『THE100/ハンドレッド』シーズン5配信開始!初回から壮絶エピソードが展開!

スポンサーリンク
the100
The following two tabs change content below.
Pocket

2018年5月8日にNetflixで『The100/ハンドレッド』シーズン5の配信がスタートし、Twitterからの情報によると既にシーズン6の制作も決定しているとのこと。シーズン4では、地球にプライムフレアが大地を焼き尽くしてから数年後、クラークは生存しており、なおかつ少女と一緒にいることまでわかっていました。

また、宇宙から飛行船が来たものの、それはクラークが待ち望んでいた仲間ではなく”囚人移送船ガガーリン”と書かれた怪しげな宇宙船だったのです。

彼らは何者で目的は何か、敵なのか味方なのか…というところでラストを迎えました。今回シーズン5の1話では、クラークがなぜ少女と一緒にいたのか、その少女はなぜ生き残ることが出来たのか、囚人移送船ガガーリンに乗っていた人物や、アークにいる仲間たちの様子が描かれています。

『The100/ハンドレッド』作品情報

【作品概要】
2014年~(アメリカドラマ)

【原題】
The100

【キャスト】
エリザ・テイラー、ボブ・モーリー、マリー・アヴゲロプロス、リンジー・モーガン、クリストファー・ラーキン、リチャード・ハーモン、イワナ・ミルセヴィッチ、ローラ・フラナリー

スポンサーリンク

『The100/ハンドレッド』あらすじ

the100

プライムファイアに焼き尽くされた大地にひとり生き残っていたクラーク。砂に埋もれた車をソーラーパネルで走らせ、母たちのいるシェルターを目指しました。

しかし、崩れた石の下敷きになっており、何日も掛けて石をどかすも再び崩れるの繰り返し。更には、入り口がすべて覆われてしまい、クラークひとりの力ではどうにもならなくなってしまいました。

クラークは、必ず助けると心に誓い水や食料を求めて再び車を走らせます。砂漠と化した大地のど真ん中で巨大な砂嵐に襲われ、ソーラーパネルが破壊。車を走らせられなくなったクラークは、徒歩で彷徨うこととなりました。

水も無くなり倒れこみ意識を失ってしまったクラーク。鳥が足を食いちぎっていた痛みで目が覚め、クラークはすぐさま鳥を追いかけた先で見たのは緑が生い茂る森だったのです。

豊かな水、そして野鳥のいる森は、自殺まで考え死の淵に立っていたクラークの生きる希望となりました。

先ほどの野鳥を狩って食べ、水が豊富に湧き上がっていた池で身体を洗う。しばらく歩くと、谷の民の村シェナンドーがそのままの形で残っていました。

人々は死に絶えてはいたものの、果物や水もあることからクラークはシェナンドーを拠点として生活していくことにします。

いつものように無線で誰かに問いかけるも反応はなし…。しかしその時、クラークはひとりの少女の姿を目撃しました。少女はクラークに気づかれて逃げ出すと、クラークも彼女を追う。

少女も闇の血であると確信したクラークは、少女を警戒させないようにと、少女の似顔絵を書き残してみます。

少女はクラークの絵に興味を持ち、以後クラークと行動を共にするようになったのです。クラークがマディという少女と出会ってから6年後。マディは車を運転するまでに成長しており、クラークとはまるで姉妹のように暮らしていました。

the100

その頃アークでは、何とか地球にいるクラークと交信しようとあらゆる手を尽くしていました。地球に戻りたいものの、燃料の問題もあり、食料といえば”緑のまずいスープ”くらいしか用意できなくなっていました。

その時、地球の近くに巨大な宇宙船がいるのを発見し、レイヴンが無線で何度も呼びかけますが反応は無し。自分たちの存在を知らせようとも考えましたが、まずは相手がどんな人物なのかを見極めなくてはなりません。

彼らにとっては、自分たちが地球に戻れるかどうかの重要な決断

一方で帰ってくる仲間を待つのが日課になっていたクラークは、空に現れた宇宙船を見つけます。仲間が帰って来たのかと期待を膨らませますが、何か様子がおかしい。

マディに車を隠し銃に弾をこめるよう指示します。スコープから覗いてみると”囚人移送船ガガーリン”と書かれているのに気づき、取り急ぎマディを村に隠すことにしました。

どうやら移送船に乗っていたのは犯罪者たちと、司令官と思われる女性で、軌道で過ごし唯一緑のあるこの場所を偵察にやってきたのです。

クラークが彼女たちを見張っている間に、隠れていたはずのマディが見つかり、ひとりはマディに足を撃たれたため殺そうとしますが、もうひとりの大男は子供を撃つ気か?と助けようとします。

発砲音を聞いたクラークはすぐさま駆けつけ、男を撃ち抜きマディの元へと走ります。マディがもう一人の男は助けてくれたからいい人だといいますが、クラークは「善人などいない」と、躊躇することなく助けてくれた男の頭も撃ちぬいたのです。

そしてアークでは、見知らぬ宇宙船に直接向かうことにしました。宇宙船にドッキングしてしまうと、戻って来これるほどの燃料は無い片道切符。とても危険性の高いものでしたが、彼らは一か八かの勝負に出ることにしたのです。

そしてラスト。
シェルターの様子が描かれており、○○の民と思われるような生き残りがたくさんいました。しかもオクタヴィアがトップに君臨しているかの様子。格闘シーンであり、まるで地球で戦っていたときの雰囲気と化していました。

しかし、そこにはアビーを初めとする空の民の姿は見られません。食料は2年しか持たないはず…。彼らは数年間どうやって生き延びていたのでしょうか…

スポンサーリンク

『The100/ハンドレッド』シーズン5:2話を観た感想

シーズン4のラストでクラークが見たもの、そしてクラークと一緒にいた少女の伏線が回収されました。しかしながら、ガガーリンに乗っていた人物が何者なのかはわかっていません。

ただ、見るからに味方ではない雰囲気。公式の発表によると司令官と思われる女性が今後の鍵を握る人物になるとのことです。

いかにも…という雰囲気をかもし出しているその女性。周りを取り囲んでいる男たちも、悪を彷彿させているよからぬ印象でした。

今後の展開では、ベラミーたちアーク組も何らかの形で地球に帰還し、ガガーリンたちとの戦いに発展すると推測します。

またシェルターにも多くの生存者がいますが、オクタヴィアはクラークと手を組むとは考えづらいです。

オクタヴィアが森の民たちを率いているのだとすれば、空の民vsオクタヴィア率いる民vsガガーリンということも考えられると思います。今後、更に過酷な状況に追い込まれることは間違いないでしょう。

『The100/ハンドレッド』シーズン5に登場する新キャラ

囚人移送船ガガーリンの謎の女性/イワナ・ミルセヴィッチ

the100
ガガーリンで地球にやってきた謎の女性はドラマ『HawaiiFive-O』や『GOTHAM/ゴッサム』などの人気番組にも出演し、『Banshee/バンジー』でレギュラーを獲得したイワナ・ミルセヴィッチが演じています。『The100/ハンドレッド』シーズン5ではキーマンとなるという彼女、一体何者なのか…。

唯一の生存者マディ/ローラ・フラナリー

the100
クラーク以外で唯一生き残っていた闇の血の少女マディ役は、『ザ・ミスト』や『シャドウ・ハンター』などに出演していたローラ・フラナリーが演じています。

『The100/ハンドレッド』全シーズン視聴するには

現在、Netflixではシーズン5を含め全シーズンが配信されています。ご視聴には月額定額650円(税抜)での契約が必要となります。iphoneやipadでお楽しみになりたい方は以下からもご登録が可能です。

作品情報

the100
Netflix – Netflix, Inc.
【配信】
Netflix 2018年5月8日(火)より配信中

【画像出典】公式サイト

『THE100/ハンドレッド』シーズン5全話ネタバレ

ドラマ『THE100/ハンドレッド』シーズン5全話ネタバレ!新たなる戦いへの報復!
2018年5月8日からNetflixで配信がスタートした人気海外ドラマ『THE100/ハンドレッド』シーズン5全話をネタ...



    PAGE TOP