映画『ヴェノム』完全ネタバレ 最凶が最強に!? ヴェノムは実はいいやつだった!?

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
Yoko Niki

Yoko Niki

映画や海外ドラマが大好きです。面白く感動する映画・ドラマについて書いていますので、ぜひ見たい作品の参考にしてください
Pocket

2018年11月2日。多くのファンが待ち続けた『ヴェノム』が日本で公開されました。スパイダーマンの敵として有名なヴェノム。最強のヴィランと言われているヴェノムですが、実写版ベノムはかなりいいやつでした。今回は、エディとヴェノムの最強コンビ映画『ヴェノム』について完全ネタバレでご紹介します。

映画『ヴェノム』ネタバレ

ヴェノムの正体は?

ヴェノムは、主人公のエディに寄生しましたが、そもそも”ヴェノム”の正体とは何なのでしょうか?

なぜ”ソレ”は地球にやってきたのでしょうか?

それは映画の冒頭に描かれています。

ライフ財団のドレイクは、人口が増えて壊れ始めた地球を捨て、人間が住める惑星を探していました。

ドレイクは地球以外の惑星に住むためには、その惑星の生物との共有しかないと考えていました。

つまり、人間の体を宿主とし地球外生物がが人間の体の中に生きるということ。

人間が生き残るには、その道しかないと考えていたドレイクは、表向きはロッケット産業というビジネスをしていましたが、その裏では地球外生物を探していたのです。

そしてついに「シンビオート」という地球外生物を発見したドレイクは、それを地球に持ち込み、人間を使った人体実験を始めたのでした。

これが今回、物語の中心となるヴェノムの正体。

ヴェノムとは、シンビオートの1人なのです。

ドレイクは、自分達がシンビオートを発見したと思っていましたが、実はシンビオートはもともと地球にやってこようとしていました。

そして人間に寄生し、地球を征服しようと考えていたのです。

スポンサーリンク

エディとヴェノムの適合性

シンビオートはどんな人間にでも寄生できるわけではなかったため、人体実験は簡単には進みません。

シンビオートと人間の適合性が必要となのです。

ホームレスを使った実験では、シンビオートに適合する人間はいませんでした。

しかしそんな時に、記者のエディがライフ財団に侵入してきたのです。

以前、ライフ財団の取材をしクビになってしまったエディは、今回こそ真実を暴こうとライフ財団の研究施設に侵入しました。

そこで知り合いのホームレスを見つけて助けようとしますが、逆に襲われシンビオートに寄生されてしまいます。

そのシンビオートがヴェノムだったのです。

今までの実験では成功しなかった寄生。

ところが、なぜかヴェノムとエディは相性がよく適合してしまったのです。

最初はエディも戸惑うものの、ここからヴェノムとの共存生活が始まりました。

スポンサーリンク

ヴェノムとエディの最強コンビ誕生

エディは、自分の体に何かが寄生してパニックになっていました。

頭の中で誰かの声がするし、自分の腕が黒く伸びたりしてますます驚きます。

シンビオートを盗んだとして、ライフ財団から追われるものの、ヴェノムが代わりに戦ってくれるのです。

ヴェノムとなって戦っている最中、エディは自分の体をコントロールできず、人間を頭から食べてしまいます。

それも、ヴェノムは生きている生物しか食べません。

レストランで料理された肉を食べた時も、「死んでいる」と怒っていました。

ヴェノムを自分の体から追い出したいエディは、一度だけ元彼女のアンのおかげでヴェノムを自分の体から追い出すことに成功しますが、ヴェノムは結局エディの体に戻ってきてしまいます。

ヴェノムにとって、エディの体は居心地がいいようでしたし、エディもまたそんなヴェノムと、心を通じ合わせるようになっていくのです。

最初ヴェノムは、地球を征服しようとしてやってきたものの、地球とエディを好きになり、征服をやめ地球を守るために戦ってくれるのでした。

これは、最強ヴィランと言われていたヴェノムが、地球を守ってくれるヒーローとなった瞬間でもありました。

エディはヴェノムが自分の体に寄生することを認めますが、食べていいのは悪人だけというルールを作ります。

エディとヴェノムは最強コンビとなったのですが、実際はエディを演じたトム・ハーディがヴェノムの声も演じているので1人2役ということ。

エディとヴェノムのやり取りは漫才を見ているようでとても楽しいのですが、1人2役と知ったときに、トム・ハーディの演技力の凄さに驚きました。

ヴェノムVSライオット

ところが、地球に来たシンビオートはヴェノムだけではありません。

もう1人、シンビオートのライオットはライフ財団のドレイクに寄生します。

ライオットはドレイクのロケットを使い、地球征服のために仲間を地球に呼ぼうとしますが、ヴェノムが阻止。

ヴェノムはライオットと戦うことになりました。

強敵とされるライオットと叩かうヴェノム。

ロケットで旅立ちますがヴェノムがなんとかロケットを止め、ロケットごとライオットを爆破したのです。

ヴェノムは好きになった地球を守るためにライオットを倒し、ヴェノム自身は地球に残ることを選びました。

映画『ヴェノム』興行収入新記録を樹立!これは絶対観るべき映画だ!
スパイダーマンの宿敵として知られるヴェノム。記者だったエディが地球外生命体に寄生され悪に導かれてしまう。ヴェノム誕生の物...

クレジット後の展開はもちろん続編予定

マーベル映画といえば、エンドクレジット後にある続編を予想させる物語が有名です。

もちろん今回の映画『ヴェノム』でも、エンドクレジット後の物語は用意されていました。

エディは連続殺人犯に会うため、記者として刑務所を訪ねます。

連続殺人犯役を演じているのはウディ・ハレルソン。

連続殺人犯はエディに向かって「俺が刑務所から出たらカーネイジが現れるだろう」と言ってこの物語は終わりました。

原作を読んだことがない人は「?」となりますが、原作ではこのカーネイジもシンビオートの1人となっています。

連続殺人犯にはカーネイジが寄生しているのです。

ということは、続編ではヴェノムVSカーネイジ(トム・ハディーVSウディ・ハレルソン)となりますね。

映画『ヴェノム』を見たばかりなのに、続編を期待してしまいました!

悪と思いきや、地球を守ってくれるヴェノム。

次回の戦いが楽しみでなりません。



    PAGE TOP