海外ドラマ『TRUST』1話ネタバレ実際にあった事件をドラマ化!やっぱりD.サザーランドはこんな役が似合う!?

スポンサーリンク
Pocket

FOXで放送中のドラマ『TRUST』1973年、実際に起こった事件から着想を得て、『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がドラマ化した。2018年5月に公開された『ゲティ家の身代金』のドラマ版!映画未視聴の方はドラマでお楽しみを!

ドラマ『TRUST』

『TRUST』1話ネタバレ

石油王として有名な大富豪、ゲティ家の長男ジョージが会社経営のストレスと薬物により自殺。

残り3人の息子たちは、それぞれ家業に興味を持つどころか”使えない”無能な息子たちだった。

ゲティ家の当主ポール・ゲティ1世は、複数の愛人と暮らしていたが、超がつくほどドケチで、息子の死にも動揺を見せず、冷酷な男だった。

© FOX Networks Group Japan All rights reserved. / © 2018 BS-FOX

ジョージの葬儀の日。

家族や友人が集まる中、ひとりの青年がヒッピーのような姿で現れた。

彼は、ジョージの葬儀をしていることは知らずに”祖父”に会いにきたのである。

「ポール・ゲティ3世」

彼は、ポール・ゲティ1世の孫だった。

スポンサーリンク

ポール・ゲティ2世の目論見

ポール・ゲティ2世は3世の父親で、薬物に溺れて1世に見放され、2年間も口を利いてもらえてない。

ゲティ家の敷地に入る際は、薬物チェックされるほど信用されていない人物。

2人の兄弟がゲティ家の家業に興味がないことから、自分が取り入って経営に携わろうとするも、1世は彼を後継者として考えるつもりは微塵もなかったのだ。

2世は1世に取り入ろうとしたが、息子である3世がみすぼらしい姿で現れたことに激怒。

親子の縁を切る勢いだったが、後日開かれたパーティの席で、1世が3世に家業を譲ると公表したことで、さらに2世と3世の親子間で不穏な空気が流れた。

スポンサーリンク

3世の目当ては金

3世は、イタリアで自由に生きていたが、6000ドルもの借金を抱えており、祖父の顔を見に来たのは建前で、実際は金の無心に来ていたのだ。

1世は、3世を海洋にある油田に案内した際、3世に半年間油田で働けば6000ドルの小切手を渡すと約束。

© FOX Networks Group Japan All rights reserved. / © 2018 BS-FOX

ただ、ドラッグをやっていないという条件があったが、3世は「やってないし、これからもやらない」と約束をした。

しかし、1世が3世を後継者にすると発表したパーティの席で、怒り頂点に達した2世が、1冊の雑誌を1世に渡したのだ。

そこに掲載されていた、3世のヌード写真を見て1世は愕然とする。

後継者破棄

© FOX Networks Group Japan All rights reserved. / © 2018 BS-FOX

その日の夜。

3世は執事から1通の封筒を渡された。

中には、イタリアまでの航空券だけが入っており、3世は後継者から外れたことを知る。

後日、3世はローマに帰るが、すべてを失ったショックにより気が触れたかのように、素足で街中やクラグで踊りまわったりした後、何者かに連れて行かれる。

一方で、1世は愛人たちとの性生活を楽しむために、医師に”絶倫”の注射を打たせた。

その日の夜、愛人のひとりを満足させた1世自身も、久しぶりの快楽に満足していたのである。

ドラマ『TRUST』キャスト

ポール・ゲティ1世役/ドナルド・サザーランド

© FOX Networks Group Japan All rights reserved. / © 2018 BS-FOX

1世は、ケディ家を富豪にのし上げた石油王。

女好きだが、大富豪のクセに数セントの金さえもケチる。

常に冷静、冷徹な判断を下すが、事業では思いも寄らない発想で周囲を驚かすこともある。

ポール・ゲティ2世役/マイケル・エスパー

© FOX Networks Group Japan All rights reserved. / © 2018 BS-FOX

薬物中毒になり1世から見放された1世の息子。3世の父親であり、ゲイルという妻がいる。

未だに父1世から信用を得られずにいる。

ポール・ゲティ3世役/ハリス・ディキンソン

© FOX Networks Group Japan All rights reserved. / © 2018 BS-FOX

一時は、ゲティ家の後継者となったものの素行の悪さから、後継者から外されてしまう。

イタリアで絵を売って暮らしていたが、飲み代で借金した6000ドルを返済するため1世に会いにきた。

ドラマ『TRUST』の個人的な感想

© FOX Networks Group Japan All rights reserved. / © 2018 BS-FOX

実際に起こった事件から生まれたドラマという本作。

ドナルド・サザーランドは、こんな感じの冷酷や非情という役柄を演じることが多いが、まさにこの役は彼にとって敵役。

人を見下すような雰囲気や、何もかもを見透かしているような演技は絶賛である。

富豪の孫が、自作自演の誘拐事件をでっち上げるものの、それが本当の事件へと発展していくという内容。

しかし、何よりも愛人との性生活を楽しむために、秘薬まで調達する1世のたくましさに目が行く。

ドラマの中では、1世が抱えている愛人は4人。

今日は誰、明日は誰と毎日誰かを指名してベッドを共にするほどの女好き。

しかも、「財産を一切放棄する」と書かれた愛人契約書なるものにサインをさせるという徹底振り。

1世が死んでも愛人たちには何も残らないし、生きていてもドケチだから贅沢が出来るわけでもない。

1世が愛情深いようにも見えないし、愛人たちも彼を心から愛しているようにも見えない。

なぜ彼女たちはゲティ家にいるのか?という疑問も浮かぶが、そんなこと別に気にならなくなるほど、1世の性への執着には驚きと賞賛を送りたいと思う。

PAGE TOP