海外ドラマ『ウォーキングデッド』シーズン9第6話解説 ついに”ウィスパーズ”登場か!?

Pocket

リックが去り新たな展開に突入した『ウォーキングデッド』。時代が進み新しい仲間も登場しますが、思わず「えー!」となる展開がたくさん用意されているエピソードでした。驚いた展開を中心にシーズン9の第6話を振り返ってみたいと思います。

ドラマ『ウォーキング・デッド』シーズン9

第6話「街の審査会」あらすじ

ジュディスが助けた5人組はマグナやユミコ、コニー、ケリーなどと名乗ります。

アーロン達は規則とは違いますが、アレクサンドリアに5人を連れてきました。

アレクサンドリアでは5人を受け入れるかどうか、投票することになります。

ゲイブリエルやアーロンは5人を受け入れたいと思っていましたが、ミショーンの考えは違いました。

ミショーンは彼らの1人が嘘をついていることを見破り、結局彼らはアレクサンドリアから出て行くことになったのです。

そんなミショーンの考え方を変えたのはジュディスの行動でした。

一方で、ユージーンとロジータは信号を増幅させるため中継器を設置しに出かける途中で、ウォーカーにの大群が自分たちの方に向かってきていることに気づきます。

2人は急いで逃げようとしましたが、馬が脅えて逃走し、仕方なく森の奥にあった沼のドロで体を覆い身を隠しました。

しかし、沼の中で2人が見たウォーカーは”話す”という驚くものだったのです。

驚きの展開

第6話「街の審査会」には驚くことがいくつかありました。

物語に直接関係あることから、「そうなってたんだー」ということまで。

ここではその驚きをまとめていきます。

様変わりした仲間

【ウォーキング・デッド】シーズン9全話考察(現在7話まで更新!)
2018年10月から新シーズンがスタートした【ウォーキング・デッド】の考察、伏線、回収などの情報をお伝えします。 【ウ...

一番に変化を感じたのは、リックの仲間たちです。

キャロルは肩下まで、真っ白な髪が伸びていて、ユージーンもネイティブアメリカンを思わせるような髪型をしていました。

ミショーンは長髪のままで結び方を変えていましたが、冒頭で険しい表情をしていたのが印象的です。

アレクサンドリアもヒルトップも、そして王国も平和とはいかないものの、惨事も起こらずそれぞれが歳を重ねていました。

ユージーンが積極的にウォーカーを倒していく姿にはすこし驚きでしたが。

大きくなったジュディスは、カールやリックの意志を受け継いでいるかのように、”人間を救う”という信念を持っているようにも見えます。

そんな彼女の瞳は”純粋”という光で輝いており、いい意味でも悪い意味でも、それぞれのキャラクターが数年の間に成長を遂げたという印象でした。

また、アレクサンドリアでは前にミショーンがリックに言っていた”決まり”を作ったようで、ミショーン自身は警備委員長となり、ゲイブリエルは裁判のようなものを仕切っていたので、さしずめコミュニティの委員長というところでしょうか。

今回はダリルがどこに属しているのか、どこのリーダーになっているのかなど詳しい情報はありませんでした。

ただ、ボロボロのテントで寝起きしていたり、川で魚を捕っている様子から、彼は橋を治すために張っていたキャンプ場で孤独に生きているのかもしれません。

王国はエゼキエルとキャロルが王と王妃(キャロルはそう呼ばれることを認めていない)、アレクサンドリアはゲイブリエルやミショーンが先頭に動いているようです。

ロジータに春が来た!?

シーズン9に入ってほとんど登場していなかったロジータですが、第6話では久しぶりに姿を見せました。

しかも、彼女をめぐり驚きの展開になっています。

リックがまだいた頃、ジェィディスとゲイブリエルの関係に驚かされましたが、なんと今回はゲイブリエルとロジータがくっついたのです。

シーズン7では、ロジータはゲイブリエルと言い争っていたのですが、いつの間に?と驚きました。

シーズン7の頃と違い、アレクサンドリアのリーダーの1人として働くゲイブリエルに、ロジータは惹かれているようです。

ロジータは今まで、エイブラハム、スペンサーと意志の強い男性が好きでしたから、今のゲイブリエルだったら惹かれてもおかしくないかもしれません。

そのロジータに想いを寄せている男性がもう1人いました。

それはユージーンです。

2人で出かけている時に、ロジータにゲイブリエルのことを聞いたりと好きなのがバレバレです。

さらに、ウォーカーから逃げ切れないと思ったユージーンはロジータに「最後に私の精巣から君に伝えたい」と言い、ロジータに「変なこと言わないで」と言われてましたが、この時ロジータに想いを伝えようとしていました。

ここにきてロジータをめぐり三角関係が起きそうですね。

ユージーンがロジータを好きになるのはわかりますが、ロジータがゲイブリエルを好きになることには驚きました。

まさかミショーンに!

リックとカールを失ってしまったミショーン。

ミショーンにとっては2人は忘れることができない存在でした。

大切な人を失ってしまったため、以前とは様子が変わりとても用心深くなっており、ジュディスが助けた5人組を、アレクサンドリアから追い出そうとも……。

新しい人たちを受け入れる危険性を考えるとミショーンの気持ちもわかりますが、”ちょっと変わってしまったな”という印象を受けました。

5人組の1人マグナは、自分たちを受け入れてくれないミショーンと戦おうと考えます。

夜になり、ミショーンの家に侵入しようとした際、窓からミショーンが子供を抱き上げる姿を見たマグナは侵入をやめ、自らミショーンにナイフを渡したのです。

この時、マグナが見たのは「RJ!まだ起きてたの?」と言いながら、ミショーンが子供を抱き上げている場面でした。

RJって 誰だろう?ジュディスではなさそうだし……と思いながら見続けると、すぐにRJが誰だかがわかりました。

ミショーンは子供を産んでいたのです。

リックとの間に可愛い男の子を授かっていました。

まさか、リックとの子供が生まれているとは思っていなかったので驚きです。

ウォーカーが変化?

4つ目の驚きは、今後の『ウォーキングデッド』の展開に影響を与えるもの。

ユージーンとロジータは中継器を設置するために出かけましたが、そこでたくさんのウォーカーに遭遇します。

逃げようとするも馬は逃げてしまうし、ユージーンは膝を痛めてしまったりと、ピンチに陥りました。

ウォーカーは、森に入っても追いかけてくるため、逃げきれないと感じた2人は、泥を被り沼地に隠れます。

しかしその時「あいつら、どこ行った。近くにいるはずだ。絶対に逃すな」という声が聞こえたのです。

これはウォーカーの声でした。

ユージーンとロジータは怯えと驚きの顔をしていました。

ウォーカーに一体何が起きたのか?

基本、ウォーカーは言葉を話さないので、それらは原作に登場している新たな敵”ウィスパーズ”の可能性が大きいです。

『ウォーキングデッド』シーズン9第6話の感想

たくさんの驚きがあった第6話ですが、ジュディスやヘンリーの成長が見られたエピソードでもあります。

また、悩んでいたミショーンやキャロルを変えたのはジュディスとヘンリーでした。

さらにシーズン8でリックが見つけ、アーロンが育てた子供も大きくなっていました。

子供の成長を見ると、月日が流れたことを感じてしまいます。

ジュディスはニーガンと仲良く話していました。

第5話ではルシールを失い、心を病んでいたように見えましたが、今回は笑顔も見せていて立ち直ったようにも見えます。

今後ニーガンが物語にどのように絡んでくるかも気になるところです。

そして、新しく仲間になった5人。

どうやらヒルトップに連れて行くようですが、悪い人間ではなさそうなので、ヒルトップで仲間になれるといいのですが。

さらに、リックを失い1人で生活していたダリルもキャロルと再会。

”話す”ウォーカーの問題もありそうですし、ここからが新生ウォーキングデッドの始まりとなるでしょう。

『ウォーキング・デッド』シーズン9第6話を見逃した方はHuluでご視聴頂けます。

    PAGE TOP