映画『ヴェノム』興行収入新記録を樹立!これは絶対観るべき映画だ!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
Yoko Niki

Yoko Niki

映画や海外ドラマが大好きです。面白く感動する映画・ドラマについて書いていますので、ぜひ見たい作品の参考にしてください
Pocket

スパイダーマンの宿敵として知られるヴェノム。記者だったエディが地球外生命体に寄生され悪に導かれてしまう。ヴェノム誕生の物語を綴った映画『ヴェノム』が2018年11月2日に公開されます。今回は、公開前に『ヴェノム』の見ておくべきポイントやあらすじ、キャスト情報をご紹介!

映画『ヴェノム』

作品概要

【公開】

2018年11月2日(金)

【原作】

マーベルコミック『ヴェノム』

【監督】

ルーペン・フライシャー

【キャスト】

トム・ハーディ、ミシェル・ウィリアムズ、リズ・アーメッド他

スポンサーリンク

映画『ヴェノム』のあらすじ

記者として活躍してエディは、ある日ライフ財団で人体実験が行われているという情報を掴みます。

真実を暴くため、ライフ財団の研究施設に乗り込んだエディ。

しかし、そこではシンビオートという地球外生命体を人間と融合させ、人類を進化させる恐ろしい実験が行われていました。

シンビオートに触れてしまったエディは、次第に謎の声が聞こえるようになり、体が謎の声によって操られ変わり始めたのです。

そしてついにヴェノムとしての姿を表しました。

エディはヴェノムに侵されることに危機感を感じていましたが、その一方でヴェノムの持つ恐ろしい力に惹かれていったのです。

スポンサーリンク

ヴェノム役はトム・ハーディ

ヴェノム役に抜擢されたのは、ハリウッドで大注目の俳優トム・ハーディ。

『ダークナイト ライジング』では、バットマンの敵役ベインを演じて、”悪役”というイメージを観客に植え付けました。

さらに『レヴェナント:蘇りしもの』でもディカプリオ演じるヒュー・グラスをいじめまくる敵役ジョン・フィッツジェラルドを演じてアカデミー賞助演男優賞にノミネートされています。

近年の映画では、強烈な悪役のイメージを印象付けたトム・ハーディにとっては、かなりのハマり役になりそうです。

映画『マッドマックス』で主役を演じていますが、この作品では最終的に”いい人”という印象を与えましたが、どこか影のある謎めいた役柄を演じました

また2017年のドラマ『TABOO』では一切笑わず、悪なのか善なのか分からない奇妙なディレイニー役を演じましたが、プライベートでは笑顔が素敵な英国紳士です。

どこか裏がありそうな人物を演じさせたら、ハリウッドの中でトム・ハーディが1番かもしれませんね。

マーベル史上、最も残虐なヴィランと言われているヴェノム。

トム・ハーディが演じているヴェノムが、どれだけ最悪なダークヒーローになっているのか今から待ち遠しいです。

監督は「ゾンビランド」を作ったルーベン・フライシャー

映画『ヴェノム』でメガホンを取ったのは、ホラー映画とコメディー映画の融合が最高に面白いと話題となり、ゾンビ映画としてアメリカでトップの興行収入を収めた『ゾンビランド』のルーベン・フライシャー監督。

そんな映画を作った監督が、この最強の悪役をどう作り出したのかとても気になるところですが、もしかしたら『ゾンビランド』で見せたゾンビの恐怖は、ヴェノムの恐怖と通じるものがあるのかもしれません。

さらに、主人公がどんどん追い詰められていくのは、『ソンビランド』でも『ヴェノム』でも同じです。

『ゾンビランド』の中にあったあの絶妙な笑いが、主人公のエディとヴェノムの間で繰り広げられることでしょう。

ただし、記者として正義を貫いていたエディがヴェノムに侵されていく様子に恐怖を感じ、彼がヴェノムとなった瞬間は、恐怖が頂点に達するはず。

役に対するトム・ハーディーの演技力と、ヴェノムに侵食されていく様子と相まって、さらに背筋が凍るほどの恐怖感を演出してくれること間違いなし!

ハリウッドで着実にキャリアを積んできた監督が作り出す『ヴェノム』。

観ないわけにはいきません!

『ヴェノム』がやっと映画になった!

映画『ヴェノム』は、2018年11月2日公開となっていますが、実はかなり前から映画化の話は持ち上がっていたのです。

初の実写版として作られた『スパイダーマン』は2002年に公開。

3部作として2007年まで3本の『スパイダーマン』が作られたのですが、実は4作目にヴェノムの主演の映画が計画されていたのです。

新しいスパイダーマンシリーズとして制作された『アメイジング・スパイダーマン』の、スピンオフとしてヴェノムの映画化が考えられていました。

しかし、どちらもシリーズ自体が打ち切りになったため、ヴェノムの話も消えてしまったのです。

そして今回、制作側が作りたかった『ヴェノム』、マーベルファンが待ち望んだ『ヴェノム』がやっと映画になりました!

たくさんの人々の期待が詰まった『ヴェノム』。

アメコミファンでなくても見る価値のある作品なんです。

映画『ヴェノム』の見どころ

映画『ヴェノム』の見どころ、それは何と言ってもヴェノムの出現でしょう。

黒くてツルツルしたヴェノム。

最初は手足のような物から現れますが、エディがヴェノムとなる瞬間は息を呑んでしまうはず。

エディが、一瞬にして恐ろしく醜いヴェノムが姿へと変化するのです。

地球外生命体ですからヴェノムの持っている力は、人間がかなうわけはなく、次々と人間を襲っていきます。

しかし、ただ人間を殺すだけではなく、ヴェノムは人間を食べてしまうのです。

肉も、骨も、何も残らないまでヴェノムは人間を食べ尽くすのでした。

怖く恐ろしいですがそれがヴェノムなのです。

ぜひ映画館でヴェノムの実態を確かめてみてください。

怖いけど、絶対にヴェノムの魅力に引かれるはずです。

ファン必須アイテム【ヴェノム:フィギュア】


映画【ヴェノム】上映劇場

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc.

公開劇場は多数!映画【ヴェノム】がどれほど期待されていた、どれほど待ち望まれていた映画なのかは公開劇場数で一目瞭然!

お近くの劇場情報をご覧になりたい方は公式ページにアクセスしてください。

映画【ヴェノム】公式ページの劇場情報へ



    PAGE TOP