業イベントでの失態

アグリジャパンという農業関係者が一堂に集まる大イベントでデモンストレーションすることを依頼された帝国重工。

まだエンジンとトランスミッションの小型化に成功していないことを心配する奥沢でしたが、的場は強引に進めていきます。

帝国重工は、ダーウィンと対抗する小型のエンジンとトランスミッションが間に合わないため、日本では所有率も少ない大型トラクターの開発に変更。

その方針変更に大反対する財前でしたが、社内での味方がみつらず、航平の元へ相談に行きました。

航平は、現在の自分たちが進めている独自のプロジェクトの進歩状況をみせ、「帝国重工もあきらめずにやればできるはず」と財前を励まします。

ライバル会社を励ますなんて、本当にどこまでもお人よしで良い人な航平です。

ダーウィンチームでの開発も、不具合の報告がありながらもスルーするギアゴースト氷室。

ギアゴーストの社員達も氷室と働くことに少し疲れている様子です。

そして、それぞれの思いが交錯するアグリジャパン当日、帝国重工「アルファ1」と下町トラクター「ダーウィン」の直接対決で大変な事件が起こりました。

まずはダーウィン

順調に走行し、次々と課題をクリアしていきました。

不具合が発生するくだりがあったので、なにか起こるかな~?と思っていましたが、とりあえずダーウィンは無事成功。

次は、アルファ1です。

性能はダーウィンを下回るも、ギリギリのところで課題をクリアしていくアルファ1でしたが、なんと最後に最も重要な安全性テストでカカシを踏み潰すという大失態

しかも、農道を外れてひっくり返ってしまいました!!

オーマイガー!最悪です……。

『下町ロケット~ヤタガラス編』8話の感想と視聴率

帝国重工の行方

新しい就職先が見つからない島津もアグリジャパンに来ていました。

双方のトラクター走行をじっと見つめていましたが、そろそろ技術者としての血が騒ぎ始めている様子?

今回のデモンストレーションは成功したダーウィンでしたが、もともとは、野木の技術を盗んで流用している戸川と、島津の技術に少し手を加えて使っている氷室が手掛けるトラクター。

根本の部分を作った人物が一人も関わっていないトラクターなので、今後トラブルが起こる可能性は大です。

そして、地の底に落ちてしまった帝国重工の行方も気になりますね。

9話の予告を見ると、この失態を帝国重工は野木の責任にしようとしているようです。

窮地に陥れられた親友を救うべく、航平が立ち上がります!

敵VS敵の対決で、どこを誰を応援したらよいの!?という状態が続いていますが、藤間の復活、水原も財前側について助けてくれているので、ここで佃製作所が帝国重工につけば、帝国重工側を応援することになるのかな?という感じです。

しかし、100%応援したいという気持ちになれないのは、的場の存在。

最終的には、財前が主導権を取り戻し、佃製作所が中心となり、逆転大勝利!となると思うのですが、それまでにはもう少し時間がかかりそうです。

ロケット開発も再開したので、こちらもまたどのような展開になるのか気になります。

終わりが近づいてきた「下町ロケット~ヤタガラス編~」ですが、まだまだ波乱の連続の予感です。

8話の視聴率

1話 13.9%

2話 12.4&

3話 14.7%

4話 13.4%

5話 12.7%

6話 13.1%

7話 12.0%

8話 12月3日発表予定

2桁好調なので、この分では最終回まで安定した視聴率をキープできそうですね。

8話の視聴率は公表され次第追記していきます。

    PAGE TOP