『ウォーキングデッド』シーズン9第4話ネタバレ ラストは衝撃!リックが…そしてニーガンの過去とは!?

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
Yoko Niki

Yoko Niki

映画や海外ドラマが大好きです。面白く感動する映画・ドラマについて書いていますので、ぜひ見たい作品の参考にしてください
Pocket

『ウォーキングデッド』シーズン9第4話。いよいよ前半の折り返しになるエピソードです。ここまでリック達に新たな敵は現れていませんが、リックと仲間との関係は危うい状況です。そして、ついにマギーとダリルが動き出しました。そんな中、ラストは衝撃的な展開!いよいよリックのラストへのカウントダウンが始まる!

ドラマ『ウォーキングデッド』シーズン9

【ウォーキング・デッド】シーズン9全話ネタバレ考察(現在6話まで更新!)
2018年10月から新シーズンがスタートした【ウォーキング・デッド】。ネタバレを含みながらの考察、伏線、回収などの情報を...

第4話「各々の義務」あらすじ

ミショーンの表と裏

第4話はミショーンの表と裏から始まります。

リックが橋を作るために外に出ている間、アレクサンドリを守っているのはミショーンでした。

アレクサンドリアを再生させ、住民達とコミュニケーションをとり、さらには新たな憲章づくりをしています。

しかし、夜になるとミショーンは1人こっそり刀を持ってアレクサンドリアの外に出かけ、ウォーカーを殺していたのです。

日中はジュディスと穏やかな時間を過ごしていても、夜にはウォーカーを次と次と殺していました。

”戦士”として自分の気持ちを抑える事ができなかったのでしょう。

この夜の行動で、心のバランスをとり昼間アレクサンドリアのことに集中できていたようでした。

もちろんリックはそんなことを知りません。

しかし、ただ1人だけそんなミショーンの気持ちを知っている人がいたのです。

”ニーガン”

彼は、牢に入れられながらも、ミショーンの心の葛藤に気がついていたのです。

リックの孤独

前回のエピソードで裏切り者の聖域のメンバーを追い出したリック。

橋の作業人数が減ってしまい、作業が遅れている中で、さらに雨の影響で水かさが増し、橋も壊れそうになっていました。

そんなリックの元に、ジーザスから知らせが届きます。

「マギーがアレクサンドリアに向かった」

ジーザスはマギーがヒルトップから出て行く前に、マギーと少しだけ話をします。

すでにマギーが何をしようとしているのか、気がついていました。

「あの時ニーガンを殺しとくべきだった。リックが1人で決めるべきではなかった。彼のように間違えを起こして欲しくない」と、ジーザスはマギーの行動を止めようとします。

しかしマギーは、ジーザスの制止を振り切って、アレクサンドリアに向かってしまったのです。

「ミショーンにマギーが向かったことを知らせろ」

リックは、ジーザスからの連絡を受け、無線で仲間に指示を出しましたが、その連絡はアレクサンドリアに届くことはありませんでした。

連絡係はマギーの味方だったのです。

さらにダリルもリックを裏切ります。

急いでアレクサンドリに戻ろうとするリックを「送って行く」と言ってバイクに乗せたダリルでしたが、向かった先はアレクサンドリアではありませんでした。

マギーの邪魔をさせないため、ダリルはあえてリックを違う場所に連れて行ったのです。

道が違うと気がついたリックは、バイクを止めさせましたが、そのままダリルとつかみ合いになってしまいます。

ところが、勢い余って転がってしまい、ふたりは深い穴に落ちてしまったのです。

穴の中で、ダリルとリックは言い合いになり、リックはここで初めてオーシャンサイドが救世主を殺していたことを知りました。

リックは驚き、伝えなかったダリルに怒りをぶつけますが、すでに自分が孤独な状態であることにも気づき愕然とします。

この時の、リックのショックはとても大きかったことでしょう。

ある意味、仲間から裏切られていたという絶望感と、自分は正しいのか?という思いの狭間で揺れていたと思います。

そんなリックの顔を見ているとなんだか悲しくなってしまいました。

確かにダリルの言う通り、グレンがいたからリックは助けられ、家族と再会し仲間もできました。

それはその通りですが、リックだってカールを失ったのです。

ダリルはリックに「カールに取り憑かれて、間違った方向に進んだ。カールのことを忘れろ」と言います。

こんなセリフを、ダリルの口から聞きたくなかったなと言うのが正直な思いです。

ニーガンとミショーンの関係

ニーガンが食事を摂らないという報告を受け、ミショーンが直々に食事を運びました。

するとニーガンは、ミショーンに少し話をしようと言います。

食事を摂ると言う条件で、ミショーンはニーガンと話をすることに……。

しかし、その話の内容がミショーンの心を騒ぎ立てることになったのです。

ニーガンはミショーンの心を見抜いていました。

アレクサンドリアの中ではなく、外に出たいはずだと。

ミショーンは必死に抵抗しますが、夜ウォーカーを殺している姿からすればニーガンが言っていることは当たっているのです。

しかもニーガンは、ミショーンに「俺たちは同類だ」とも言います。

「壁や柵の中にいると死んだのも同然で、外に出るのは中毒のようなものだ」

さらに、息子が死んでほっといているはずだと言って、ミショーンを怒らせたのです。

一度は理性を失ったミショーンですが、もう一度ニーガンに食事を食べるように言います。

そして「あなたは快楽を得ていた。でも私は時には自分を犠牲にして物事をよくしている。世界を築いている」言ったのです。

ニーガンは出て行くミショーンに「1つだけ頼みがある」と言いお願いをします。

「”彼女”に合わせてくれ」

「彼女」とはルシールのこと。

ニーガンは「こんな世界だからしがみつきたい」と言って、ミショーンにルシールを持ってくるようにお願いしたのです。

しかしミショーンは「バットはない」と言って出て行ってしまいました。

するとニーガンは、壁に何度も頭をぶつけながら怒りと悲しみを爆発させたのです。

こんなニーガンは今まで見たことありません。

リックの方が追い詰められていると思っていましたが、実はニーガンも追い詰められていたのですね。

今までとは全く別人の一面を見た気がしました。

リックがヤバイ!これが最後になるのか!?

リックとダリルは穴の中で言い争いをしていますが、キャンプ場から聞こえた銃声を耳にします。

キャンプ場では聖域の人たちがキャロルに銃を向けていました。

彼らは自分たちの仲間を殺したのがオーシャンサイドだと知り、今にも戦おうとしていたのです。

そして戦いが始まってしまいます。

その銃声がリック達にも聞こえました。

銃声により、ウォーカーが次々と集まり、ついには穴にも落ちてきてしまいます。

ウォーカーを避けながら、リックとダリルは懸命に上に登り、ふたりは何とか脱出できました。

しかし、地上にはすでにウォーカーが集まり始めていたため、リックは橋を守るためにダリルと別れ、ウォーカーを別の場所に誘導することに。

別れ際にダリルは、「気をつけろ」とリックに言いました。

この言葉は、リックの身に起こることの伏線になっていると気づいた方も多いことでしょう。

リックは馬に乗り、後ろにウォーカーを引き連れ誘導していますが、曲がり角に来た時、逆の道からもウォーカーの大群がこちらに向かっているのを観て驚愕。

リックは、ウォーカーの大群に挟まれ、馬も興奮状態となりリックを振り落としてしまったのです。

その瞬間、リックは叫び声をあげました。

なんと、リックは鉄筋コンクリートの上に落ちてしまい、鉄の棒が腹に刺さってしまったのです。

背中の方からお腹までリックの体を貫通している鉄の棒。

リックは身動きすら取れません。

ウォーカーの大群が、右から左からと近づいて来るなか、とうとうリックの意識は薄れていったのです。

スポンサーリンク

ニーガンの過去とリックとの共通点

妻ルシールとの別れ(原作チョイス)

© 2010-2018 AMC Network Entertainment LLC.

今回、”ルシール”は外に出したわというミショーンの言葉を聞いたニーガンが、これまでには見られなかった絶望感に打ちひしがれていました。

ルシールはニーガンの妻の名ということはご存知かと思いますが、実はニーガンの過去についてはほとんど語られていないのが現実。

『ウォーキング・デッド』のスピンオフとして、ニーガンの過去だけを描くという話もあがっているようなので、本編では過去のさわり部分しか明かされないかもしれませんね。

原作によるとニーガンは、前の世界では高校の教師で生徒に卓球を教えていたという過去があります。

ルシールという妻がいましたが、その一方で愛人もいたのです。

しかし、ルシールは癌を発症。

ニーガンは、ルシールに全てを打ち明け、愛人と別れてルシールを選びました。

しかし妻は、死にゆく自分ではなく、健康な愛人を選ばなかったことに激怒したのです。

そしてルシールは入院し、ニーガンは病院の窓から終末を見ているとき、ルシールは息を引き取りました。

その後、ルシールはウォーカーに転生しますが、妻を殺すことが出来なかったニーガンは、たまたま助けた少年に、その見返りとして妻を殺すよう頼んだのです。

今回、ニーガンが”ルシール”に異常なほど執着している姿が見られました。

一体”ルシール”にはどんな秘密があるのか、本編でどこまで明かされるのかも興味深いですね。

リックとニーガンの共通点

リックは、保安官として犯人を追っている時、拳銃で撃たれ生死を彷徨っていました。

彼が病院で目覚めた時には、すでに終焉が訪れておりウォーカーが蔓延る世界へと変わっていましたが、ニーガンもまた病院でルシールの最期に窓から終焉をみていましたよね。

ふたりの共通点は”病院”。

そして、お互いが妻を失くしていること。

ストーリーだけを見ていると、ニーガンが悪でリックが善のようにも見えますが、実はリックもニーガンのように残虐になりかけたことがありました。

刑務所に住みついたシーズン3。

その時は、自分や仲間を守るために、閉じ込められていた犯罪者たちを排除しました。

彼らがどんな人物であろうと、リックにとって邪魔者だったわけです。

また、アレクサンドリアが食料危機に陥った時も、ヒルトップと”ニーガン”を排除するのを条件に食料を得るという交渉をしました。

ヒルトップが弱い立場にあるということを逆手に取った条件で、どんなにニーガンを非難しようと、結局はリックがやってきたことは、ニーガンと何ら代わりはないといっても過言ではないでしょう。

結局は、リックもニーガンも自分と仲間を守るために”殺す”エゴイズムなのです。

ただ、ふたりには相違点もあります。

それは、リーダーとしての立場。

基本的に統率方法が違うというのは、リック自身も気づいていますよね。

ニーガンに出来たことが、なぜ自分には出来ないのか……。

ふたりの共通点、相違点は今後の展開でぜひクローズアップして欲しいですね。

スポンサーリンク

『ウォーキング・デッド』シーズン9第4話の見どころと感想

まさかこんなことが起こるとは思っていなかったので、とても驚きました。

リックの最後まであと2話あるので、ここでこんな事が起こるとは想像してなかったです。

心の準備ができていなかったので、ショックというか呆然としてしまいました。

このままリックはウォーカーに噛まれて死んでしまうのか?

ここぞという時に、誰かが助けにくるという展開も期待できないわけではありません。

噛まれてウォーカーになった姿で終わるのは、あまりにも切ないですからね。

どちらにしろ、この出来事がリックのラストの伏線になっているのは、間違いないでしょう。

もしリックが死ぬのであれば、1人孤独に死ぬのではなく、やはり大切な仲間に見守られながら息を引き取って欲しいと思います。

”続きを見たいけどリックが死ぬのは嫌だ”そんな複雑な気持ちです。

『ウォーキング・デッド』全シーズンはHuluで観られるよ!



    PAGE TOP