『ウォーキングデッド』シーズン9 伏線回収もろもろの第2話! 3話の動画から今後の展開も予測!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
Yoko Niki

Yoko Niki

映画や海外ドラマが大好きです。面白く感動する映画・ドラマについて書いていますので、ぜひ見たい作品の参考にしてください
Pocket

不安ばかりが残った『ウォーキングデッド』シーズン9 第1話。第2話は久々に声が出てしまうほどのショックなシーンが。さらにラストでまさかのカップル誕生。物語の前半の伏線を後半全て回収した面白いストーリー展開になっていました。

ドラマ『ウォーキングデッド』シーズン9

第2話あらすじ

リックやダリルたちは、近くでキャンプをしながら、聖域の住人たちと壊れた橋を修復していました。

修復作業の指揮を執っているのはユージーンで、リックと橋の作業について話をしています。

その時、修理中の橋の上でダリルと聖域の男が喧嘩を始めました。

男がヘンリーから水を奪ったため、ヘンリーは男を倒します。

怒った男がヘンリーに襲いかかろうとしたところを、ダリルが止め喧嘩になったのです。

リックがその喧嘩を止めますが、ダリルは爆発寸前。

「みんな味方だと分からせる」というリックに、ダリルは「俺たちは味方か?」と答えます。

リックは、こじれ始めたダリルとの関係に頭を痛めていました。

さらに、橋の修復のためウォーカーを別の場所に移動させようとしていた時に、事件が起こります。

ウォーカーを誘導させるはずの男が、無線の指示に答えずウォーカーを誘導しません。

そのため、伐採場で仕事をしているダリル達の元へ、大量のウォーカーが向かってしまったのです。

ウォーカーに驚いた男が、丸太を積み上げていたロープから手を離したため、丸太が転げ落ち、その場にいたアーロンが下敷きになってしまいます。

無線の指示に答えず、ウォーカーを誘導しなかったのは、先ほどダリルと喧嘩をしたあの男だったのです。

怒りに任せ男を殴るダリル。

キャロルに止められますが、ダリルの怒りは収まりません。

さすがのリックも、この男の態度に激怒し、彼を聖域から追い出したのです。

【ウォーキング・デッド】シーズン9全話ネタバレ考察(現在6話まで更新!)
2018年10月から新シーズンがスタートした【ウォーキング・デッド】。ネタバレを含みながらの考察、伏線、回収などの情報を...
スポンサーリンク

ヘンリーの今後の成長に期待!

第1話では登場しなかったヘンリーも登場しました。

久しぶりに見たヘンリーは、とても大きくなっているように感じました。

キャロルも「背が伸びたみたいね」と、彼の成長ぶりに驚いている様子。

ヘンリーが、キャロルの頬にキスをした時に、随分大きくなったなと感じた方も多いことでしょう。

みんなが橋を作っている時に、ヘンリーはみんなに水を配る役割を担っていましたが、男に水を奪われた時も、逆に男を倒し水を奪い返しました。

モーガンに教わった倒し方を忠実に守っており、棒も彼にもらったものを大切に使っていたようですね。

腕前も上達しており、改めてヘンリーの成長を感じました。

スポンサーリンク

前半に伏線を張り、後半回収したストーリー展開

ヒルトップはハーシェルかぶり?

【前半】

ミショーンはヒルトップに、聖域のために食料が欲しいをお願いに行きますが、マギーはハッキリ断ります。

さらに、第1話で自分を襲ったアールを、1ヶ月以上閉じ込めていました。

妻のタミーは夫に合わせて欲しいと何度もお願いしています。

なかなかOKを出さないマギーでしたが、ジーザスに頼まれ夫婦を合わせますが、この時点ではアールを解放することはしませんでした。

【後半】

アールと話をするマギー。

アールはアルコールに溺れた人生を送っていて、20年間禁酒をしていました。

前回グレゴリーにそそのかされ、お酒を飲むまでは……。

マギーは、アールが禁酒するようになったきっかけを聞きます。

その話を聞いたマギーはアールを牢から出し、仕事につかせたのです。

ミショーンは、なぜ気持ちが変わったかをマギーに聞きます。

マギーは「自分の父親も依存していた。でもそこから立ち直って多くの人を助けた」と答えたのです。

ミショーンも「私も助けてもらった1人だ」と言い、マギーはアールも変われると思って、牢から出したのでした。

先日、マギーの父ハーシェル役を演じたスコット・ウィルソンが亡くなったばかりということもあり、マギーのセリフが切なく聞こえます。

アーロンの残酷過ぎる伏線回収

【前半】

テントの中で、イーニッドがシンディの手の治療に当たっています。

イーニッドはセディックの元で研修医として勉強していました。

リックはセディックに家に戻るように言います。

そしてイーニッドは1人キャンプに残り、医者として働くことになったのです。

後半、イーニッドが1人になったことで、思いがけない経験をすることになりました。

別の場所では橋を修復しながら、ダリルとアーロンが話をしています。

アーロンは引き取った子供の可愛さをダリルに話し、ダリルにも「いい父親になれる」と楽しそうに話していました。

そんなアーロンには後半、悲惨な運命が待っていました。

ここでアーロンが子供を引き取ったことを前フリしておき、後半で悲劇に見舞われるという、前半にクローズアップして後半に事態が起きる。

ドラマや映画の中によくある伏線ってやつですね。

【後半】

ウォーカーをうまく移動させるための計画でしたが、2つ目の場所と連絡が取れずに、伐採場に向かってしまったウォーカー。

ダリルがすぐにウォーカーの大群に気づき、皆を撤退させようとしましたが、丸太の上にいた男が慌てて持っていたロープを離し、アーロンの片腕が丸太の下敷きになってしまいました。

ダリル達が丸太を抱えてアーロンを助け出しますが、アーロンの腕はボロボロ……。

思わず「うわー」と声が出てしまうほど、アーロンの腕はひどい状態になっていました。

ダリルが、医務室がわりのテントにアーロンを運びますが、そこにはイーニッドしかいません。

イーニッドはアーロンの腕を切断することを決心しましたが、研修医のイーニッドにとってもまさかの展開で、彼女の顔もかなりこわばっていました。

アーロンは助かりましたが、片腕を失うことに……。

前半で子供のことを話しているのに、後半でアローンの片腕を失わせる【ウォーキング・デッド】ならではの残酷な仕打ちですね。

聖域の男(今後キーマン?)

【前半】

今回、前半からかなり嫌な男だったのが、聖域の男です。

ヘンリーから水を奪い、ダリルと喧嘩になります。

嫌な空気をずっと出しつつけていた男は、後半大変なことを仕出かしてくれました。

【後半】

タラの無線の指示に答えなかったのが、この男でした。

この男のせいでウォーカーは伐採場に向かったのです。

前回、聖域に書かれていた”落書き”は、もしかしたらこの男かもしれませんね。

統一を目標としていたリックにとっても、反発的な態度をするこの男は厄介ものでしかありません。

”この男絶対に何かやらかす”と察していた方も多いことでしょう。

リックは、この男を聖域から追い出しましたが、今後”敵側”として関わってくる可能性もあります。

彼は【エージェント・オブ・シールド】に、ヴィランとして出演していましたが、ただでは転ばない男という印象が強いし、ヴィランとしては適役なので本作でもリックの「目の上のたんこぶ」状態になるかもしれません。

まさかのカップル誕生!?

【前半】

楽しそうに話をしているゲイブリエルとジェイディス。

「リックとモーガン以外は冷たい目で私を見ている」というジェイディスに、ゲイブリエルは優しく「時間が経てば大丈夫だ」と答えています。

意外な二人が話をしているなと思ったら、なんと後半驚きの展開が待っていました。

【後半】

ゲイブリエルに頼まれて書いた、女性の話をしているジェイディスとゲイブリエル。

前半よりもいい雰囲気で、どうやらジェイディスの方がゲイブリエルに気があるようにもいえます。

ゲイブリエル自身は、神に仕える身ということもあり前半は消極的でしたが、なんと自分からジェイデスにキスしてしまいました。

まさかの意外なカップルに驚きです!

予想していなかったカップル誕生にびっくりした瞬間でした。

ここでニーガン登場!

【前半】

第2話はリックが誰かに話しをしているシーンから始まります。

これはすぐに、相手はニーガンだろうと気がつきましたよね。

ニーガンの姿はなくても、ニーガンしかありえない状況でした。

【後半】

リックはニーガンに、橋の修復時に起きたことを話していました。

アーロンに起きた出来事も話し、辛い1日だったと言っています。

「それでも何があっても団結するのが人間だ」とリックは言います。

ニーガンは話を聞き「大きな理想だ」と答えました。

さらに「いつか崩壊する」とリックに言ったのです。

ニーガンのやり方は、制圧的ですが強者が弱者を守る、弱者は弱者なりにやれることをやるという、この世界だからこその定義。

敵だったニーガンに話をすること自体、ニックの弱さが浮き彫りになっています。

どんなにリックが強気な話をしても。

ニーガンの「いつか崩壊する」という言葉は、リックの弱い部分を見抜いているからこその言葉でしょうね。

崩壊するのはニックか、それとも人間関係なのか……。

未回収の伏線

綺麗に伏線を回収して物語を展開させた第2話でしたが、回収されなかったエピソードもありました。

・聖域から脱出した人が6人いて、戻ってきていない
・聖域がヒルトップへ届けた燃料が届いていない
・リックに聖域を追い出された男は殺された?
・ジェイディスが見たヘリコプター

この回収されていないエピソードがとても気になります。

ラストで聖域を追い出された男が出会った人は、話しかけていたので男の知り合いのはず。

ということは聖域の人の可能性が高いですよね。

聖域から逃げた人達は、武器を持っていないのに生き延びているとしたら、その理由は?

これが今後の物語のポイントになってきそうですね。

そろそろ次なる敵”ウィスパーズ”のご登場か?と考えれば、逃げ出した人たちは、もしかしたら彼らの仲間になっている可能性も高いですよね。

今回、男が出会った人間が聖域から逃げ出した人たちであるとすれば、アレクサンドリアやヒルトップ、王国や聖域の情報は筒抜けになっているはず。

すべてを知られていたら、リックたちはお手上げ状態になるので、そこでニーガンを登場させるという流れになるかもしれませんね。

第3話の動画から展開を予測

【ウォーキング・デッド】3話の動画が公開されていますが、一部を観た限りでは1話の平穏な日常が見事に崩れ去っています。

ニーガンが「団結は大きな理想だ」といった理由もここでわかるはず。

全く違う考えの人間が集まっただけでは「団結」は出来ない、だからこそのニーガンの策だったのでしょう。

一発触発の危機で、見事に分裂していますね。

ダリルの考えは、仲間を殺したやつらと手を組むことが許せない、だからみんな一緒に頑張ろうぜ!というリックに反発してるんですね。

それはマギーもきっと同じ。

グレンもエイブラハムもサシャもみんなニーガンに殺されているので、ひれ伏したからといって許せるはずがないんです。

ニーガンひとりを捕まえたからとは言え、もともと団結力がない彼らからすれば何て事はありません。

まだニーガンの配下にあった方が、暴走しないで済んだのかもしれませんね。

カールはニーガンの考え方に気づいていたからこそ、「戦わないで」と遺したはず。

この騒動、リックはニーガンを解放して収めるのか、それとも……。



    PAGE TOP