ついに最終回!はるたんHAPPY WEDDING?『おっさんずラブ』の真骨頂!

スポンサーリンク
おっさんずラブ
Pocket

さぁ、いよいよやってきた最終回!はるたん、なぜ部長とデキてるのか説明してもらおうか!!早速いきましょーーー!!

HAPPY WEDDING?

粘り勝ちか黒澤武蔵!!


牧と別れた後、堕落した生活に戻ったはるたん。そういやこんな生活してたんだったね!忘れてた!

しまいには気晴らしの合コンに行って、仕事に寝坊するはるたん。

そんなはるたんを部長室のバインダーの隙間から(裕次郎覗き)部長の目がキラリ。

男らしいまなざしなんだけど…あれ?まつげカールしてるやーーーん!乙女だ!完全にヒロインだ!

そんな堕落したはるたんを見かねて(部長にとったらチャンス!)部長が春田家へ来るように。

徐々に間隔を狭めて、同棲へ。そう徐々に同棲。徐々同棲。うまい!完全に作戦勝ち!!

しかし部長と同棲するようになってから、はるたんは仕事の成績は上がり、自分のことは少しずつできるようになったり。
あげまんやんけ!いや、あげ…うん、細かいところは置いておこう。

男性諸君には想像してみてほしい。素敵な女性が、あなたを思い、部屋を片付け、美味しい手料理を振舞って、朝起きたらおはようといって並べられた朝食…

どうだろうか。いいかなって思っちゃうよね。そう、それが、男(おっさん)ってだけなんだ。あ、これが重要か!!

そんな絶好調なはるたんに部長から呼び出しが。

どうやら本部の新プロジェクト参加への打診があったそうで、二つ返事で決めたはるたん。

しかし拠点は上海なんだ…という部長。しかしはるたんは行くと。

その後会社では、部長が早期退職するとの噂が浮上。家に帰ると中国語入門ブック片手に発音を練習する部長。

そういうことかーーー!!はるたんビックリ。

しかし着々と上海行きの準備を進めるはるたん。部長同伴でショッピング。

二人でランチタイム、メニューを注文しようとしたら突如始まるパフォーマンス。

踊りだすキャスト達、巻き込まれるはるたん。振り返ると部長はいない!!

???
おーーーーっと!キャストの奥から登場!!ビッチビチに決めてる!!フラッシュモブだぁ!!賛否両論あるフラッシュモブでのプロポーズだぁ!!

「結婚してください」指輪パカッ

断りずらい雰囲気だぞ。どうするはるたん。

「はい…」

負けたーーー!!はるたん押しに負けたーーー!!

いいのか牧!!これでいいのか!?

着々と話しを進める部長。結婚式から披露宴から急ピッチに進んでいく。

けど、はるたんの気持ちは晴れないまま。

営業所のみんなが、わんだほうで結婚祝いをしてくれますが、はるたんはこの気持ちをマリッジブルーといいます。

部長とはるたんの二人を見ているのがつらい牧君。店を出てしまいます。

まだ好きだからね、別れてもずっとずーーっと好きだったからね。

そんな牧君に声をかけてきたのはちず。牧君には後悔してほしくないから気持ちを伝えたほうがいいと。

いやいやいや!!君のせいでもあるんではないかい!?と、思ってしまった。

しかし、遠慮せず清々堂々とする意味では男らしいってことか?逆に。

そんな二人、橋の上から思いのたけを叫びます。

「なんで部長なんだよーーー!!」から始まり、「謎のいい体」「春田のくせに足長すぎ」などなど。

いやそれ褒めてるやん。いい体!!視聴者も思ってたよ!!

一方わんだほうでは、武川さんがはるたんへ詰め寄ります。

牧が別れを選んだ理由を話し「部長のこと、本当に好きなのか?」その問いに一瞬迷うはるたん。

だって、別れた理由を知っちゃったんだもん。それは酷ってもんだぜ。

でもね、聞いちゃってたんだよ、部長が。あぁなんだろう、胸が痛い…

スポンサーリンク

それぞれの恋それぞれの道へ

なんかこう胸にくるものがある

仕事では引継ぎにひと段落なはるたん。
みんなが春田君春田君と言っているのを目の当たりにしたマロは、「人気者ですね、軽くジェらってます」と。

続けて「みんなに下の名前で呼ばれるなんて」って。

…え?なんとか春田じゃないよ?春田が苗字だよ!!

ちょっとやめてーーー!!このときのやりとりがムショーに素に見えて、筆者個人的に好きなシーンです。

そして牧君、思いを伝える決意をした模様。

話があると言って、はるたんにメールします。7時に海港公園で待ち合わせ。

しかしはるたん携帯を忘れ、さらに道端で苦しむ人に遭遇してしまい大幅に時間オーバー。

牧君帰る、はるたん到着のすれ違いでした。

しかしこのときはるたんに電話していた牧君。営業所に置き去りになった携帯…その着信画面を見つめるだけの部長。

んんん、ただならぬものが…なんちゃって。

先に帰宅していた部長、はるたんの制作していた披露宴のウエルカムボードを見ながら、なにやら考えているよう。

遅れて帰宅したはるたん、部長の姿はありませんが、代わりに手紙が置いてありました。

「dearはるたん
もうこうしてはるたんと呼ぶのは今日が最後かもしれません。

なぜなら明日からは気持ちの上では春田武蔵。すなわち私もはるたんだからです。

いや名前のことはこの際置いておきましょう。

はるたんのまっすぐでバカで、優しくて嘘がなくてバカで、可愛くてよく食べてバカで、カッコイイところが大好きです。

はるたんのおかげで、公私共にとても充実した一年になりました。

はるたんが大好きです。

ずっとずっと、大好きです。

そして最後に、君に会えてよかった」

泣いた。なんだろう。なにかを悟っている大人感も出てるし、バカ多いし、愛に溢れてる。いや溢れすぎてる。涙も溢れて止まらない!!

カッコイイぞ!!黒澤部長!!

おっさんずラブ最終話

Copyright© tv asahi All rights reserved.


やってきたこの日。

二人だけの結婚式。教会で緊張するはるたんをぎゅっとする部長。包容力だね、これこそ。

式は始まり、誓いますか?の問いに「誓いまーーす!!」さすが舞台で第一線を張ってきた吉田鋼太郎さん、声が通る!

いよいよ誓いのキス。…が、はるたんの頭には牧が思い浮かんで止まらない。涙も溢れて止まらない。

そんなはるたんに「神様の前で、嘘はつけないよね。本気じゃないキスをされても、俺は嬉しくない」わかってたんだよ部長は。ごめんなさいと泣くはるたんに行きなさいと。

その後に披露宴を控えていたことを気にするも、「披露宴はキャンセルした。何年お前の上司をやっていると思う」と、マジかっけー!!

「いけーーーーい!!春田ーーー!!」ってマジバカデカイ声に、泣きたいシーンに笑いがこみ上げてきて顔が忙しい!!

完全に笑わせにきてる!!そのぐらいのバカデカさ。

はるたん走っていくよ、牧君のところへ。

部長、披露宴会場へ。キャンセルしてないやん!!

「ふられちゃった」みんなの前ではにかんでみせる。

蝶子元夫人泣きながら抱きつく、するとみんな抱きつく。いい営業所だなぁって思ったね。

やっぱり落ち着くところに落ち着いた

牧君を反対道路に見つけたはるたん。

べそかきながら「俺さ、牧が好きだーーー」と叫びます。

とまどいながら「…は…?」とつぶやく牧。

牧の元にやってきたはるたん。

俺といたら幸せになれないという牧に、ずっと一緒にいたいというはるたん。

「だから、俺と結婚してくださーーーーーい!!」

抱き合う二人。心の底からおめでとうが止まらない!!なんていいドラマ!!もはやこれはドラマではないんじゃ…
そのぐらいの高揚感。

そして上海に旅立つはるたんを見送る営業所。

別れをいう黒澤部長。その顔はもう部長。乙女はもう見えない。

屋上で話す、武川主任と黒澤部長。

「最後から何番目の恋ですか?」と聞く武川さん。

「5番目かな」にやり
「頑張りますねぇ」といった武川さんが、これまた素に見えて。アドリブだったのかなと思ったほど。

そしてそっと武川さんの手に、自分の手を重ねる部長。

見つめあう二人…。
え?そういう流れ?と、目を見張る筆者。

直後なんちゃって感で笑い合う二人。

いやーマジドキドキした。

その後、マイマイと鉄平兄との交際は順調。路上で弾き語る鉄平兄に3万以上入れちゃうマイマイ。

ギャグ!!ちずは、外国の方といい感じ。夕飯なに食べたい?なんて、希望通りイケメン執事彼氏と腕組。

マロと蝶子も、マロが順調に蝶子の壁を壊していってます。

そしてはるたんと牧。

上海への支度、荷物が入りきらずぐずぐずなはるたん。牧君に甘えます。

しかしドS牧、はるたんに厳しい!!すぐじゃれあいが始まります。

からの、「俺、もう我慢しないって決めたんで」
牧がはるたんにキッス。

キャーーーー!!顔を両手で覆いたくなりました。「ん、マジでやめろよっ!!」からのからの、形勢逆転。

「んなわけねーだろっつーの」ちゅ。エンド。

スポンサーリンク

まとめ

見終わったときになんてすがすがしいんだろう。と思いました。

最近終わり方にモヤモヤするのばっかりで。

『おっさんずラブ』には存分に楽しませて頂きました。

ただ『おっさんずラブ』ロスになりそう。

田中圭君はじめ、みんなはまり役で、作品の雰囲気からみなさん本当に仲がよくいい現場だったんだろうなと思いましたね。

演技がリラックスして見えて、ふっと、役じゃなく本人なんじゃないかと思うくらい。

いい作品に出会いました、ありがとう!!『おっさんずラブ』!!

え?あのシーン見てないの?

そんなあなたに朗報です。

『おっさんずラブ』ブルーレイ&DVD発売のお知らせ。

あなたのおうちで、おっさん達、また蘇りますよー。

アマゾンプライム会員の方はこちらから。



    PAGE TOP