『THE100/ハンドレッド』シーズン5第9話ネタバレ!民&谷の崩壊!マディも遂に総帥か!?:No1

スポンサーリンク
the100
The following two tabs change content below.
蒼織

蒼織

ドラマや映画ネタをほぼ毎日書いています。 過去作品の映画ネタはブログにて更新。
Pocket

いよいよ佳境に入ってきたかのように荒れまくる『THE100/ハンドレッド』シーズン5。谷を巡る争いから、ついにひとつの民側、ディヨザ側それぞれが崩壊へと向かいました。信頼しあっていたはずのクラークとベラミーが決別、インドラそしてガイアの裏切りで、ひとつの民も崩壊か!?さあ、『THE100/ハンドレッド』シーズン5第9話ネタバレの幕開けです。

『THE100/ハンドレッド』シーズン5第9話ネタバレ

『THE100/ハンドレッド』敵は敵自身が倒す!谷側の崩壊間近

ディヨザとアビー側

ディヨザ大佐は、仲間から「マクレアリーが来る」と知らされ、すぐに感染病の治療装置を隠します。

そこに、仲間を率いたマクレアリーがやってきて、治療法が見つかったのか探りを入れながらディヨザに高圧的な態度で接していました。

© 2018 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

ロバートという男を治療中のアビーに、「良くなったみたいだな。俺にも希望が?」するとアビーは、「今朝、ロバートの肺は水でいっぱいだった。あなたもそうなる」と言います。

また見に来るというディヨザ大佐にマクレアリーは、

「人質の交換を拒否したらしいな。身を守った方がいい」

ディヨザ「銃は我々が保管している。鍵つきでな」

マクレアリー「手回しが良い。いつもな」

そこに、ヴィンソンが「人が多いな」入ってくると、マクレアリーの仲間たちは後ずさりします。

かつてから、ヴィンセンは危険の男だとデョヨザが話していましたが、やはり只者ではない様子。

マクレアリーはディヨザに、後で片をつけようと言うと、その場を後にしました。

ディヨザはアビーに、未治療の場合マクレアリーの寿命はどれくらいかと尋ねると、アビーは1~2週間と答えます。

するとディヨザは、まず見方を直せ、その後全員を治療するとアビーに命じました。

動揺するアビーにヴィンソンが、「保証する、殺すことと死なせることは別物だ」と、とまどうアビーを宥めるように説得したのです。

© 2018 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

ディヨザはヴィンソンに隠した装置を持ってくるよう言うと、その隙に「用心しろ。トゲは抜いても彼はライオンだ」とアビーに忠告しました。

レイヴンたちの計画

一方で、ひとつの民たちが居る小屋では、エコーがレイヴンになぜ治療に手を貸したのかと責めています。

そこでマーフィーが、自分たちは仲間だよなと確認した上で、ショ-を殺して首枷を外して逃げようと提案しました。

するとレイヴンは、首枷が外せるならショーは殺さないといい、エコーはショーが死ねば船は飛ばないしミサイルも飛ばせないといいます。

しかしレイヴンは、ショーから内乱が起きるという情報を得ている。敵は敵自身が倒すことを利用して逃げるという案を出しました。

マクレアリーの仲間はディヨザを嫌っており、人質交換を拒否されたマクレアリーがディヨザに報復すると睨んだのです。

スポンサーリンク

『THE100/ハンドレッド』裏切りの連鎖!ひとつの民崩壊間近

病床のオクタヴィア

前回、進軍を阻止しようとクーパー殺害に関与し、捕らえられてしまったクラークの元に、ベラミーとインドラがマディを連れてやってきました。

クラークは「良かったお別れが出来る」とマディをハグしましたが、ベラミーは「いや、お別れじゃない」と言うと、マディは「オクタヴィアが倒れた」と話します。

© 2018 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

インドラとマディを部屋から出て行かせると、ベラミーはオクタヴィアに藻を盛ったことを話しました。

その上で、インドラもディヨザの条件をのむ気でいることも伝え、インドラが長後を継ぎ、ひとつの民が降伏したらクラークを解放し、一緒に谷に帰ろうと約束したのです。

一方で、オクタヴィアに容態は悪化しており、目覚める気配はありません。

毒が原因なら透析が効くと、治療を進めていましたがこの時点では効果は見えませんでした。

その時、インドラとベラミーがやってきてオクタヴィアの容態を聞きますが、ナイラはベラミーに彼女は何かを食べたり飲んだりしなかったかと問います。

ベラミーは、食べたのは配給食だといいますが、ナイラは「毒を盛られた」とベラミーたちを疑っている様子。

インドラが、虫の毒が体内に残ってる可能性を示唆すると、それもあり得ることだといいますが、それでは透析は効かないとのこと。

原因が分からない以上、後継者を決めたほうがいいとの意見が上がり、インドラは皆に伝えるため部屋から出て行きました。

オクタヴィアへの忠誠心

闘技場に集まった民にインドラは、オクタヴィアが病床にあること、オクタヴィアに愛情を持って指導してきたことを伝えた上で、これ以上仲間は失えない皆が無事に谷へ入れるよう自分が交渉すると、戦を避ける方向で話を進めたのです。

© 2018 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

しかし、そこでミラーが口を挟みます。「あなたは総帥か?第1大隊は俺が指揮を任された」

すると他のグラウンダーが「あんたに従えと?彼は空の民だ」と割って入ります。

ミラーはすかさず「空の民は存在しない」と反論。

「総帥が不在なら民の代表が継ぎの長を決めるべき」という声も上がりました。

空の民であったオクタヴィアが倒れたことで、ひとつの民にも亀裂が入り、小競り合いとなります。

そこでミラーが「俺ではなくオクタヴィアに従え!女王の命令どおり谷に進軍する!」と叫ぶと、民も武器を掲げて答えました。「ブラドレイナのために!!」

止めてくれと言うベラミーにインドラは「私ではムリだ、でも望みはある。真の総帥の存在だ」と……。


ベラミーはその足で、マディを総帥にするよう説得にクラークの元に向かいましたが、クラークは大反対。

しかし、どんなに説得してもクラークは首を縦に振りません。

ベラミーは、強行突破に出るしかないとクラークに背を向け、部屋から立ち去ってしまったのです。

スポンサーリンク

『THE100/ハンドレッド』決戦間近

逃げるための裏工作

外での雑用を命じられたマーフィーは、他の仲間と外に出たところで、気分を悪そうにしているマクレアリーを見つけ近寄ります。

「調子が悪そうだ、あの治療を受けろ」といい、驚くマクレアリーに「知らないのか?教えるわけないか。消したい奴に」とも付け加えました。

© 2018 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

マクレアリーはマーフィーの胸ぐらを掴んで「説明しろ」と言います。

マーフーは詳しくは知らないが治療法が見つかった、装置で肺のゴミを溶かすとまで話しました。

マクレアリーは、ディヨザに騙されていたことがわかると「それが本当なら仲間を連れて逃げろ。血の雨が降らないうちにな。もし嘘なら、お前の血が降るぞ」とマーフィーに忠告したのです。

マーフィーはその足でレイヴンたちの元に戻ると、マクレアリーに治療の話をし、騒ぎが起こるぞと嬉しそうに伝えます。

一方で、今度はエコーがマクレアリーが治療法のことを知っているとディヨザに報告することに。

これで、ディヨザ側とマクレアリー側が対立することは間違いありません。その隙に、首枷を外し逃げ出そうということになったのです。

レイヴンは、そのことをショーに伝えますがショーは自分は操縦士だからずっと追跡されるから断ると言い出します。

© 2018 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

それでもレイヴンのことは気になるとショーが好意を示すと、レイヴンは「言い方を変えるわ。来なければ殺す。これも妙かしら」と笑顔で答えます。

「おっかない」と笑うショーは、「分かった一緒に行く」と返事をし、ふたりの間に笑みがこぼれました。

マディを総帥にするための第1歩

© 2018 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

インドラは、ガイアの祈りの最中に尋ね、マディが真の総帥であることを告げますが、ガイアはすでにその事実を知っていたことに驚きます。

本題は何かと尋ねるガイアにインドラは、「マディを総帥にするのだ。彼女だけが民をひとつにし戦を止められるのだ」と言ったのです。

ガイアは、そんなことしたら二人とも反逆罪に問われると驚きますが、インドラは成功すれば問われないと……。

インドラは、自分の信仰心は厚くないとした上で、当時はブラドレイナとするオクタヴィアが必要だった、今は真の総帥が必要だとガイアを説得。

涙を流しながら聞くガイアは、自分に決定権はない、あの子自身が決めることだとマディが総帥になることを受け入れたのです。

それを聞いたインドラがドアを開くと、そこにはベラミーとマディがいました。

マディはベラミーから何も聞いておらず、突然のことに不安そうな表情を浮かべ、ガイアがフレーム入れを取り出すと、後ろに後ずさりしたのです。

© 2018 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

ガイアは強制つもりも傷つけるつもりは無いと、ベラミーは今ある現状を伝え、ひとつの民が危機的状況にあること、マディが総帥になれば谷に帰れることなどを説明して説得を続けました。

するとマディは、よく考えながら首を縦に振ったのです。

その頃、インドラがオクタヴィアの部屋を訪ねると、彼女の透析が順調に進んでおり、意識を取り戻してしまいます。

オクタヴィアは、インドラに兄さんに毒を盛られたを話すと医師はベラミーを捕らえないとと驚くも、インドラは「誰も部屋から出さぬ」と見張りと医師を殺害したのです。

ここまでで前半終了です。続きは第2部で

『THE100/ハンドレッド』シーズン5第9話ネタバレ!民&谷の崩壊!マディも遂に総帥か!?:No2
『THE100/ハンドレッド』シーズン5第9話ネタバレ前半では、藻という毒を盛られ意識を失っていたオクタヴィア。目を覚ま...

『THE100/ハンドレッド』シーズン5を観るには

『THE100/ハンドレッド』シーズン1からシーズン5までNetflixでご視聴頂けます。

ご視聴には月額定額料金が発生するご契約が必要となりますのでご注意ください。

尚、料金設定や動画配信サイトの比較は以下をご覧下さい。

https://cinemabox.biz/video-distribution/

スマホからのアクセスにはこちらが便利です。

その他、AmazonPrimeにご加入の方は、シーズン4までご視聴いただけます。



    PAGE TOP